214「トワイライトシンドローム デッドゴーランド」(日本)

クリアできるのはただ一人
 田舎町にある辺鄙な遊園地に集まった7人の若者たち。彼らはホラー・ゲーム「トワイライトシンドローム」のイベントに参加するため集まってきたゲームの優秀なプレイヤーたちだった。彼らの前に現れたのはピエロのマスクをした男。開発中の新作ゲームの体験プレイを行うと案内するが、それは知力、体力、精神力が試される体験型ゲームだった。そしてゲームを始めた彼らを待ち受けていたのは、死という罰ゲーム。ゲーム・オーバーとなった者は即刻残虐な方法で殺されてしまう。
 脱出も不可能な空間の中で、強制的にゲームは進められる。果たして生き残る者は誰なのか?

トワイライトシンドローム デッドゴーランド - goo 映画

 同名のゲームの新作発売に合わせて作られた作品。「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」に続いての連続上映。今度の舞台は遊園地。集められた7人の若者が恐怖の体験をするというアクション・ホラー?

 提示されたミッションをクリアできなければ、殺されてしまうというゲームに強制参加させられるのだが、前半はそのミッションがあまり恐怖感も緊迫感もないもので、特に変な風船の怪物みたいなものには虚脱感を感じなくもなかった。
 この人は生き残っていくんだろうなと思っていたら、最初の方に殺されてしまったりと意外な部分はあったが、全体的には間延びした雰囲気。

 途中から徐々に物語の展開がスピーディになり、更に雰囲気も怪しげなものになっていき、なかなか見られる感じにはなってきた。
 このゲームの真相というものも明らかにされるが、これはあまりゲームにのめり込みすぎてはいけないという注意みたいなものなのかな。

 ストーリーの展開と共に友情に関しても描かれていくが、結末も含めていかにもという内容ではある。

 全体的には「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」とそう変わらないが、「デッドクルーズ」よりはちょっと雰囲気は怪しげで、現実味があるかな。

/5

監督:安里麻里
出演:荒井萌、星井七瀬、馬場徹、斉藤崇、吉川まりあ、泉澤俊希、金井勇太、戸田昌宏
於:シアターN渋谷
トワイライト・シンドローム デッドゴーランド デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2008-12-26

ユーザレビュー:
意外と面白かった前知 ...
最低最悪時間の無駄初 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック