176「カメレオン」(日本)

地上じゃハエが狙っている
 25歳の青年・野口伍郎は仲間たちと結婚詐欺をして小銭を稼ぎながら都会の片隅でひっそりと暮らしていた。ある日、伍郎は占い師をする孤独な女性・小池佳子と出会い、恋に落ちる。二人は束の間の平穏な時間を味わう。
 いつものように結婚詐欺に成功してホテルの披露宴会場を後にした伍郎と仲間たちは、その帰り際にある拉致現場を目撃してしまう。それは背後に政治が関わった問題であり、伍郎たちはそれを忘れようとするのだったが、闇の力は伍郎たちに徐々に迫り来るのだった。

カメレオン - goo 映画


 TV版「探偵物語」や「処刑遊戯」「野獣死すべし」の脚本家が当時松田優作のために書き上げたという脚本「カメレオン座の男」。これがアレンジされ、公開されることになったのが本作ということらしい。そうすると自然に主人公は松田優作を意識したものということになるが、それを藤原竜也が演じている。

 もっとハードなアクションの多い作品かと思っていた。しかし、どうもタイトルからくる「カメレオン」というのが、時と場所により臨機応変に感情をまとっていく主人公・伍郎の姿のことを指しているらしく、最後に怒りの姿を身のまとい、敵方に相対するという展開である。
 そのため、ちょっと物足りない感じがしなくもなかった。藤原竜也はなかなかよく伍郎という男を体現していたように思う。ちょっと仲間うちでは一人異色の存在という感じがしないでもなかったが、ワイルドな風貌もおかしくはなかった。
 佳子という役柄が必要だったかは微妙に感じたが、やっぱり巨大な悪の組織から逃げるのは、女性連れの逃避行というのが絵になるような感じもするし、愛する女性がやられて、ついに怒りが爆発するという方が話に引き込まれやすいということだろう。

 相手となる闇の組織というのもちょっと分かり辛い感じがし、一体どれほどの危険度なのかというのが測れず、主人公たちの危険度が曖昧であった。もちろん危険は身に迫るのだが、悪の組織という割にはちょっと詰めが甘いような気がした。海辺での射撃では、倒れていてももう一発撃つのがプロだろうという気がする。

 作品全体では、CGなども使わず、生のアクションで頑張っており、思っていたよりも主人公の藤原竜也が様になっていた。もう少し緊迫度とアクション・シーンがあれば良かったかな。

/5

監督:阪本順治
出演:藤原竜也、水川あさみ、塩谷瞬、豊原功補、萩原聖人、岸部一徳、加藤治子
    谷啓、犬塚弘、平泉成、波岡一喜、柄本祐、西興一朗、街田しおん、菅田俊
於:新宿バルト9
カメレオン [DVD]
VAP,INC(VAP)(D)
2008-12-05

ユーザレビュー:
何もかもが安っぽい。 ...
時代錯誤阪本順二は一 ...
モヤモヤ見終わって、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

睦月
2008年07月18日 11:31
こんにちわ。
不在中にコメントありがとうございました。こちらの記事に失礼いたします。

私も昨日観てきました(記事はこれから)。
最近の邦画にはない独特の雰囲気をもった映画でしたよね。なんだか昭和の香りがプンプンするような・・・・。

この映画自体がカメレオンみたいなものだなあと思いましたです。なんだかこう、つかみ所がないようなそんな印象で。

≫海辺での射撃では、倒れていてももう一発撃つのがプロだろうという気がする。

ウハハハ。たしかにね~(笑)。
2008年07月19日 00:15
睦月さん、コメントありがとうございます。
そしてお帰りなさい。
なかなか堪能されたようで何よりです。

>昭和の香りがプンプンするような・・・・。
確かにそんな感じですね。元々昭和の頃に原案が書かれたからかな?

あの海辺の射撃は、わざと撃たなかったのかなぁ、なんて思ったりもしてますが、やっぱり最後の詰めが甘い印象ですね。
バイオレンス映画をよく観てると、そんな気がします。
その後の展開から、しょうがないのかもしれませんが、そういうところのリアルさ、気になりますねぇ。

この記事へのトラックバック

  • カメレオン

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  染まらない・染められない、これがオレの生き方   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-07-23 00:34
  • カメレオン/藤原竜也、水川あさみ

    Excerpt: 私の場合チネチッタ以外ではこの映画の情報は全く見聞きしてないんですけど、いったい公開規模はどれくらいの作品なのかな?映画の存在自体もわりと最近になって知ったような気もします。でも予告編の印象はなかなか.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-07-27 23:59
  • カメレオン(映画館)

    Excerpt: 変幻自在 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-07-28 09:48
  • カメレオン

    Excerpt: 2008/07/05公開製作国:日本監督:阪本順治出演:藤原竜也、水川あさみ、塩谷瞬、豊原功補、萩原聖人、谷啓、犬塚弘、加藤治子、岸部一徳 Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2008-12-18 12:34
  • 「カメレオン」 何をいまさら

    Excerpt: 藤原竜也さんが演じる主人公伍郎が、在りし日の松田優作さんが演ったらぴったりだろう Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-03-02 20:43
  • 「カメレオン」

    Excerpt: 主人公のゴーロって、本名、野口伍郎だったんだ~!と今これを書く段になって知りました(^_^;) Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2009-09-17 07:20
  • たそがれトカゲ

    Excerpt: 「トワイライト 初恋」 「カメレオン」  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-10-10 10:13
  • 映画評「カメレオン」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2009-11-20 15:00
  • 『カメレオン』'08・日

    Excerpt: あらすじカメレオンのように生きる伍郎(藤原竜也)はターゲットに疑いすら持たせずに欺いて金を稼ぐあてのない人生を送っていた。ある日偶然、政府要人の拉致現場に居合わせてしまった伍郎の詐欺グループは事件を目.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-02-09 22:15