220「デス・プルーフinグラインドハウス」(アメリカ)

スタントマンVSスタント・ガールズ
 テキサスの田舎町。人気女性DJ、ジャングル・ジュリアは親友の金髪のシャナ、久しぶりに町に戻ってきた〝バタフライ〟ことアイリーンと一緒に町へ繰り出し、一夜の気晴らしをすることに。お気に入りのバー、グエロスからテキサス・チリ・パーラーへとはしごするそんな彼女たちを密かに尾けている男がいた。〝デス・プルーフ(耐死仕様)〟を施し、ドクロマークの付いた不気味なシボレーを乗り回し、顔に傷のある男、スタントマン・マイク。彼はジャングル・ジュリアたちに穏やかに話しかけ始めるが・・・
 そして14ヵ月後・・・

 かつてB級映画ばかりを2,3本立てでかけていた劇場を総じて「グラインドハウス」と呼んだらしいが、映画オタクであるタランティーノが再びその興奮を観客に伝えたいということで、ロバート・ロドリゲスと共に、「グラインドハウス」を製作したらしい。
 しかし、アメリカでは2本立てで上映したが、1本が終わると観客が帰ってしまうということが続き、結局日本では2本別々に上映することとなった。
 2本立てはUSAバージョンとしてTOHOシネマズ六本木ヒルズで限定上映されていたようだが。

 で、本作は正にB級色満載の出来となっている。
 出足のタイトル・ロールと音声からして、6,70年代の雰囲気を醸し出し、更に使い古したフィルムという雰囲気を出すために、わざとフィルムに傷を付けていたり、フィルムの飛びを再現している。途中でモノクロになってしまうし。

 内容は車を凶器とする殺人鬼の話だが、ストーリーのほとんどは登場する女性たちの会話で成り立たせている。スタントマン・マイクのカート・ラッセル以外の主な出演は全部女性と言ってもいいほど。
 そんな彼女たちが話す内容は、恋愛のことからセックス、男のこと、果てはオタクな話まで。後半のゾーイたちが卓を囲んで話しているシーンは 「レザボア・ドッグス」 の冒頭のシーンを思い出してしまった。
 カー・アクションのシーンは少なかったが、クラッシュ・シーンなどはド迫力である。
 しかし、話の内容としては意図した通りのB級である。結末はどちらかと言えば、笑いが漏れそうになる。

 女性たちが多く登場したが、やっぱりチア・ガール姿のメアリー・エリザベス・ウィンステッドが一番良かったかな。彼女は結局どうなんたのだろう?
 最初のタイトル・ロールでゾーイ・ベルなる人物が本人役で出演となっており、当時の有名な人物なのかな、と思っていたら、「キル・ビル」でユマ・サーマンのスタントをやっていた女性で、本作でもスタントに挑戦している。

 タランティーノもバーのマスター役で出ているが、 「ホステル」 の監督イーライ・ロスも出演していたらしい。どの男だったんだ? その他 「プラネット・テラー」 ともリンクしている人物が登場ということで、やっぱり続けて観た方が、より楽しめたのかな。

 旧き良きB級映画。こういうテイストが好きな人は満足な一作であろう。

/5

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト
    ジョーダン・ラッド、ローズ・マッゴーワン、シドニー・タミーア・ポワチエ
    トレイシー・トムズ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クエンティン・タランティーノ
於:池袋シネマサンシャイン
オリジナル・サウンドトラック デス・プルーフ in グラインドハウス
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
2007-08-29
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年09月08日 13:29
こんにちわ。

>1本が終わると観客が帰ってしまうということが続き

そんな事情があったとは、全然知りませんでしたー
でも、これって2本合わせて1本という感じもします。
イーライ・ロスが出演していたことにも気づけませんでした。
イーライ・ロスとも信頼関係が築けているんですねー
『ホステル2』観に行かなくちゃ。
2007年09月08日 22:53
となひょうさん、コメントありがとうございます。
実際は「プラネット・テラー」が最初で、それが終わると帰る人が多かったみたいですよ。
最近は日本でも2本立てってないですからね。あっても入替だし。
イーライ・ロスが出ていたのは後で知ったことなんですが、バーの客の一人みたいです。
私も早く「ホステル2」を観にいかなければ。
睦月
2007年09月10日 07:45
こんにちわ。
やっぱりCINECHANさんも『レアボアドッグス』を思い出しました?私もそうだったんですよ。あのダベリっぷりは、レザボアの冒頭を思いますよね?

そういう意味でも、タランティーノが初心(?)に帰って、B級にこだわって作った作品なんだなあとつくづく感じます。
2007年09月11日 22:23
睦月さん、いらっしゃいませ。
やっぱりあのトーク・シーンは「レザボア・ドッグス」を思い出しますよね。この喋りが楽しめるかが、この作品を楽しめるか、の分岐点ですね。
初心というか、本当にやりたいことを詰め込んだという感じですね。
2007年09月17日 20:37
こんにちは。いつもTB&コメントありがとうございます。
配給会社の都合かどうか解りませんが、U.S.A.バージョンの2本立てで一般公開して欲しかったなぁ。
ちなみに2本立ての時は『プラネット・テラー』の方が順番では先だったんですけどねぇ。
相変わらずなタランティーノ節でしたね。ファンは楽しめたんじゃないかと思います。
2007年09月17日 21:25
もじゃさん、いらっしゃいませ。
確かにUSAバージョンで一般公開というのも良かったかもしれませんが、完全版みたいなもので観られて良かったかな。
タランティーノ・ファンは満足な一作だったみたいですね。
zebra
2014年05月06日 09:33
DVDで何度も見てます。 DVD もしくはブルーレイで販売するなら 二枚組のしてくれたほうがいいかな。70年代の フィルムの傷、ノイズを出して画質を悪くした質感の作品にしてましたね。さすがB級の味をださせたタラちゃんムービー。

>ストーリーのほとんどは登場する女性たちの会話で成り立たせている。
他の感想ブログ書いてる人たちのコメント欄にも転記して書いてるのですが
”ガールズトークはもういいから 早くアクション(行動)起こしてよ~”っと うんざりで退屈でしたね。それも狙いでしょうが・・・
>結末はどちらかと言えば、笑いが漏れそうになる
 結末は・・・でしたからね(ってわかんね~)

 まあ ボクは”二匹目のドジョウは通用せず”と受け止めてます。

2014年05月08日 00:46
zebraさん、コメントありがとうございます。
最初は、かなり強烈な行動を取ったスタントマンが、
二回目は、相手をビビらせるだけというのが
ちょっと不思議な感じしましたけどね。
まあガールズ・トークは微妙っちゃ、微妙でしたかな。

この記事へのトラックバック

  • デス・プルーフ in グラインドハウス

    Excerpt:  『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-09-07 06:19
  • グラインドハウス/ スタントマイク as カート・ラッセル

    Excerpt: ロバート・ロドリゲス×クエンティン・タランティーノのタッグで贈る『グラインドハウス』より、『DEATH PROOF』で殺人鬼として恐れられるマイクがトーキング12インチフィギュアとして登場!.. Weblog: 京都の七条にてアメトイ専門に取り扱っておりますフィギュアショップ ピンクドラゴンです。    ... racked: 2007-09-07 12:51
  • 「デス・プルーフ inグラインド・ハウス (GRINDHOUSE/DEATH PROOF )」映画感想

    Excerpt: シンシティでも仲良く監督していた、タランティーノとロドリゲスのコンビが場末のB級 Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-09-07 20:45
  • 「デス・プルーフ in グラインドハウス」

    Excerpt: 「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-09-08 01:01
  • デス・プルーフ in グラインドハウス

    Excerpt: 「デス・プルーフ in グラインドハウス」GRINDHOUSE/ DEATH P Weblog: 映画通の部屋 racked: 2007-09-08 13:25
  • デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア)

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-09-11 19:02
  • デス・プルーフ in グラインドハウス/カート・ラッセル

    Excerpt: 予告編を目にするまでは全く観る気はなかったんですよ。カート・ラッセルが暴れまくってるのを観たら気になり出しちゃって、どんな映画なのかとチェックしてみたらタランティーノがリスペクトする1970年代から8.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-09-14 00:46
  • デス・プルーフ in グラインドハウス を観ました。

    Excerpt: スリルとスピードがこの作品のキーワードらしいけれど、私としてはもうひとつ加えたいなぁ…ってね。 Weblog: My Favorite Things racked: 2007-09-14 18:22
  • 【 デス・プルーフ in グラインドハウス 】

    Excerpt: 『グラインドハウス U.S.A.バージョン』から独立した作品として再編集されたディレクターズ・カット完全版。 喪失した部分を確認するために単品も観に行ってきました。リール1本分というより、あちこ.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2007-09-17 20:32
  • ★「デス・プルーフ in グラインドハウス」

    Excerpt: B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-09-19 03:33
  • 映画「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米)

    Excerpt: ★★★★☆  「キル・ビル」のクエンティン・タランテイーノが B級映画を模したカーアクションを撮った。 タランテイーノの映画は人によって評価が極端に異なるが、 この映画も然り。 原題は「Quenti.. Weblog: 富久亭日乗 racked: 2007-09-19 21:16
  • デス・プルーフ in グラインドハウス

    Excerpt: 毎回、通常上映で拍手が起こる映画なんて、そうザラにはないよね。 まさに「爽快」! さすがタランティーノ! グラインドハウス万歳! Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2007-09-20 23:54
  • デス・プルーフ in グラインドハウス-(映画:2007年106本目)-

    Excerpt: 監督・製作・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ゾーイ・ベル、ロザリオ・ドーソン、ヴァネッサ・フェルリト、シドニー・タミーア・ポワチエ 評価:80点 .. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-09-24 00:52
  • DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス

    Excerpt:     クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということ.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-09-26 11:43
  • デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof)

    Excerpt: 監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2008-03-10 01:15
  • 『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米

    Excerpt: あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2008-04-19 20:49
  • デス・プルーフ in グラインドハウス(DVD)

    Excerpt: ドレスコードは、スリルとスピード Weblog: ひるめし。 racked: 2008-05-16 15:54
  • 【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか?

    Excerpt: うへぇ…忙しいです{/face_hekomu/}{/down/}。 今日{/kaeru_fine/}も(もう昨日か)先程までお仕事でした。 前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)してい.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2008-05-18 00:57
  • 『デス・プルーフinグラインドハウス』を観たぞ~!

    Excerpt: 『デス・プルーフinグラインドハウス』を観ましたクエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した2本立てムービー「グラインドハウス」のうちの1本。映画オタクとして知.. Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-10-13 18:30
  • デス・プルーフ in グラインドハウス

    Excerpt: ドレスコードは、スリルとスピード Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2009-09-23 13:25
  • 『プラネット・テラー in グラインドハウス』&『デス・プルーフ in グラインドハウス』

    Excerpt: 『プラネット・テラー in グラインドハウス』 B級映画ばかりを2本立て、3本立てで上映するアメリカでかつて流行った 映画館“グラインドハウス”を現代に甦らせるべく、クエンティン・タラン ティーノ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2011-04-30 23:09