31「KIDS」(日本)

友と分かち合う傷
 街の工場で働くタケオ。彼はある日いきつけのアメリカン・ダイナーで見慣れない少年アサトと出会う。アサトがテーブルの上の塩を手を使わずに引き寄せるのを目撃するタケオ。アサトには特殊な能力があった。そんなアサトを街へ連れ出すタケオ。そこでチンピラたちに絡まれたアサトをタケオが救い、タケオは腕に傷を負う。アサトがタケオの手を取ると、タケオの傷がアサトに移る。
 アサトの秘密を知って以来友情を深めていくタケオとアサト。アサトは能力を使って子供たちの傷を自分に移動させるが、タケオはアサトが能力を使うことをあまり快く思っていない。
 やがてダイナーで働くシホとも仲良くなり、3人で笑い合う日々が続くが、ある日タケオとアサトはシホの秘密を知る。そしてアサトはある行動に出るのだが。

 「暗いところで待ち合わせ」 「きみにしか聞こえない」 の乙一原作。監督は「きみしか聞こえない」の荻島達也。ミステリアスな出来事をスパイスに、爽やかさと切なさを表していた作品だっただけに、本作もその原作、監督のコンビ。少なからず期待を抱かせる。

 本作でもミステリアスなスパイスがある。アサトは手を使わずに物を動かすことができる。その能力は、他人の傷も移動することができる。そんな驚異の特殊能力だが、作品中はそれが日常の一つのことのようにストーリーの中に溶け込んでいる。

 ただ主要人物の心理描写が希薄な感じ。アサトの父親に対する感情というのも写真とアサトの台詞だけで説明されていたし、シホの傷に関して、タケオが取るな、と言った理由も台詞だけで、今ひとつしっくりこない。もちろんシホの行動もだが。
 タケオ、シホの背景描写や説明がやや物足りない感じだったな。

 クライマックスとなる交通事故の現場のシーンも、感動にまでは至らなかった。ちょっと映像は興味深いシーンもあったが。

 「きみにしか~」と同じくゆったりとストーリーが流れる雰囲気だが、本作は逆にこれが今ひとつストーリーに入りきれない要因になっていまっているかな。

 3人が幼い頃に体や心に傷を受けているが、お互いが心を通わせ、その傷を分かち、浅くしていこうと前向きになるストーリーというところかな。
 原作では「KIDS」には「傷」もタイトルに入っているみたいだな。

/5

監督:荻島達也
出演:小池徹平、玉木宏、栗山千明、永岡佑、仲野茂、斉藤由貴、泉谷しげる
於:新宿バルト9
KIDS オリジナル・サウンドトラック
エイベックス・マーケティング
2008-01-16
サントラ

ユーザレビュー:
1曲ごとにセリフが有 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • KIDS/小池徹平、玉木宏、栗山千明

    Excerpt: 乙一さん原作の映画作品とは何故か相性がいいんですよね。たぶんファンタジーの着想自体がワタシ好みなのかな?でも未だに小説では一度も読んでないんですよね。なんとなく映画を楽しむための験かつぎになってるかも.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-02-09 17:51
  • KIDS

    Excerpt: 玉木くん、ワイルド! Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2008-02-09 18:14
  • KIDS

    Excerpt: 土曜、イオン下田に映画を観に行きました~。 今回観たのは、「KIDS」。 この映画、何で観ようかと思ったかと言えば、乙一の原作だから。今まで Weblog: 欧風 racked: 2008-02-10 05:59
  • KIDS(映画館)

    Excerpt: 純粋だから、分かち合える傷がある。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-02-10 09:50
  • ●「KIDS」

    Excerpt: 映画「KIDS」を観る。 原作は せつなさの達人 乙一の短編「傷」。 「KIDS」パンフレット 主演は、今大人気の玉木宏。 「のだめ」や「鹿男~」とは、 がらっとイメージが.. Weblog: 月影の舞 racked: 2008-02-13 12:08
  • STAND BY ME ~「KIDS」~

    Excerpt: 冒頭に流れる歌の和訳を見つけたので リンクさせときますね。 http://www3.zero.ad.jp/smoke-stings/MBEKsbm.html 映画「スタンド・バイ・ミー」も 心に傷もつ.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2008-02-14 16:06
  • 【2008-26】KIDS

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 純粋だから、分かち合える傷がある。 Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-02-17 14:19
  • 映画「KIDS」

    Excerpt: ●原作の良さに映画化が追いつけていないのに、けっこうイイ作品にみえるのは、原作がスゴすぎるから●頼むからフツーにカレーを作ってMrオクレ。再びもったいないお化けが! ホントウにもったいない……。 Weblog: わかりやすさとストーリー racked: 2008-02-18 23:43
  • 悲しみの中にある優しさ。『KIDS』

    Excerpt: 乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を実写版映画化した作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-02-21 22:27
  • mini review 08323「KIDS」★★☆☆☆☆☆☆☆

    Excerpt: 若者に絶大な人気を誇り、“切なさの達人”と称される乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を映画化した感涙ファンタジー。人の傷を自分の体に移すことができる特殊な能力を持つ少年と、孤独な青年の友情を描.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-08-31 06:02
  • 映画評「KIDS」

    Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・荻島達也 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2009-09-29 14:28