282「グッド・シェパード」(アメリカ)

家族よりも祖国を愛す?
 1961年、キューバ、カストロの政権転覆を目論んだピッグス湾侵攻作戦がCIA内部の情報漏れで失敗し、指揮を執ったベテラン諜報員エドワード・ウィルソンは窮地に立たされる。
 第二次世界大戦前、イェール大学在学中に秘密結社〝スカル&ボーンズ〟に勧誘されたエドワードは、それをきっかけに諜報員としての道を歩むことになる。戦中、戦後と優秀な諜報員として暗躍してきたエドワードは、クローバーと結婚、息子エドワードJr.を授かるが、ほとんどの時間を海外で過ごす彼の陰で、妻と息子は孤独な生活を強いられることとなる。

 「私は良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる」

 諜報機関CIA。その始まりとなる冷戦時代のスパイ活動にまつわる話と、スパイマスターとして動いた一人の男の半生を描いた作品。
 組織、祖国のために働くエドワードは、その仕事柄家族と共に過ごす時間がほとんどない。それ故家族は淋しさ、不安を抱えながら過ごすこととなる。
 祖国か家族か? エドワードはあまり葛藤する感情を表に出すようなことはなかったが、自らの行動には信念を持っているようであった。

 作品としては、そういう感情よりも諜報合戦の方がなかなか興味深く、面白かった。キューバ、カストロ政権転覆を目論む作戦。盗聴、監視、潜入。相手のスパイを発見したときの贈りもの。諜報に関わる者は常に監視されているという恐怖。盗撮された写真を送られてくるが、技術も格段に進歩した現代は、こういう監視はさらに安易になっているのだろうな。

 スパイは頭を使って、相手を追い詰めていくのだが、裏では暴力を行使することもある。しかし、〝マザー〟と呼ばれるエドワードとソ連側のマスターである〝ユリシーズ〟は何度も顔を会わせるが、面と向かった場面では暴力行使は取らない。二人のやり取りも面白いものであった。

 2時間半越えの長い作品だったが、ほとんどエドワードの諜報活動を描いており、意外と家族とのやり取りを描く時間は短かったかな。
 登場したときは奔放、情熱的な雰囲気を持っていたアンジェリーナ・ジョリー演じるクローバー。結構耐える役柄であった。
 冷静なスパイマスター役のマット・デイモンも正に冷静沈着なスパイであったが、あれだけ成長した子供がいるようには見えなかった。もう少しメイクを工夫したら良かったのでは。

 ラストはそんなエドワードも、決断を迫られる。彼の選択は家族をも愛し、祖国をも愛す決断だったんだろうが、結果的には祖国を選んだことになるのだろう。ここは見所であった。

/5

監督:ロバート・デ・ニーロ
出演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン
    ウィリアム・ハート、マイケル・ガンボン
於:日劇PLEX
グッド・シェパード [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2008-05-15


Amazonアソシエイト by グッド・シェパード [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2007年11月14日 22:01
コメトラ有難うございました。
渋い作りでしたが興味ある世界なので楽しめました。
マザーとユリシーズのやり取りも面白かったです、腹の探り合いが絶妙でした。暴力の犠牲になるのは下っ端なんですよね。
アンジーの役所は重要なのかどうなおか微妙な立ち位置でした。
マット君に老けメイクは似合わないってことでしょうか?
親父に見えませんでした。
2007年11月16日 00:20
くまんちゅうさん、コメントありがとうございます。
マザーとユリシーズの駆け引きは面白かったですね。
確かに犠牲になるのは下っ端のようです。
マット・デイモン、もう少し老けさせても良かったのに。
最初息子が出てきた時はびっくりしてしまいました。
アンジェリーナ・ジョリーはちょっと物足りない役柄でした。
2007年11月16日 20:42
こちらにもー。
見応えありましたねぇ。
私は、1度見ただけでは登場人物と人間関係を把握しきれませんでした。
3回は観ないとダメかもです。
でも、何か引き込まれました。
これはCIAのお話ですけど『ゴッドファーザー』みたいなスケール感だなぁと思いました。
DVD化したら、買おうかな・・・
2007年11月17日 11:44
となひょうさん、コメントありがとうございます。
まあ作品も長くて、描かれた期間も長かったので、色んな人物登場しましたよね。スパイに関わってくる人物たちも多くて相関関係わかり辛い部分もありましたね。
確かに「ゴッドファーザー」のような感じのする作品かも。
2008年05月31日 16:35
TBありがとう。
なかなか日本にいると、諜報(インテリジェンス)活動の実態はわかんないところありますけどね。なんでもかんでも外務省みたいなところがあって・・・。
2008年06月03日 00:03
kimion20002000さん、コメントありがとうございます。
日本での諜報活動のイメージって、あまり湧かないですね。
FBIの日本支社とかいう設定の映画や小説がありましたが、
ちょっと違和感を感じました。
2008年06月28日 22:53
TBありがとうございました.
CIAは嫌いです.アメリカのエリートも嫌い.
という下地で見たので,この映画あまり好きにはなれませんでした.
すいません,好き嫌いでコメントしているもので.
でも,重厚な骨太の映画でしたね.
2008年06月30日 01:31
ほんやら堂さん、コメントありがとうございました。
確かに映画で描かれるCIAって、何かしら謀略を図っていたり、
エリートについても、鼻持ちならない風に描かれること多いですよね。
こういうの見れば、嫌いになっていくかも。
この作品としては、なかなか重みのある作品でした。
2012年06月30日 22:20
TB&コメントさせてもらっちゃいますね~。
なるほど、羊飼いとして、羊を飼うのではなく、羊のために命を捨てれるって事なんですね?
いやー、勘違いしてました。(強要の無さが露呈したOrz)
子供より、国を選ぶところは印象的でした。
私なりに国を愛してますが、そのために子供は見捨てれないので
CIAには入れませんわw
2012年07月05日 00:44
oguoguさん、コメントありがとうございます。
羊飼い云々は、正直何とも言えないんですが、
あの子供の婚約者に対する決断は
かなり印象的でした。
国のため、と言ってもね・・・

