57「ダウト」(アメリカ)

本当の敵は誰だ!?
 地方検事で元警官のフォード・コールはジャーナリストのトリッピンの密着取材を受けていた。その夜はガス漏れ事故が起きて、土地開発を巡る公団周辺の地域が該当していた。
 そんな折、恋人で地方検事補のノラ・ティマーがレイプ事件に遭遇し、犯人であるアイザック・デュパードを射殺してしまったという報を受ける。フォードはノラの元へ駆けつけ事情を聞く。正当防衛を主張するノラ。
 しかし、一人の男が警察署に現れる。殺された男アイザックの友人だというルーサー・ピンクス。彼は、この事件は正当防衛ではなく、計画された殺人だと訴える。食い違う証言。果たして真実はどちらなのか?
 更に彼らの証言を調べていくうちに、ダニーという人物が絡んでいることがわかってくる。ダニーとは町を仕切っていると言われる犯罪者であるが、その正体はわからない。
 ダニーとはいったい何者か? 彼の目的とは?

 ある夜に起こった事件。その事件について証言する二人。その証言は食い違い、誰が真実を言っているのかわからない。やがて明らかになるダニーという謎の人物の存在。
 事件と証言。謎の男。謳い文句で比較されている「ユージュアル・サスペクツ」とよく似た展開のストーリーである。

 登場する人物が誰も怪しくて、何が真実なのかわからない。リアル・タイムは事件の起こった一晩の物語であるが、ノラやピンクスの証言が映像として表れ、謎を深めていく。真相を追っていくうちに、午前5時に何かが起きるということがわかり、タイム・リミットも出来るという緊迫した展開。

 そしてダニーという謎の人物。果たして誰がダニーか? これも様々な推測を巡らしてしまう。「ダニーを誰も知らない。男なのか女なのかさえ」

 物語は二転三転して、タイム・リミットの午前5時。ダニーの正体も明かされ、それ自体は特別驚くほどでもなかったが、実はその後も展開が。
 本当のラスト。やっぱりと言うか、そうだったのかと驚くか?

 なかなかよく考えられたストーリーであり、最後の最後まで真相のわからない面白さもある。
「ユージュアル・サスペクツ」を越えた、と言われるのはどうかな?

/5

監督:ウェイン・ビーチ
出演:レイ・リオッタ、LLクールJ、メキー・ファイファー、ジョリーン・ブレイロック
    テイ・ディグス、キウェテル・イジョフォー、ブルース・マッギル、ガイ・トーリー
於:新宿K’s cinema
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月18日 23:04
こんにちは。いつもTB&コメントありがとうございます。
「ユージュアル・サスペクツ」と比較するのはちょっと分が悪いですね。
でも、なかなか面白いストーリー展開でした。
こういうサスペンスにらほんろうされるのもイイですよね。
2007年03月19日 10:06
こんにちわ。
風邪がなかなか治りません・・・(泣)。

よく出来たサスペンスではありましたが、やっぱり伏線の張り方が甘い感じがあって、観た後に達成感のようなものがあまりなかったのも事実ですねえ(笑)。ユージャルを越えたというのは、過剰宣伝でしょ(笑)
2007年03月19日 10:07
すみません・・・2重投稿してしまいました。
お手数ですが削除願います(苦)
CINECHAN
2007年03月20日 01:20
もじゃさん、いらっしゃいませ。
まあ「ユージュアル~」と比較するというのはどうかと思いますけど、客を呼ぶためにはしょうがないんでしょうね。もちろん後で騙されたと思うことも多々ですが。
まあ「ユージュアル~」を越えるなんてことはそうそうないと思ってたので、意外や面白く、楽しむことはできました。
CINECHAN
2007年03月20日 01:23
睦月さん、コメントありがとうございます。
まだ風邪が治りきりませんか。本当は映画館など行かず、寝てた方がいいんでしょうが、行きたくなるのはよくわかるので、まあこじらせないようにと言っておきます。
なかなか伏線まで完璧に張れるのは難しいでしょうね。ダニーの正体は微妙なところもありました。
その後の二転三転はさすがに驚きましたが。

この記事へのトラックバック

  • 「ダウト」(SLOW BURN)映画感想

    Excerpt: ユージュアルサスペクツを超えた本格サスペンスという触れ込みの映画「ダウト」を見て Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-03-09 01:07
  • ダウト/レイ・リオッタ

    Excerpt: とりあえずどんな映画なのかと上映劇場の紹介記事を読んでみるとなかなか良さげなクライムサスペンスじゃないの。即鑑賞決定ィ。こういうマイナーな上映作品が思わぬめっけもんだったりすると、スゴク嬉しかったりす.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-03-09 12:36
  • 【 ダウト 】

    Excerpt: レイプ犯殺害事件を発端に可解な事件の全貌が見え隠れするサスペンス・ミステリー。 「ユージュアル・サスペクツ」系のサスペンス。真実か?ウソか?、ダニー・ルーデンは誰なのか?黒人か白人か?、いくつも.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2007-03-18 23:00
  • ダウト

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  たたみかける『ダウト』の嵐!!   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-03-20 09:09
  • [ ダウト ]フィルム・ノワール調の大どんでん返しムービー

    Excerpt: [ ダウト ]を新宿で鑑賞。 サプライズエンディングなミステリーサスペンスを 最近では、“どんでん返し系”ムービーと呼んでいる。 本作もその“どんでん返し系”の一作。 パンフレットで書.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2007-04-29 17:52
  • ダウト (Slow Burn)

    Excerpt: 監督 ウェイン・ビーチ 主演 レイ・リオッタ 2005年 アメリカ映画 93分 サスペンス 採点★★ 私なんかがまさにそうなのだが、男って生き物は後先を考えずに短絡的なウソをついてしまうので、瞬く間.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2007-08-08 00:34
  • ダウト

    Excerpt: 【SLOW BURN:2007/03/03公開】製作国:アメリカ監督:ウェイン・ビーチ出演:レイ・リオッタ、LL・クール・J、メキー・ファイファー、ジョリーン・ブラロック、ガイ・トーリーstory:元.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2007-08-29 12:46
  • 『ダウト』

    Excerpt: レイ・リオッタ主演の地方検事が不可解な事件に巻き込まれていくサスペンス。93分の時間の中で二転三転する展開が面白いと思う。 主人公は元警官で地方検事の職にあるフォード検事。マスコミを使って街の浄.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-06-16 22:42
  • ダウト

    Excerpt: 次期市長を狙う敏腕検事が、有能な部下であり恋人、そしてギャングに 微妙にだまされながら話が進んでいくサスペンス。 しっかり観てない... Weblog: 前向きに進みたい!!うつな自分 racked: 2009-02-15 12:52