144「秘密結社鷹の爪 THE MOVIEⅡ ~私を愛した黒烏龍茶~」(日本)

総統! 頭を悪くしないでください
 世界征服を企む総統率いる〝鷹の爪団〟。しかし、今日もまた宿敵デラックスファイターに妨げられる。そこで吉田は思いつく。邪魔の入らないネットの世界でなら世界征服が出来る。レオナルド博士が開発した〝ネットの中に入るマシーン〟でネットの世界に入り込む〝鷹の爪団〟の面々。そこは緑のグリッド線が縦横に走る世界だった。
 一方世間では会社の乗っ取りが頻発する。希代のプログラマー、Mr.Aにより急落した株の買占めが行われていた。遂に大家さんまで秘密基地の乗っ取りに応じてしまい、宿無し状態となった〝鷹の爪団〟。ネット巡回中の美津子さんと協力し、この危機を脱しようとする〝鷹の爪団〟であったが。

 TOHOシネマズを利用する機会がほとんどなくて、この作品の第1弾が話題になっていた時も、全く知らない状態だった。その後TOHOシネマズで鑑賞機会を得た時、そのマナームービーを観て、ああ、これが巷で噂の〝鷹の爪〟かと認識。なかなかその面白さに、これは作品も面白いのだろうな、話題になるのも納得という気がした。

 そしてその第2弾が公開するということで、前作は未見ながら、鑑賞することに。
 正義の味方デラックスファイターでなく、総統率いる〝鷹の爪団〟が主演だったんだ。

 ある程度作品の雰囲気はわかっていたが、なかなかそのナンセンスな笑いに、大笑いである。平日レイト・ショーの鑑賞ということで、満員というわけでもなかったが、そこかしこで笑いがあがっていた。
 
 普段なら馬鹿にされそうな駄洒落とか言い間違いも、この作品ならギャグとして大受けである。
 そしてネットの世界に入り込んで、そこで見た世界はまるであの映画のよう。Mr.Aも美津子さんも誰かに似ている? インターネットなどに詳しい人間は結構楽しめたのだろうな。「アバター」なんて、よくネットで見るキャラばかりだし。

 「サブタイトルネーミングライツ」「バジェットゲージシステム」「告白タイム」や「リラックスタイム」など遊び心いっぱいで、さらに大物声優まで登場。しかもそれだけのために?
 「バジェットゲージシステム」はちょっと気になって、本編の映像を観ながらもチラ見してしまって、面白いシーンを見逃しそうな気になってしまったな。

 おバカな話の中にも、訴えかけるメッセージも盛り込んでいるが、基本的にはこの世界にドップリはまって楽しむ作品だろうな。

 同時上映は「古墳ギャルのコフィー ~12人と怒れる古墳たち~」
 来年導入される裁判員制度に関して、ちょっと注意を促すような作品かな。と言っても裁かれるのは古墳だし、裁判員も変わった人ばかりだし。これまた可笑しな話である。

 それにしても、声はほとんどのキャラを監督であるFROGMANが担当している。もともと声優を使うような予算もなかったのだろうが、これまたそれぞれのキャラを立たせているな。

 続けて第3弾、4弾と続けて欲しい作品だが、人気が上がったからかといって、妙に豪華な作品にならないように希望するな。

/5

監督:FROGMAN
声の出演:FROGMAN
於:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~ スタンダード・エディション [DVD]
東宝
2008-11-21

ユーザレビュー:
ワハハ。2008年私 ...
2の難しさ私は鷹の爪 ...
蛙男商会作品の最高傑 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月08日 14:16
ついに見てしまったですか!
文章を読む限りまだコッチの世界に浸かってはいなさそうですね^^
おらはもううっかり嵌ってしまっているので冷静には見られませんので、中立な感想が新鮮です。
良かったら1作目やTV版も見てやってくださいませ
2008年06月08日 18:07
わぁぁぁぁ、ご覧になったとですかー
しかも、ぴちょん君4つ。
楽しめたようで何よりですー

>中立な感想が新鮮です。

って、くまんちゅう隊長のコメントにも「お!」と思ってしまいました。
私はまだまだビギナーなんですけど、かなりハマリました。
ギャグもくだらないんだけど、どこか風刺っぽいシュールな雰囲気がとても好きです。
近所のTSUTAYAでテレビシリーズが置いてあるか探したのですが。
残念ながら見つかりませんでした。(泣)
2008年06月10日 00:38
くまんちゅうさん、いらっしゃいませ。
まだまだ初心者なので、この世界の面白さがわかってないかもしれないです。でも結構面白かったんですけど。
この文章じゃ、伝わらんか!?
でも、TVもやってたとは知らなかった。
本当に若葉マークだな。
2008年06月10日 01:15
となひょうさん、コメントありがとうございます。
中立な感想ですが、
楽しめましたよ。
となひょうさんもビギナーですか?
結構くだらなそうなギャグも多いですけど、この作品の中では、
それが非情に面白いんですね。
これも総統以下、鷹の爪団の人柄というもんでしょうか?
2008年06月29日 12:18
こんにちは!CINECHANさん。
ネットを通じて知り合ったお友達で、アニメ製作会社の人がいるのですが、その方が、FROGMANの事についていろいろ教えてくれました。
なんでも、元々TV製作側をやっていた人だそうで、それなのに、島根出身の今の奥さんに惚れ、東京脱出、島根に住み着いてしまったんだそうです。
何とか島根にいて仕事が出来ないかと、一人だけでアニメを作り始めたんだそうです。webのアニメキャラが最初だったとか。今では東京に住んでるらしいんですが。面白い経歴の人らしいですよ、FROGMANも。
2008年07月01日 01:16
とらねこさん、コメントありがとうございます。
へぇぇ、FROGMANが島根出身じゃなかったんですか?
かなり島根をアピールして、郷土愛に満ちた作品だなぁと感心してたんですが。
でも、島根で一人でアニメを作り始めて、今の大人気。凄いですね。
これからも注目だなぁ。

この記事へのトラックバック