CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝説のピンナップ・ガール

<<   作成日時 : 2008/01/12 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 4

6「ベティ・ペイジ」(アメリカ)
 世界大恐慌の頃、ナッシュビルの貧しい家庭で育ったベティは教会へ通い、賢く勉強熱心であった。しかし、大学進学に失敗、更に若くしてした結婚も短期間で失敗してしまう。
 自らを奮い立たせ、新しい人生をスタートさせるためニューヨークへと向かう。ビーチで出会ったカメラマンに誘われ、ベティはモデルのキャリアをスタートさせる。ビキニや大胆な下着姿で男性写真誌の紙面を飾るようになる一方、アーヴィング・クロウ、ポーラ・クロウの兄妹と仕事をするようになる。それは個人コレクター向けのボンデージやSM写真やフィルムのモデルであった。

 ベティ・ペイジは1950年頃に活躍した伝説のピンナップ・ガールということだが、その名前は聞いたことなかったな。過激なポーズや露出度の高い下着や、ボンデージ写真で有名のようだが、目にしたことはあったかな?

 ベティ・ペイジは人気絶頂ながら、わずか7年で姿を消しており、その人生を追った作品となっているが、それ程波乱万丈という感じでもなかった。どちらかと言えば、過激な写真のモデルにもそれ程罪悪感があった感じでもなく。天真爛漫であったが、時代がそれを許さなかった。彼女が表舞台から消えていく理由は時代なんだな。

 作品自体も猥雑で暗い雰囲気はなく、どちらかと言えば、ポップな感じに仕上がっている。何か当時のファッション・カルチャーを再現したような作品。

 面白かったのは基本的にはモノクロなのだが、ある場面ではカラーになったりすること。これってベティのモデルの仕事に合わせて変えていたのかな? マイアミのシーンがカラーというのはわかったが。

 まあ個人的に言わせてもらえば、劇中のベティの衣装は、それ程過激だという感じはしなかったが、当時ではギリギリだったのかな。写真ではなく、生で見たら、また印象は違うだろうが。

/5

監督:メアリー・ハロン
出演:グレッチェン・モル、クリス・バウアー、ジャレッド・ハリス、サラ・ポールソン
    カーラ・セイモア、デイヴィッド・ストラザーン、ノーマン・リーダス、リリ・テイラー
於:渋谷シネマライズ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミッドナイト イーグル - goo 映画
ミッドナイト イーグル - goo 映画戦場カメラマンとして活躍していた西崎は、現実に傷つき、また病気の妻を顧みずに死なせてしまった事を悔やむ日々を送っていた。ある夜、冬の山中で西崎は空を飛ぶ赤い光を撮影する。それは北アルプスに落下していく米軍のステルス爆撃機だった。すぐに自衛隊の特殊部隊が送り込まれた。 ...続きを見る
観ようぜ!,伝説のピンナップ・ガール
2008/01/12 01:15
「ベティ・ペイジ」
「ベティ・ペイジ」試写会 ニッショーホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/01/12 18:21
ベティ・ペイジ/グレッチェン・モル
ベティちゃんといえば、日本人好みとはちょっと違うようなポップアイコンが有名ですよね。そのモデルになった女性は人気ピンナップガールのベティ・ペイジの半生を綴ったのがこの作品です。ファッション史などでマリリン・モンローなんかは学んだ覚えがあるけどベティ・ペイ.... ...続きを見る
カノンな日々
2008/01/12 22:47
#198.ベティ・ペイジ
実在したピンナップ・ガール、ボンデージファッションが有名なベティ・ペイジ。この時代の『ボンデージ・マブ』という雑誌に掲載され、ボンデージ・クイーンの名で一時代を築いた人のお話 ...続きを見る
レザボアCATs
2008/01/13 22:46
ベティ・ペイジ
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2008/01/14 02:15
【映画情報】ベティ・ペイジ/時代を超えたピンナップ・ガール
天真爛漫な笑顔とグラマラスなボディで世界中を虜にした伝説のピンナップ・ガールの知られざる真実。今なお、ファッション、カルチャーのポ&... ...続きを見る
CARAMEL*PAPA
2008/01/17 02:10
【2008-27】ベティ・ペイジ(The Notorious Bettie Page)
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/02/17 14:29
映画「ベティ・ペイジ」を観ました。2008年46本目
製作年 : 2006年 製作国 : アメリカ ...続きを見る
Aspiring Bobby-dazz...
2008/04/27 23:08
ベティ・ペイジ
 『Who is Bettie Page?』  コチラの「ベティ・ペイジ」は、1950年代のアメリカで天真爛漫な笑顔とグラマラスなボディで世界中を虜にしたベティ・ペイジ、裏モンローなんて嬉しいやら切ないやらな称号を仰せつかった彼女の真実と儚い人生を描いたR-15指定の伝記映画です... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/06/06 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
CINECHANさん、こんばんは☆
そうですね、彼女が消えてくことになる理由は、「時代」だったんですよね。
あと、私もモノクロになったり、カラーになったりするのが好きでした。
あれは、時代の変遷を意味していたのでしょうか?
実際のベティの写真も、モノクロのものが有名なんですよね。

私もなんとなくこの世界観が楽しめました。こういうのって、完成度を求めなければ楽しめる作品ですよね(笑)
とらねこ
URL
2008/01/13 22:49
とらねこさん、いらっしゃいませ。
作品自体はなかなか楽しい雰囲気で、内容からすると意外とサッパリしたものでした。
モノクロとカラーの使い分けはよくわかりませんでしたが、
時代かな? 彼女の撮った写真のイメージ? 
題材が違えば、ポップでキッチュって言われそうですね。
CINECHAN
2008/01/14 23:30
TB返しありがとうございました。
人の人生ってそんなに劇的に波瀾万丈じゃないし、
波のないストーリー展開がかえってリアルでよかった感じがします〜。
みほぽりんご
URL
2008/04/29 01:11
みほぽりんごさん、コメントありがとうございます。
基本的には、ベティの人生自体は波乱万丈ということでもないんですよね。
ただ、時代的にか、注目される人ではあったんですね。
CINECHAN
2008/04/29 14:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伝説のピンナップ・ガール CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる