CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 299「自虐の詩」(日本)

<<   作成日時 : 2007/11/25 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

幸も不幸も、人生には意味がある
 大阪通天閣のふもと。ひなびたアパート「パンション飛田」に住む幸江とイサオ。イサオは無口な乱暴者で、以前はヤクザであったが、今は仕事もせず、酒とギャンブルに明け暮れていた。内縁の妻幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らないことがあると、ちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は心からイサオを愛していた。
 幸江は幼い頃住んでいた気仙沼で母が家出し、父が銀行強盗で捕まったという過去があり、自分は不幸の星の元に生まれたのだと信じ込んでいた。
 そんなある日、出所した父がやって来て、更に幸江の身にも思わぬことが起こる。

 予告を観たら、最後の独身大物俳優だった(らしい)阿部ちゃんのパンチ・パーマ姿と必殺ちゃぶ台返しで、面白そうなコメディかなと思って鑑賞。謳い文句には「日本一泣ける4コマ漫画」で人気のコミックが原作となっている。

 コメディなのか? 純愛ロマンなのか?

 確かに前半はコミカルな面を満載にしているな。もちろん阿部ちゃんの演技も面白いのだが、中谷美紀演じる幸江も不幸を背負っているようだが、一途にイサオを愛する姿は健気だが、コミカルでもある。そしてその周囲の人々。隣室の福本小春にラーメン屋あさひやのマスターもコミカルな面を堪能させてくれる。

 後半、ある事件が起こってからは、幸江の気仙沼での出来事が回想として展開していく。確かにこのあたりの回想からラストへ至るまでは、どこかしら涙を誘うものはある。なるほど「泣ける漫画」と言われるだけのことはあるのかもしれない。

 個人的には、もっと現在の物語の展開を期待したな。イサオがヤクザに声を掛けられるところや幸江の父親がやって来てからの展開は、結局ほとんど進展しなかったから。

 まあ不幸のどん底だと思っていた一人の女性が、人生に光明を見出す、未来に向かったラストで良かったのではないかな。
 現在と出逢った頃のイサオと幸江は全く違った人柄だったが、どうやって現在の人柄になったのだろう?

/5

監督:堤幸彦
出演:中谷美紀、阿部寛、カルーセル麻紀、遠藤憲一、西田敏行、竜雷太、松尾スズキ
   名取裕子、岡珠希、丸岡知恵、アジャ・コング、ミスターちん、金児憲司、佐田真由美
於:シネ・リーブル池袋

送料無料!!【CD】自虐の詩オリジナル・サウンドトラック/サントラ サントラ
バンダレコード
収録曲 / 自虐の詩 / ALL IN ALL / Passionate Tango / the u


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「自虐の詩」 必要とされることこそが幸せ
予告でインパクトのある阿部寛さんのパンチパーマとちゃぶ台返しを観て以来、公開を心 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2007/12/09 19:38
★「自虐の詩」
今週の週末レイトショウは、いろいろ候補があったけど・・・ 4コマ漫画からの映画化?とか、ひらりん好みの中谷美紀だし・・・ 最近阿部寛もオモシロイし・・・って事で本作に決定。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2007/12/21 01:29
自虐の詩/中谷美紀、阿部寛
中谷美紀さんの主演作って惹かれるものが多いんだけど、実際観てみると期待してたほどじゃなくて何となく彼女と私は相性が悪いのかなぁと思ったりしてます。TVドラマだとそうでもないんですけどね。例外的だったのは「電車男」かな?そんなわけで、今回はジンクス打破も期待.... ...続きを見る
カノンな日々
2007/12/21 08:15
自虐の詩
ラストに畳み掛ける後半が良い。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/12/21 10:22
【2007-156】自虐の詩
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/12/25 01:11
映画[ 自虐の詩 ]
映画[ 自虐の詩 ]を渋谷シネクイントで鑑賞。 ...続きを見る
アロハ坊主の日がな一日
2008/01/03 10:58
自虐の詩(DVD)
こんなアタシでもアンタがいる! ...続きを見る
ひるめし。
2008/08/10 13:44
『自虐の詩』'07・日
あらすじひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らない事があると、ちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は彼を心から愛していた・... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/02/26 06:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
299「自虐の詩」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる