7「チャプター27」(カナダ)

僕はジョン・レノンを殺す
 1980年12月、ハワイからニューヨークにやって来た青年マーク・デイヴィッド・チャップマンは、空港に降り立つと、ジョン・レノンが住んでいるダコタ・ハウスに直行した。レノンのファンである彼は、最新のLPを購入し、レノンに会い、サインを貰おうとしていた。しかし、彼にはもう一つ別の目的があった。
 チャップマンは待ち続ける間に二人の人物と知り合う。一人は熱烈なレノン・ファンの女性ジュード。もう一人はパパラッチのポールであった。彼らの前で、やや入れ込みすぎる姿を見せるチャップマン。
 そうしてダコタ・ハウスの前での時間が過ぎていき・・・

 1980年12月8日、ジョン・レノンが殺害される。犯人はマーク・デイヴィッド・チャップマン。彼がニューヨークに降り立ってから、殺害に至るまでの3日間を描き出した一作。

 当時ジョン・レノンが殺害された事件を知ったとき、犯人は自分がジョン・レノンだと思い込んで、偽者を殺したというよなことを聞いていたような気がする。本作では本当の動機が明らかになるのだろうと期待して鑑賞した。
 チャップマンは拳銃を携帯してニューヨークに来ていたようだ。すでにジョン・レノン殺害の意志を持っていたようだが、実際に手を下すまでに狂気とも思える葛藤を繰り広げていたようだ。なかなか興味深い話ではあったが、正直はっきりとした動機というものがわかりにくかった。
 
 現場にいた時に手にしていた「ライ麦畑でつかまえて」も、主人公がニューヨークを3日間放浪するような話で、どこかチャップマンの行動に似通ったところがあるようだ。この小説は26章で終わっており、本作のタイトル「チャプター27」は〝あってはならない27章目〟という意味らしい。

 この作品で特筆すべきはチャップマンを演じたジャレッド・レトだろう。体重を30キロも増やし、特殊メイクで熱演。チャップマンの映像も見て、役になりきっていたようで、チャップマンの狂気と葛藤のさまを演じ、惹きつけていた。

 動機という点では不明確な感じもするが、チャップマンという人物に関しては、かなり興味深く描かれた一作であった。

/5

監督:J・P・シェファー
出演:ジャレッド・レト、リンジー・ローハン、ジュダ・フリードランダー
    アーシュラ・アボット、ジャンヌ・フルニエ
於:渋谷シネクイント
チャプター27 [DVD]
角川エンタテインメント
2008-05-23


Amazonアソシエイト by チャプター27 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月19日 19:31
こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。
取り組みとしては、とても興味深い部分がありますが。
何とも曖昧模糊といった印象で終わってしまった感じですよねぇ
もう訳がわからなかったので、チャップマンの記憶が既に曖昧でグチャグチャなのかなぁと納得することにしました。
作品全体の内容よりも、やはりジャレット・レトの役作りが驚きでしたよね。痩せるよりも太るというアプローチの方が、実は大変なんじゃないかと思ったりー(後で戻すのも大変だろうし)俳優さんって凄い職業だなぁなんて。
2008年01月20日 12:59
となひょうさん、コメントありがとうございました。
感想を書くのが難しい作品でした。
個人的には、何故ジョン・レノンを殺したのか?
が解明されるのかと思ってたんですが、そういう感じではなかったですね。
チャップマンも頭の中は、現実と妄想を行ったり来たりしてたんでしょう。
ジャレッド・レトは凄かったですね。確かに痩せるより太る方が大変な気がしますが、周囲ほ人はそうでもないですねぇ(苦笑)。
2008年01月22日 02:23
CINECHANさん、こんばんは~☆
ただいまです!
この作品、自分には正直、辛かったです。
ジョン・レノンのファンに、猛烈な抗議があったそうですが、『ライ麦~』が自分の好きな本のベスト5に入る、自分のような人達にとっても、かなり辛い作品となりました。
2008年01月23日 00:00
とらねこさん、いらっしゃいませ。
おかえりなさい。
辛かったですか。確かにお気に入りの本が、こういう風に関わってくるのは辛いですね。
「ライ麦~」は読んだことあるんですが、残念ながら内容はそれ程覚えていないんですが(汗)。

この記事へのトラックバック

  • 「チャプター27(CHAPTER27)」映画感想

    Excerpt: これもずーっと気になってた作品、「チャプター27(CHAPTER27)」を見てき Weblog: Wilderlandwandar racked: 2008-01-14 20:27
  • チャプター27

    Excerpt:  『1980年12月8日ジョン・レノンはなぜ殺されたのか?』  コチラの「チャプター27」は、マーク・デイヴィッド・チャップマンがジョン・レノン殺害に至るまでの衝撃の3日間を描いた12/15公開.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-01-14 21:07
  • 【2007-183】チャプター27(CHAPTER 27)

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 1980年12月8日ジョン・レノンはなぜ殺されたのか? マーク・デイヴィッド・チャップマンが ジョン・レノン殺害に至るまでの衝撃の3日間 そ.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-01-19 17:58
  • チャプター27

    Excerpt: 「チャプター27」 CHAPTER 27/製作:2007年、カナダ 85分 監督 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2008-01-19 19:27
  • チャプター27

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  共鳴する”ファン心理”   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2008-01-19 23:32
  • #191.チャプター27

    Excerpt: サリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』が大好きな私にとっては、元々ショックな話だった。ジョン・レノンを暗殺したマーク・デイヴィッド・チャップマンが、レノン殺害時にポッケにこの本があった、この逸話は、そ.. Weblog: レザボアCATs racked: 2008-01-22 02:19
  • 映画『チャプター27』を観て

    Excerpt: 105.チャプター27■原題:Chapter27■製作年・国:2007年、カナダ■上映時間:85分■日本語字幕:石田泰子■鑑賞日:12月22日、シネクイント(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてくださ.. Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2008-01-26 00:00
  • チャプター27:ジョン・レノンを殺害した男はどんな人物だったのか?

    Excerpt:    鑑賞して、随分時間が経過しました。2008年最初に観た作品です。1980年12月8日、ジョン・レノンは、ある男によって殺害されてしまいます。今でも、その一報がラジオから流れたのをしっかり憶えて.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2008-05-01 07:45
  • チャプター27

    Excerpt: 【CHAPTER 27】2007/12/15公開製作国:カナダ/アメリカ監督・脚本:J・P・シェファー出演:ジャレッド・レトー、リンジー・ローハン、ジュダ・フリードランダー “1980年12月8日ジ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2008-05-28 12:56
  • チャプター27

    Excerpt: 1980年12月8日ジョン・レノンはなぜ殺されたのか? 2007年 カナダ/アメリカ 監督 J・P・シェファー 出演 ジャレッド・レトー/リンジー・ローハン/ジュダ・フリードランダー/アーシ.. Weblog: レンタルだけど映画好き racked: 2008-06-16 01:39
  • 『チャプター27』'07・加・米

    Excerpt: あらすじ1980年12月6日、ニューヨークを訪れたマーク・デイヴィッド・チャップマン(ジャレッド・レトー)は、ジョン・レノンが住むダコタハウスに向かう。レノンのファンであり、「ライ麦畑でつかまえて」を.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-12-18 23:31