この記事へのトラックバック

  • グッド・シェパード

    Excerpt:  『いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。』  コチラの「グッド・シェパード」は、名優ロバート・デ・ニーロの監督2作目となる"CIA誕生にすべてを捧げた男の物語"で、10/20公開となってい.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-11-10 20:58
  • 「グッド・シェパード(The Good Shepherd)」映画感想

    Excerpt: F・F・コッポラ製作でロバート・デ・ニーロ監督作の「グッド・シェパード(原題: Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-11-11 01:46
  • グッド・シェパード

    Excerpt: 「グッド・シェパード」THE GOOD SHEPHERD/製作:2007年、アメ Weblog: 映画通の部屋 racked: 2007-11-16 20:40
  • ★「グッド・シェパード」

    Excerpt: マット・デイモン主演のCIAもの。 といっても、第二次大戦の戦中・戦後のCIA創成期のお話。 監督は名優ロバート・デ・ニーロ。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-11-26 03:03
  • グッド・シェパード(映画館)

    Excerpt: いくつ愛を失くせば、この国を守れるのか。 Weblog: ひるめし。 racked: 2007-11-26 12:11
  • グッド・シェパード/マット・デイモン

    Excerpt: 長編大作だよねェ、まさか167分もあるとは思わなかったです。コレだとお客さんの回転率も落ちるだろうし、シネコン時代ならではの映画って感じですよね。仕事アフターで観るなら、何か美味しい物とアルコールが欲.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-12-02 10:17
  • グッド・シェパード

    Excerpt: 【THE GOOD SHEPHERD】2007/10/20公開(10/20鑑賞)製作国:アメリカ監督・製作:ロバート・デ・ニーロ製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ他出演:マット・デイモン、アン.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2007-12-02 11:22
  • 【2007-151】グッド・シェパード(THE GOOD SHEPHERD)

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? CIA誕生にすべてを捧げ 闇の中へ <家族>と<組織>の間で キューバ危機から冷たい戦争へ いくつ愛を失くせば、 この国を守れるのか。 Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-12-06 00:07
  • グッド・シェパード

    Excerpt:     この男がいたからCIAは生まれた。   創設当初はわずか17、8人でスタートし、いまや2万9千人を擁するまでに成長した、世界最高の諜報機関であるCIA &nbsp.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-12-23 12:13
  • 「グッド・シェパード」

    Excerpt: グッド・シェパードユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンこのアイテムの詳細を見る 第二次大戦間近のアメリカ。イエール大学に通うエドワード(マット・デイモン)は、FBIとの接触や サリヴァン将軍からスカウ.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2008-05-22 09:51
  • mini review 08300「グッド・シェパード」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: CIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄(ほんろう)されていく様を描いた壮大な人間ドラマ。『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来13年ぶりにメガホンを取ったロバート・デ・ニーロが、監督、製作、出演.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-05-30 17:14
  • 独断的映画感想文:グッド・シェパード

    Excerpt: 日記:2008年6月某日 映画「グッド・シェパード」を見る. 2006年.監督:ロバート・デ・ニーロ. 出演:マット・デイモン(エドワード・ウィルソン),アンジェリーナ・ジョリー(クローバー),アレッ.. Weblog: なんか飲みたい racked: 2008-06-25 22:17
  • 【映画】グッド・シェパード…分かりやすいけどピンときていません

    Excerpt: {/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるように.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2008-08-10 23:12
  • 『グッド・シェパード』を観たぞ~!

    Excerpt: 『グッド・シェパード』を観ましたCIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄されていく様を描いた壮大な人間ドラマです>>『グッド・シェパード』関連原題: THEGOODSHEPHERDジャンル: ドラマ.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-11-30 21:50
  • 『グッド・シェパード』'06・米

    Excerpt: あらすじ1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗しCIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-02-11 06:55
  • グッド・シェパード

    Excerpt: 2006年12月上映 監督:ロバート・デニーロ 主演:マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー他  1人の男が運命に翻弄されていく様を描いた壮大な人間ドラマ・・・うーん、深すぎる。... Weblog: oguoguの日々映画見っ放し! racked: 2012-06-30 22:01