288「おくりびと」(日本)

安らかな旅立ちのお手伝い
 チェロ奏者の小林大悟は、所属していたオーケストラの突然の解散で職を失い、これを機にチェロで食べていくことを諦め、妻の美香を伴い、故郷の山形へ帰る。
 早速職探しを始めた大悟は〝旅のお手伝い〟という求人広告を見て〝NKエージェント〟へと向かう。その場で採用となる大悟だったが、そこは旅行代理店などではなく、遺体を棺に収める〝納棺師〟という仕事であった。
 社長の佐々木の半ば強引に採用されてしまった大悟は、妻には本当のことを言い出せないまま、納棺師の見習いとして働き始めるのだった。

おくりびと - goo 映画

 モントリオール国際映画祭でグランプリを獲ったからか、大ヒットで、メイン館の丸の内ピカデリーでは「フレフレ少女」を2週間で打ち切ってのロングラン。
 人の死というものを扱うデリケートな話しながら、ユーモラスで優しい作品に仕上げている。
 国際映画祭でグランプリを獲った作品となると、結構シリアスで、どちらかと言えばアート系の作品というイメージがあるが、本作はそんなことはなかったな。モントリオールはカナダということで、ヨーロッパで選ばれる作品とはまた違うのかな。

 チェロ奏者を諦め、故郷に帰り就いた仕事が思いもよらぬ納棺師という仕事。戸惑いながらも仕事を行っていく大悟の姿がユーモラスで笑いを誘う。
 妻にも言えず、ちょっと後ろめたさを感じている大悟が、納棺師の仕事を続けていくうちに、魅せられ、誇りをもつようになっていく。
 
 ユーモラスなシーンも多いのだが、納棺師ということで、納棺のシーン、それだけ人の死のシーンも多く、その際の家族、親戚の悲しみにホロリとさせられることも多い。
 特にラストのシーンはかなりくるな。
 人の死は多くても、全て遺体。死の瞬間に関しては描いていないのが、また良かったかな。

 それにしても納棺師という仕事についても初めて聞いたし、納棺の儀も初めて見たな。これって全国的な儀式なのかな? それともある地域で行われているもの?
 その納棺師を演じている山﨑努、本木雅弘の納棺の儀の所作は、まるで一つの芸術。確かにこれを目の前で見せられたら、この仕事に関する考えも変わってしまうだろうな。

 先日亡くなった峰岸徹が、この作品で納棺される、おくられる役で登場している。ちょっと感慨深いものがある。

 デリケートな題材であるが、笑いもあり、泣かせもあり、2時間長の作品であるが、飽きることなく最後まで引き込まれた作品である。ラストは感涙するかも。

/5

監督:滝田洋二郎
出演:本木雅弘、広末涼子、山﨑努、余貴美子、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ、吉行和子、笹野高史
於:丸の内ピカデリー

おくりびと オリジナル・サウンドトラック
楽天ブックス
アーティスト:久石譲(HISAISHI JOE)レーベル:ユニバーサルミュージック(株)キティMME


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • おくりびと

    Excerpt:  『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-11-06 06:44
  • おくりびと

    Excerpt: チェロ奏者としての夢破れ、田舎の山形に帰った主人公が、 ひょんなことから遺体を清めて棺に納める納棺師となり、仕事内容に とまどいながらも次第にこの仕事への意義を見出しながら、自身が 成長していく様をえ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2008-11-07 21:56
  • おくりびと■映画としては反則か?

    Excerpt: 上映中、場内のあちこちからすすり泣きが聞こえてくる。特にラスト近くではその数は多くなる。これは当然の結果。死んだ人を生きているときの最もその人らしく化粧して永遠の別れの儀式の最初である。観客は泣かない.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2008-11-25 01:53
  • 映画:おくりびと 観てきました。

    Excerpt:  Goo映画では88点(記事作成時)という、高評価な映画、おくりびとを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2008-11-25 02:05
  • ★「おくりびと」

    Excerpt: 今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー.. Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-11-25 03:42
  • 『おくりびと』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-11-25 08:30
  • 『おくりびと』/2回目

    Excerpt:    9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきた.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-11-25 08:30
  • おくりびと/本木雅弘、広末涼子

    Excerpt: 『夜の上海』の舞台挨拶でモックンが言ってた「今はまだ言えない次回出演作」ってコレだったんですね。モックン自身が物語の発案をしたという話だけど、たぶんモントリオール映画祭でグランプリを受賞しなかったら日.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-11-25 09:37
  • おくりびと(映画館)

    Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-11-25 12:48
  • おくりびと■広末だけが浮いていた

    Excerpt: この映画は本木雅弘と山崎努をはじめとして俳優たちがみないい味を出しており、余貴美子、吉行和子、笹野高史など本当に良かったし、なかでも峰岸徹は訃報の後だけに心に迫るものがあった。しかし、出演者の中で妻役.. Weblog: 映画と出会う・世界が変わる racked: 2008-11-26 08:42
  • 「おくりびと」

    Excerpt: 「おくりびと」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 原作は何かということも知らなければ納棺師という仕事も知りませんでした。 葬儀屋の話だとずっと思っていました。 納棺師そういう仕事あるんですね。.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2008-11-27 20:04
  • 「おくりびと」(日本 2008年)

    Excerpt: 夢を諦め故郷に戻ったチェロ奏者は、 遺体を棺に納める『納棺師』になった。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2008-12-30 22:02
  • おくりびと

    Excerpt: 2月1日(日) 19:00~ 丸の内ピカデリー3 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない。) 『おくりびと』公式サイト アカデミー外国語映画賞ノミネート記念の再.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2009-02-12 01:44
  • おくりびと

    Excerpt: こちらずっと気になっていた作品なかなか見ることが出来なかったんですがやっと映画館で見ることができました予備知識はアカデミーをとったことと納棺師のお話ということぐらいだったんですが思わず泣いてしまいまし.. Weblog: にき☆ろぐ racked: 2009-03-02 20:35
  • おくりびと (本木雅弘さん)

    Excerpt: ◆本木雅弘さん(のつもり)本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅れ.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-03-03 23:52
  • おくりびと

    Excerpt: いのち芽吹く物語。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-03-04 18:20
  • おくりびと

    Excerpt: 2008 日本 邦画 ドラマ 作品のイメージ:感動、泣ける、笑える、ほのぼの、ためになる 出演:本木雅弘、広末涼子、笹野高史、余貴美子、山崎努 第 32回モントリオール世界映画祭でグランプリ.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-03-16 14:36
  • 「おくりびと」 安らかな旅立ちのお手伝い

    Excerpt: 幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-03-17 21:06
  • mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-04-05 14:57
  • おくりびと (2008)

    Excerpt: 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫、橘ユキコ、橘ゆかり、 朱源実、石田太郎、小柳友貴美、岸博之、宮田早苗、大谷亮介、諏訪.. Weblog: アヤは観た。 racked: 2009-04-06 03:09
  • おくりびと

    Excerpt: キレイになって、逝ってらっしゃい。 Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-06-06 14:42
  • 映画評「おくりびと」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・滝田洋二郎 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2009-08-07 14:43
  • おくりびと-(映画:2009年)-

    Excerpt: 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、杉本哲太、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 評価:93点 いまさらながらDVD鑑賞。 泣いた。久しぶりに号泣した。 一人で見て.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-09-14 23:29
  • 映画「おくりびと」

    Excerpt: 監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお.. Weblog: おそらく見聞録 racked: 2009-09-15 14:35
  • おくりびと

    Excerpt: 公開:2008/09/13製作国:日本上映時間:130分監督:滝田洋二郎出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫キレイになって、逝ってらっしゃい。+あ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-09-24 11:06
  • おくりびと

    Excerpt: TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-10-06 22:33
  • おくりびと

    Excerpt: [おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-10-12 17:58
  • おくりびと

    Excerpt: 第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品として話題になった作品。主演の本木雅弘の納棺技術も話題になりましたね。 監督は滝田洋二郎、キャストは本木雅弘、広末涼子、山.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2009-10-14 22:55
  • おくりびと

    Excerpt: 2008年:日本 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 プロのチェリストである大悟は、所属していたオーケストラが突然解散し、妻とともに山形へと.. Weblog: mama racked: 2009-12-24 18:30
  • おくりびと(141作目)

    Excerpt: Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-01-10 09:54