229「コッポラの胡蝶の夢」(アメリカ・ドイツ・フランス・イタリア・ルーマニア)

3本目の薔薇はどこへ?
 1938年ルーマニア。年老いた言語学者ドミニク・マテイは最愛の女性ラウラと別れてまで生涯を捧げてきた研究が未完に終わることを悟り、絶望していた。自殺を決意しブカレストの街を歩いていた彼は雷の直撃を受けてしまう。病院のベッドで意識を取り戻すドミニクは、奇跡的に一命を取り留めていた。のみならず、驚異的な回復をみせ、更に肉体的に急速な若返りを始めるのだった。知的能力さえも大幅に向上していくドミニクだったが、そんな彼に興味を示すナチスの手から逃れるため、スイスへと逃亡し、研究に没頭するようになる。
 そんなある日、彼はラウラに瓜二つの女性・ヴェロニカに出会うのだった。

コッポラの胡蝶の夢 - goo 映画

 上映劇場のシアターTSUTAYAはQ-AXシネマが名称変更した模様。名称変更第1弾の上映作品が本作であるが、あの「ゴッドファーザー」「地獄の黙示録」のフランシス・F・コッポラ監督の10年ぶりの新作がこのような単館での上映とはちょっと驚きである。

 70歳の老人が雷に打たれ、死ぬどころか若返っていくというSF的な内容のストーリーである。しかも若返るだけでなく、知能も数倍に上がっている。生涯をかけた研究が未完のままで終わることを悟り、絶望の淵にあったドミニクが、若返ることにより、再び研究への熱情を取り戻す。
 SF的であるが、雰囲気は非常に幻想的である。ちょうど第2次世界大戦頃の時代設定で、舞台もルーマニアからスイス、そして地中海の島へと移っていく。冬の場面が多いためか、全体が暗いトーンで進んでいく。

 若返った頃は、彼を狙ったナチスの手から逃れるという展開があったが、以後は少々どこへ話が進んでいくのかわかりにくかった。時間は過ぎていくが、ドミニクは若さを保ったまま研究に没頭している。
 終盤は、かつて愛した女性ラウラに瓜二つの女性ヴェロニカと出会い、彼女と共にいるドミニクが描かれるが、このラウラがまたある特徴を持った女性である。そしてこれによりドミニクがある決断をして、物語はエンディングを迎えていく。

 このエンディングはどのように捉えればいいのだろうか? 邦題にあるとおりなのかな。

 全体的な雰囲気はミステリアスでクラシカルな雰囲気を湛えた作品で、幻想的な雰囲気もあり、決して嫌いではない作品であるが、この作品に含まれる意図はなかなか読みづらかったな。

 老いし頃から若き頃までをティム・ロスが静かに熱演している。マット・デイモンがライフ誌の記者役でカメオ出演。

 クラシカルな雰囲気で言うと、オープニング、エンディングと旧い作品のようであった。ストーリーが終わるとエンド・マークが出て、それで終了。長いエンド・ロールも無しである。これはコッポラ監督が旧き映画への回帰のような気持ちで作ったということの一つの表れなんだろうな。

/5

監督:フランシス・F・コッポラ
出演:ティム・ロス、アレクサンドラ・マリア・ララ、ブルーノ・ガンツ、アンドレ・ヘンニック
    マーセル・ユーレス、アレクサンドラ・ピリチ、エイドリアン・ピンティー
    フローリン・ピエルジク・Jr、ゾルタン・バトク、アナマリア・マリンカ
於:渋谷シアターTSUTAYA
映画「コッポラの胡蝶の夢」オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック クラシック
2008-08-06
オスバルド・ゴリホフ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

睦月
2008年09月08日 15:06
こんにちわ。

これは掴み所に困る1作でしたね(笑)。コッポラってこういう映画を作る人だったんだねーとちょっと新鮮な気持ちでした。

それにしても、なんで邦題に監督の名前を入れるんでしょうね。私、こういうタイトルの付け方に全くセンスを感じません(苦笑)。

昔の映画にこういうタイトルが多かったからでしょうかね?『ゴダールの映画史』だの『ヒッチコックのゆすり』だの・・・昔は、そういう邦題映画がやたら多かった気がしますわ。
2008年09月08日 23:23
睦月さん、コメントありがとうございました。
確かにコッポラがこのような作品を作るというのは、
ちょっと意外かもしれませんね。

邦題に名前を冠するのは、普通のタイトルだけでは、
人が入りにくいと思ってのことかもしれませんね。

この記事へのトラックバック

  • コッポラの胡蝶の夢/ティム・ロス

    Excerpt: 巨匠フランシス・F・コッポラ監督の10年ぶりという新作だそうです。私が最後に観たコッポラ監督の作品はたぶん「地獄の黙示録」かな?10年ぶりというのがピンとこないのはそれだけ監督の名前が偉大ってことなの.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-09-06 18:36
  • コッポラの胡蝶の夢

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  夢の中でも叶わぬ夢   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-09-08 20:51
  • コッポラの胡蝶の夢

    Excerpt: 10年ぶりの新作「コッポラの胡蝶の夢」、眠れる映画界の巨匠の創作意欲を目覚めさせたのは、“夢かうつつか”・・・荘子の「胡蝶(こちょう)の夢」にフランシス・フォード・コッポラ監督が挑戦したわけでは.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-10-07 01:16
  • コッポラの胡蝶の夢

    Excerpt: 巨匠フランシス・コッポラの10年ぶりとなる監督・脚本作。原作ものだが、奇しくも、この間観た「悲夢」と同じ、”荘子の胡蝶”の逸話にインスピレーションを受けている作品なので、胡蝶つながりで観に行った。 .. Weblog: シネマ大好き racked: 2009-03-07 17:31
  • コッポラの胡蝶の夢

    Excerpt: 2007 アメリカ ドイツ イタリア フランス ルーマニア 洋画 ドラマ 作品のイメージ:癒される、切ない、おしゃれ 出演:ティム・ロス、アレクサンドラ・マリア・ララ、ブルーノ・.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-06-14 14:48
  • mini review 09380「コッポラの胡蝶の夢」★★★★★★★★☆☆

    Excerpt: 『ゴッドファーザー』3部作などの巨匠フランシス・F・コッポラが、幻想文学の鬼才ミルチャ・エリアーデの原作を映画化。人生をやり直す機会が与えられた老齢の言語学者が、切なくもまか不思議な魂の旅を繰り広げる.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2009-08-25 00:35
  • 映画評「コッポラの胡蝶の夢」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督フランシス・フォード・コッポラ ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2009-11-05 13:25
  • コッポラの胡蝶の夢

    Excerpt: WOWOWで鑑賞―【story】1930年代、ルーマニア。70歳になった言語学者のドミニク(ティム・ロス)は、かつて愛した女性ラウラ(アレクサンドラ・マリア・ラーラ)を忘れられず、孤独な日々を送ってい.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2009-11-25 17:44