271「クワイエットルームにようこそ」(日本)

私、鬱陶しい?
 佐倉明日香28歳、フリーライター。ある日目覚めたら見知らぬ部屋で5点拘束されて横になっていた。記憶がなく、見知らぬ場所に見知らぬ人々。現れた看護士の江口に告げられる。薬の過剰摂取によって昏睡状態に陥り、丸2日も眠っていたと。そこは緑山精神病院女子閉鎖病棟の拘束部屋。人呼んで〝クワイエットルーム〟
 閉鎖病棟には過食症や拒食症の人々。個性豊かな患者たちが入院していた。自殺の恐れがあると言われた明日香も入院生活を送る破目に。
 非日常な空間に隔離され、様々な問題を抱える人たちと出会ううち、明日香の心も徐々に変わっていく。やがて記憶が甦り、ここに来た本当の理由が突きつけられるが・・・

 松尾スズキ脚本、監督作。前日鑑賞した 「ヒート アイランド」 ではシリアスな役を演じていた松尾スズキだが、本作のはじけっぷりは本人出演していなくても、どちらかと言えば彼をイメージさせる作品である。宮藤官九郎演じる放送作家の鉄雄のキャラは、どことなく 「図鑑に載ってない虫」 のエンドーを思い出させる。

 オーバードーズで精神病院に入院することとなった明日香。それまでの生活では恋人や元夫、仕事のことでストレスを感じていたが、この白い壁で閉ざされた場所で、様々な人々と会うことによって自らを振り返り、見直していく。
 入院患者たちもユニークな人物を取り混ぜて、シリアスな話をそれほど重く感じさせずにいる。それでいて結構考えさせてくれる話となっている。

 精神病院というのはちょっと行き過ぎかもしれないが、ストレスを抱える現代人。外界と隔絶された静かな場所で考えると、心が癒されるのかもしれないな。ただ社会に復帰できるかはわからないが。

 出演者の中では、冷徹な看護士江口を演じたりょう、それに拒食症の患者ミキを演じた蒼井優が印象残った。特に蒼井優はあの囁くような話し方に惹かれてしまう。

 よく知らなかったが、拒食症や過食症の人間も精神病院で治療することになるんだな。と言っても本作では治療らしい治療はなかったが。

/5

監督:松尾スズキ
出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ、中村優子
高橋真唯、馬渕英俚可、筒井真理子、宍戸美和公、平岩紙、箕輪はるか、塚本晋也
於:池袋HUMAX CINEMAS4
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD]
角川エンタテインメント
2008-03-19


Amazonアソシエイト by クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月05日 00:23
こちらにも。
私も、大人計画を見たことがないし、映画の『恋の門』を見たことがあるだけなので、松尾スズキについて語るレベルではないのですが、彼独自のスタイル、というのが明確に感じることのできる人だと思います。
この独自性はちょっと凄いですね。
自分はマトモと信じて入れられたはずの精神病院が、実は自分にピッタリな場所だった、というのが『17歳のカルテ』と一緒なのですが、この『17歳のカルテ』と違って、精神病者を陳腐にカッコいいものとして描いていないのが、この映画のいいところだと思いました。
2007年11月06日 00:48
とらねこさん、コメントありがとうございます。
「17歳のカルテ」は未見です(泣)。
もしかすると、自分に合う場所が他にあるのかもしれない。
個人的には、ちょっと社会から離れてみると、自分を振り返ることができるかもしれない、と感じたんですけどね。
松尾スズキは、役者として出ているのをチラと見る程度でしたが、
次もあれば、観てみようかな。
2007年11月16日 20:37
こんにちわ。
少しご無沙汰してしまいましたが、お変わりありませんか?
私も、ようやく見ることができました。
もともと楽しみにしていましたが、期待以上に気に入りました。
でも、結構見る前にイメージしていた雰囲気とは少し違って重かったです。

私も、りょうが印象的でした。一番気になるキャラクターでした。
蒼井優は、いつもいい仕事してますね。
2007年11月17日 11:23
となひょうさん、いらっしゃいませ。
お久しぶりです。
ちょっと色々仕事面で大変ですけど、とりあえず体調は維持してますね。

重い部分とコミカルな部分をうまく取り合わせた感じではありましたね。
りょうと蒼井優、なかなか印象深い役柄でした。
う~ん、社会のしがらみから離れ、静かな所でじっくり考えたい、否何も考えたくない・・・(苦笑)
2007年12月14日 17:15
CINECHANさん
今晩は(^_-)-☆松尾スズキの作品は、ほとんど未見です。
この作品はリアルな上に少し考えさせられるものでしたね。
実際に閉鎖病棟はあんな感じのようです。
クワイエットルーム(保護室)での拘束は
懲罰的なことで行われるそうです。フィクションですが、
ノンフィクション的要素のある作品ということでしょうか。
コメント有難うございましたm(__)m
2007年12月15日 13:00
mezzotintさん、コメントありがとうございます。
コミカル・テイストではありましたが、思っていた以上にシリアスなものでもありました。
クワイエット・ルームは本当にあるんですね。
閉鎖病棟・・・必ずしも縁遠いものではなかったりして・・・

この記事へのトラックバック

  • 「クワイエットルームにようこそ」

    Excerpt: 「クワイエットルームにようこそ」ブロガー試写会 ユナイテッドシネマズ豊洲SC4で鑑賞 内田有紀復帰第一作。病院の精神病棟というほぼ密室というか広がりのない空間なのに出演者がとても多いと感じました.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-11-03 19:53
  • クワイエットルームにようこそ/内田有紀

    Excerpt: ホントなら公開直後に観に行きたかったんだけど、スケジュールの都合とどうせ観るならポイントつけてくれるシネコンのほうが効率がいいので、一週間待った上での鑑賞となりました。 出演はその他に、宮藤官九.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-11-03 22:30
  • 【2007-150】クワイエットルームにようこそ Welcome to The Quiet Room

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 佐倉明日香 28歳・ライター・バツイチ めくるめく 再生の14日間 わたしは ここ で 生まれ変わるのだ Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-11-04 15:47
  • #151.クワイエットルームにようこそ

    Excerpt: “大人計画”の松尾スズキ監督・脚本作品、『恋の門』』以来3年ぶりにあたる。この濃さがハマる人にはハマるし、ダメな人には全くダメってヤツかもしれない。私はというと、面白くて笑ってるうちに、だんだん本気に.. Weblog: レザボアCATs racked: 2007-11-04 23:59
  • クワイエットルームにようこそ

    Excerpt: 「クワイエットルームにようこそ」の試写会に行って来ました。 今回は、CINEMA CAFEによるブロガー試写会です。 会場は、豊洲のシネコンです(やはり映画館で観れるのは嬉しい) もっとブロガー.. Weblog: アートの片隅で racked: 2007-11-06 10:36
  • クワエットルームにようこそ(試写会)

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  真っ白な闇の果てで、真っ白に生まれ変わるあたし   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-11-07 21:25
  • 【劇場映画】 クワイエットルームへようこそ

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2007-11-11 01:58
  • 「クワイエットルームにようこそ」(日本 2007年)

    Excerpt: 目が覚めたら記憶が覚束ない、 そして身体は動かない。 ・・・クワイエットルームのベッドの上で~~~「クワイエットルームにようこそ」 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2007-11-12 21:01
  • 【映画】クワイエットルームにようこそ

    Excerpt: 「シネカノン有楽町2丁目」にようこそ 満席の映画館にようこそ 最前列にようこそ Weblog: 快投乱打な雑記帳 racked: 2007-11-13 10:19
  • クワイエットルームにようこそ

    Excerpt: 「クワイエットルームにようこそ」製作:2007年、日本 118分 監督、脚本:松 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2007-11-16 20:33
  • クワイエットルームへようこそ

    Excerpt: 11月25日(日) 18:30~ シネカノン有楽町1丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:700円 『クワイエットルームへようこそ』公式サイト 一人の女性の再生の映画。舞台は精神病院.. Weblog: ダイターンクラッシュ!! racked: 2007-11-29 22:29
  • クワイエットルームにようこそ(-_-)zzz

    Excerpt:   Welcome to The Quiet Room ようこそ、この世界の果てのワンダーランドへ   10月30日、MOVX京都にて鑑賞。あの「大人計画」の主宰者、松尾スズキが、原作.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-12-11 11:17
  • 映画[ クワイエットルームにようこそ ]包み隠さずぶちまけろ!オッす!

    Excerpt: 映画[ クワイエットルームにようこそ ]を渋谷シネマライズで鑑賞。――去年の作品一覧を読み返していたら、[ クワイエットルームにようこそ ]の記事を途中まで書いたままにして放置にしていたことに、気がつ.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2008-02-17 01:17
  • クワイエットルームにようこそ

    Excerpt: 芥川賞候補になった松尾スズキの同名小説を自ら脚本・監督を手掛けて映画化したドラマ。主演は内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう他。 <あらすじ> フリーライターの佐倉明日香は、目が覚めると、見知らぬ白.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-08-02 23:45
  • 『クワイエットルームにようこそ』'07・日

    Excerpt: あらすじ佐倉明日香は28歳のフリーライター。ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。そんなある日、明日香は気がついたら真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。ア.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-11-11 22:22
  • 静かなゴヤ

    Excerpt: 「宮廷画家ゴヤは見た」 「クワイエットルームにようこそ」 Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-05-17 13:56
  • クワイエットルームにようこそ

    Excerpt: 精神科閉鎖病棟の話ですね。でも暗くならずに明るくポップなイメージがあるのは、監督の手腕かキャラクターの個性か。主人公に内田有紀さん。 病院にもよるだろうけれど、実際の話なんかを聞くと、私は病気じ.. Weblog: いやいやえん racked: 2013-05-03 09:36