98「蟲師(むしし)」(日本)

全てが幻想的過ぎて・・・
 かつて日本の自然界に存在した〝蟲〟たち。時に人間にとり憑き、時に自然界に不可思議な現象を起こす。その蟲の源を探りながら、謎を解き、人々を癒す能力を持つ者たちがおり、〝蟲師〟と呼ばれた。蟲師の一人ギンコは旅を続けながら、人々を癒していた。
 彼はある雪の夜、辿り着いた庄屋で、夫人から頼みごとを受ける。片耳が聞こえなくなった者たちがいるので見て欲しいと。ギンコはそれがある蟲の仕業であることを突き止め、彼らを治す。更にその家には真火という両耳を病んだ娘がいた。彼女の額には4本の角が生え、今まで聞こえていたものが聞こえなくなり、逆に今まで聞いたことのないような音に悩まされているという。ギンコは真火の母親も同じような症状を訴えていたことを知り、真火の病の原因を突き止めるのだが。

 およそ100年前の話だという。〝蟲〟という霊でも妖怪でもない怪しい存在。それを突き止め、人々を癒す〝蟲師〟。なかなか設定は面白く、雰囲気も好みである。
 最初の真火と〝あ〟と〝うん〟の話までは、それなりに面白かった。これはこれで解決されたようだから、この先も同じようにいくつか〝蟲〟にまつわる事件を解決していくのかと思いきや・・・

 その後のストーリーはよくわからない。
 孤児となったギンコを育てた蟲師・ぬいとの話。虹を捕まえるという男・虹郎との話。ギンコと淡幽との関係。どれ一つとして話がまとまったというものがなかった。
 まとまったのかもしれないが、ぬいとの話も、虹郎との話も、映像だけでまとめようとしたのなら、正直わかりづらかった。

 幻想的な世界を描いた映像は好きなのだが、ストーリーの方も幻想的になってしまった。もうちょっと娯楽性があっても良かったのに。
 これは続編を意識した終わりなのか。

 庄屋の祖母役と淡幽の乳母役。見たことないなぁと思っていたら、李麗仙とりりぃ。う~ん、エンド・ロールまで気付かなかったし、やっぱりお○○ちゃんだなぁ。

/5

監督:大友克洋
出演:オダギリジョー、大森南朋、蒼井優、江角マキコ、李麗仙
    りりぃ、クノ真季子、守山玲愛、稲田英幸、沼田爆
於:丸の内TOEI

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月20日 21:26
あっ!!!私も、李麗仙とりりぃ、とても良かったと思いました。特に李麗仙のキャラクターは、目立たないようでも私にとっては際立っていました。記事にも書いてみたんですけど、やっぱり同じことを書いてる人がいないや、あはは~ と淋しがっていたので、CINECHANの記事は嬉しかった。
CINECHAN
2007年04月21日 16:52
隣の評論家さん、いらっしゃいませ。
りりぃも李麗仙も久しぶりのような気がします。見ただけではわからず、エンドロールでようやくわかった程です。
私はどちらかと言えば、りりぃの方が味わいある役柄だったような気がします。でも李麗仙も良かったとは思いますよ。
2007年04月22日 22:09
こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。

私も作品全体的なムードや、古来日本の情景美などはとっても好きでした。
ただ・・物語がよくない(苦)。
展開していくにつれ、どんどん訳分からなくなっていきましたね(苦笑)。

オダギリさん自身が記者会見で「この作品のよさがさっぱり分からない」と
暴言を吐いた意味もよく分かります(苦笑)
CINECHAN
2007年04月22日 23:50
睦月さん、いらっしゃいませ。
オダジョー、そんなこと言ってたんですか? でも出演者でもそういうこと言うのが最近多いなぁ。佐藤浩市とか塚本高史も最近そう言っていたような・・
でも、やっぱりストーリーは今ひとつ理解できませんでした。
どれを取ってみても、中途半端だった感は否めません。
映像や雰囲気は本当良かったですね。
2007年04月23日 03:12
こんにちは。いつもTB&コメントありがとうございます。
原作ファンなのでちょっとこれはなぁ。
予告からオダジョーのキリコには違和感あったし。
TVアニメはイイ出来だったんで、これだっらアニメでやった方が良かった気がしますわ。
2007年04月23日 05:37
おはようございます!いつもありがとうございます!
李麗仙はホント、久しぶりに見た!って感じでしたが、
りりぃは、最近よくでていますyo。 で、かなり良い。
CINECHAN
2007年04月24日 23:28
もじゃさん、コメントありがとうございます。
あ、アニメやってたんですか? それは知りませんでした。
まあ原作も知らないんで、オダジョーが合ってるのかは何とも言えませんが、ちょっとストーリーが曖昧すぎましたよね。
CINECHAN
2007年04月24日 23:30
猫姫少佐現品限り殿、コメントありがとうございます。
李麗仙は久しぶりでした。
りりぃは最近よく出てるんですか? 私は本当に久しぶりだったなぁ。
でも、なかなかいい感じのお婆さん役でした。

この記事へのトラックバック

  • 「蟲師」(むしし)映画感想

    Excerpt: 「蟲師」実写映画版を見てきました。某アニメファンに薦められてて、アニメや原作漫 Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-04-20 21:22
  • 蟲師

    Excerpt: 「蟲師」製作:2006年、日本 131分 監督、脚本:大友克洋 出演:オダギリジ Weblog: 映画通の部屋 racked: 2007-04-20 21:24
  • 蟲師

    Excerpt: スクリーンで感じる森林浴。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-04-22 12:12
  • 「蟲師」 映画が説明不足のため、あえて想像力を広げて観てみた

    Excerpt: 大友克弘氏に関する僕の初体験は、氏の漫画「童夢」。 人間業とは思えない緻密な書き Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-04-22 15:50
  • 「蟲師」

    Excerpt: 「蟲師」なかのZEROホールで鑑賞 原作のコミックは読んだことがありません。帰ってきてから公式HPを覗いてみました。何だー,1度みただけで理解しちゃいけないんだ。何度もみることによってその大友ワ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-04-22 18:09
  • 蟲師/オダギリジョー、蒼井優

    Excerpt: 原作コミックのことは名前だけはなんとなく聞いたことあるようなって感じで内容に関しては全く知らないんですけど、こういう時代劇ファンタジーって好きなんですよね。久々のオダジョー主演作品に胸ワクワクなんです.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-04-22 18:52
  • 【2007-42】蟲師(むしし)

    Excerpt: 精霊でも幽霊でも物の怪でもない、 妖しき生きもの「蟲」(むし)。 100年前の日本。 「蟲」が引き起こす不可思議な現象を解き明かし、 人々を癒し、救う者を「蟲師」(むしし)と呼んだ。 .. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-04-22 20:17
  • 蟲師

    Excerpt: 個人的にはどうもオダギリジョーがダメでね。仮面ライダーで主役になった頃から「何でまた、こんな強そうな感じしないのに…」なんて違和感を覚えていたのに、子供と一緒に観てるママさんたちからイケメンヒーローと.. Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2007-04-22 20:31
  • 蟲師(試写会)

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 情緒とニュアンスの美しきファンタジー世界  Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-04-22 20:44
  • ★「蟲師」

    Excerpt: いやいや、五作連続して「は行」の作品見てたけど・・・途切れてしまいました。 ホントは「ブラックブック」を見る予定だったけど、時間が合わず断念。 でも、こっちの作品はオダギリジョーに蒼井優だもんねっ.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-04-23 00:48
  • 【 蟲師 】

    Excerpt: TVアニメにもなった漆原友紀原作のコミックをオダギリジョー主演で大友克洋監督が実写映画化したファンタジー。 原作ファンです。予告を見た時から個人的にはギンコ=オダジョーはどうもしっくり来なかった.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2007-04-23 03:09
  • 蟲師 07076

    Excerpt: 蟲師 2007年   大友克洋 監督・脚本  漆原友紀 原作オダギリ ジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりぃ 李麗仙 ゆっくりと流れる時間、音楽も良い、ストーリー自体も興味をそそられる、独特.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-04-23 05:32
  • 蟲師(映画館)

    Excerpt: 蟲を感じたらお知らせ下さい。 Weblog: ひるめし。 racked: 2007-04-23 13:41
  • 映画「蟲師」

    Excerpt: 映画「蟲師」に関するトラックバックを募集しています。 Weblog: 映画専用トラックバックセンター racked: 2007-04-30 23:46
  • 映画「蟲師」

    Excerpt: 「スチームボーイ STEAMBOY」の大友克洋監督作品。妖しき生きもの“蟲”が存在した100年前の日本を舞台に、蟲を鎮め人々を癒す能力を持つ“蟲師”ギンコをめぐる神秘の物語が、膨大な労力を費やして行わ.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2007-04-30 23:50
  • 『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1

    Excerpt: オダギリジョーついに結婚!?相手方の母親とも話はもうしていて、何の障害もないそうで(笑)ということで、オダギリジョー結婚発表記者会見・・・ではなく映画『蟲師』舞台挨拶へ行ってきた。 今日は、役所広司・.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2007-05-03 16:39
  • オダギリジョー、「帰ってきた時効警察」、映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」木村拓哉を超えるか

    Excerpt: 俳優・オダギリジョーが主演した映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が14日、公開初日を迎え全国334館のほとんどで満員となる好発進。配給の松竹では昨年、SMAPの木村拓哉主演の「武士の一分.. Weblog: racked: 2007-05-03 18:50
  • オダギリ ジョー/五代雄介

    Excerpt: いつもありがとうございます。「仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダークウガの主人公、五代雄介役の「オダギリ ジョー」を.. Weblog: 仮面ライダークウガのすべて racked: 2007-05-04 16:09
  • 映画 蟲師

    Excerpt: 『蟲師』(むしし)は、2007年の日本映画。3月24日、松竹・東急系にて全国公... Weblog: 蟲師 映画 / コミック / アニメ racked: 2007-05-08 21:14
  • 蟲師 特別編集-蟲往来-初回限定特装版

    Excerpt: 蟲師 特別編集-蟲往来-初回限定特装版漆原友紀おすすめ度 ★★★☆☆ 漆原友... Weblog: 蟲師 映画 / コミック / アニメ racked: 2007-05-09 00:13
  • オダギリジョーといえばライフカード

    Excerpt: オダギリジョーといえば、ライフカード。 ライフカードといえば、オダギリジョー。 それくらい、オダギリジョーのライフカードのイメージが強いですよね。 そんなオダギリジョーのライフカードのCMを.. Weblog: オダギリジョーといえばライフカード racked: 2007-05-14 17:20
  • 蟲師

    Excerpt:  『蟲を感じたら お知らせください。』  コチラの「蟲師」は、漆原友紀さんの同名コミックを大友克洋監督がオダギリジョー主演で実写映画化した3/24公開になったVFXファンタジー巨編なのですが、早.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-09-09 22:44
  • 蟲師-(映画:2007年131本目)-

    Excerpt: 監督:大友克洋 出演:オダギリジョー、大森南朋、蒼井優、りりィ、李麗仙、稲田英幸、守山玲愛、江角マキコ 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) まったりと、癒されなが.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-11-21 22:58
  • 【映画】蟲師…の記事&私のお正月報告

    Excerpt: 今日は映画レビュー記事なわけですが、 その前に私のお正月の報告(というか自分のための覚え書き)。 【元旦】{/ny_kadomatsu/} ダウンタウンを観ながらカウントダウン無く{/face_as.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2008-01-12 08:56
  • 映画評:蟲師

    Excerpt: 雪は降り止む気配はなく、すでに随分な厚みを作り始めている。 谷を背にした小さな村は、雪に閉ざされ、白一色に包まれようとしている。 そ�... Weblog: 写真と映画のブログ racked: 2009-03-29 19:21
  • 映画評:蟲師

    Excerpt: 雪は降り止む気配はなく、すでに随分な厚みを作り始めている。 谷を背にした小さな村は、雪に閉ざされ、白一色に包まれようとしている。 そんな雪の村に、薬箱を背負った男が一人、立ち入っていく。銀髪の蟲師.. Weblog: 映画と写真のブログ racked: 2009-03-29 19:21