249「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」(アメリカ)

日本で始まり、日本で終わる
 宇宙線を浴びて超能力を身につけた4人組、リード、スー、ジョニー、ベンは今や全米が注目するセレブとなっていた。リードとの結婚を控え、少々マリッジ・ブルー気味のスー。一方スーの弟ジョニーは騒がれることに満更でもない様子。
 そして全米が注目するリードとスーの結婚式当日世界中に異常気象などの異変を起こしている謎の閃光が飛来する。追いかけるジョニーは、銀色に輝く生命体に遭遇する。更に彼に触れたことで能力にも異変が起こる。
 この銀色の男こそ、宇宙からの使者シルバーサーファーだった。彼が現れた星は8日以内に滅びるという。それを知った4人は、世界各地を飛び回るシルバーサーファーを捕らえようとするが。

 マーベル・コミックの実写化第2弾。

 90分という長さはコンパクトにまとまっているようだが、そのためかちょっと色々なシーンがあっさりと流されてしまった感を受ける。ヒーローとなってしまったが故の悩みなども深く描ききれなかったようだ。偶然にもヒーローとなってしまった者の悩みというのは 「スパイダーマン」 も同じだが、「スパイダーマン」ほどじっくりと描かれていない。
 同じく、登場するシルバーサーファーという謎の男。シリーズでは人気のキャラクターの一人らしいが、彼の背景、ファンタスティック・フォーとの関わりなどももう少し描いてほしかったな。

 ファンタスティック・フォーが活躍するのは、アメリカだけでなくロンドンや中国など、ワールド・ワイドに展開するのだが、何故かそれほど壮大さも感じられなかったな。

 逆に言えば、だらだらとしておらず、展開もスピーディで飽きることもないかもしれない。元来コミックということを考えれば、これぐらいの感じで充分か。笑わせるシーンもあるし、お約束になりそうなスーの一糸まとわぬ姿もあり。それに4人で力を合せて戦うというのは、いい感じである。
 1作目でも感じたが、どうも今ひとつ彼らの能力を格好いいとは感じられないんだな。一番格好いいと思えるのはスーかもしれない。

 このところのハリウッド大作では、 「トランスフォーマー」 でも 「オーシャンズ13」 でも日本に言及したり、日本風のものを登場させたりするが、本作でも最初に異常現象に襲われるのは駿河湾。そして最後のシーンも多分日本なんだろう。断言しづらい映像だったが。
 日本風が流行りなのか、最大マーケットである日本人客を喜ばせるためなのか。

/5

監督:ティム・ストーリー
出演:ヨアン・グリフィス、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス
    ジュリアン・マクマホン、ケリー・ワシントン、アンドレ・ブラウアー、ローレンス・フィッシュバーン
於:池袋HUMAX CINENAS4

この記事へのコメント

2007年10月06日 19:28
あっと、こちらにもお邪魔しますねー
そうなんですよねぇ、色んな国の場面が登場するのに、ちっともワールドワイドな印象がありませんでした。どちらかと言うと、何だかショボイ印象だったかしら・・・
駿河湾はまだいいんだけど、ラストのシーンは何だかでしたねぇ。って、多分私は、スーの着物が変で嫌でした。
まぁ、2時間以上も引っ張らなかったのは良かったですよね。
個人的には、100分前後の尺が理想だったりするので。私の理想は破られなかったので、愛すべき作品だったと思うことにしています。
2007年10月07日 13:24
となひょうさん、コメントありがとうございます。
確かに長さとしては、理想的な作品ですね。
それにしても、これだけの映像や舞台がありながら、こじんまり感は否めないですね。
ラストって、日本ですよね? 実はキッパリとは言い切れない印象だったんですが・・・ スーの着物のみならず、周囲も変でしたけどね(苦笑)。
2007年10月08日 19:17
こんばんは!いつもありがとうございます!
1作目、結構おもしろかった記憶があるのですが、、、
これはダメだ、全然ダメだ。
シルバーサーファーって言うの、全く魅力ないもん。
2007年10月08日 23:06
猫姫少佐現品限り殿、コメントありがとうございます。
シルバーサーファーは作品中では人気のキャラらしいんですが、
ちょっと描き方には魅力が感じられませんでしたね。
ビクターも出てきたから、シルバーサーファーも次回にまた出てくるかな?
睦月
2007年10月08日 23:33
こんばんわ。

個人的には、みんなの能力を集結させたジョニーのバトルシーンが一番面白かったかなあ。
もし次回作があるのなら、『スーパージョニー』のスピンオフで作って欲しいかも・・・。

おっしゃるように、最近は日本を意識した場面を多用する作品が多いですね。どれもこれもどこかおかしな日本の風景だけれど、自国が映画に取り上げてもらえるのはそんなにイヤな気分ではないかも♪
2007年10月08日 23:54
睦月さん、いらっしゃいませ。
確かにあの「スーパージョニー」が見せ場かもしれませんね。
次作は、F4が巨大な敵に遭い、危機に陥った時に、
シルバーサーファーが現れ、能力の変換を行い、スーパー・パワーで
敵を倒すというのかな?

日本が何かと登場するのは、変な日本でも嬉しいもんではあります。
2007年10月15日 02:07
こんにちは。いつもTB&コメントありがとうございます。
基本的にアメコミ好きなんで、もぅ何でもOKなんですがね。
でもクライマックスがイマイチ盛り上がらなかったかな。危機感も感じさせなかったしなぁ。
ハイハイ次!って感じで次回作に期待...出来るかなぁ。
2007年10月16日 01:06
もじゃさん、コメントありがとうございます。
確かにクライマックスは盛り上がりに欠けてましたね。
地球滅亡の危機というのを、もっとシリアスに描いてもよかったかな。
でもやっぱりコミックですからね。
こんな感じでいいのかも。
じゃ、次を期待して。

この記事へのトラックバック