信頼されなければ負け

48「墨攻(ぼっこう)」(中国・日本・香港・韓国)
 中国春秋戦国時代。荒れ狂う戦乱の世に侵略を否定し、攻撃せずに守り抜く〝非攻〟を掲げる墨家という集団がいた。
 大国・趙の攻撃を受けようとしていた小国・梁は墨家に援軍を求める。しかしやって来たのは天才戦術家・革離(かくり)ただ一人。趙に対し、和平を求める声が挙がる中、和平によっても真の自由は得られない。自らが守り抜いてこそ真の自由が得られる、と説く革離。梁王の決断により趙と戦うことにした梁国と革離。しかし、趙は猛将・巷淹中(こうえんちゅう)が率いる10万の兵力。絶対的な不利な状況の中、次々と襲い来る趙の猛攻を革離は秘策で凌いでいくが。

 日本のコミックスを中国、韓国、日本の3カ国により映画化された作品。コミックスの存在は全く知らなかった。

 墨家は世界史の授業ではさらりと触れられた気はするが、どのような教えを説いたのかは憶えていない。〝非攻〟や〝兼愛〟などを説いた集団らしく、この作品では、大国・趙に侵略されんとしている小国・梁を革離という一人の墨家が守ろうとする。大人数の趙の攻撃に対し、少人数の梁がどんな知略をもって対抗するのか、それが見ものであると考えていた。

 確かに主ストーリーは趙対梁なのだが、後半には梁国内でも様々な思惑、疑念が湧き上がり、必ずしもその構図ではなくなる。

 革離はただ戦術の大家というだけでなく、人として、墨家としての考えというものに悩んでいく。そして〝愛〟というものについても考える。
 最後に革離がとった行動は〝兼愛〟というだけでなく、ただ一人愛する人を守るためにとった行動のように感じた。

 アンディ・ラウが演じた革離もいいのだが、個人的には弓隊の隊長を命じられた子団のクールな感じが好きである。

 小が大を倒すというような爽快感が感じられる作品ではなく、どちらかと言えば、人間の愚かさや傲慢などを感じさせる作品で、個人的にはもう少し爽快感が欲しかった。

 「守った者の信頼を得られないのであれば、負けです」

/5

監督:ジェイコブ・チャン
出演:アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン
    ファン・ビンビン、ウー・チーロン、チェ・シウォン
於:丸の内ピカデリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月26日 15:20
こんにちは、CINECHANさん。
じぶんは墨家の存在すら知りませんでしたよ。当然マンガの方も未読。
もぅ歴史はダメダメですわ。
と言うことで、もうちょっと詳しく墨家のこと説明して欲しかったなぁ。
CINECHAN
2007年02月27日 00:45
もじゃさん、いらっしゃいませ。
私もコミックスは未読ですが、墨家は世界史の授業で聞いた記憶があります。私も歴史はそれ程通じてませんが、これは何となく。
確かに墨家のことはそれ程説明されてませんでしたね。一応革離の台詞で説明してたような気もしますが、そこには彼自身の考えもありましたから。
2007年02月27日 23:10
こんばんは!
え?え?あたしの方が、先に見たの??やったぁ!!
この映画では、墨家思想は、あまり関係なかったと思います。で、
革離は、正式派遣じゃなくって、自分で勝手に来た、戦闘未経験の若造でしたね。だから頃、あそこまで悩むのですが、原作とは、かなり違うストーリーだったようです。
ま、エキストラも多いし、迫力あったと思います。
CINECHAN
2007年02月28日 01:20
猫姫少佐現品限り殿、いらっしゃいませ。
なかなかあの人数は迫力ありましたね。戦闘シーンも迫力はあったし。
でも何となく爽快感がなかったなぁ。思っていた話と違ったところもあったからかな。
2007年03月03日 21:15
こちらにもー。
なーんか惜しい感じでしたよね。尺も長く感じてしまいましたゎ。
合戦シーンは、それなりに迫力はありましたけどね。何かが足りなかったな。

>弓隊の隊長を命じられた子団のクールな感じ

そうですね、脇もなかなか魅力的でした。
私は、アン・ソンギにノックアウトされました~☆
CINECHAN
2007年03月04日 01:02
隣の評論家さん、いらっしゃいませ。
アン・ソンギ、意外といい男の役でしたよね。
完全な敵役という感じじゃなかったところが、物語の明確さを見せられなかった一つの要因かな? 本当の敵は他にいましたからね。かれをスパッと倒していれば、また違う印象だったかも。
まあ革離の心情を映し出す作品だったということで。
睦月
2007年03月07日 09:53
こんにちわ。
≫最後に革離がとった行動は〝兼愛〟というだけでなく、ただ一人愛する人を守るためにとった行動のように感じた

そうそう。あの恋愛描写は果たして必要だったのでしょうか?

私は、この作品を壮大なスペクタクルアクションかと思っていたので、あまりの印象の違いに戸惑ったほどです。
反戦映画なんでしょうか・・・・メッセージ性が強かったなあと思いました。
CINECHAN
2007年03月08日 00:40
睦月さん、コメントありがとうございます。
序盤の方はまだ良かったかなぁ。これか攻めてくる趙に対し、革離が色々策略を巡らすところ。後半からは話は変わっていきましたね。
う~ん、一種の反戦映画なのかな? アジアの映画らしいですけどね。

この記事へのトラックバック

  • 【 墨攻 】

    Excerpt: 戦国時代の中国を舞台とした森秀樹のコミックを映画化した歴史アクション。 "墨家"という存在を初めて知りました。中国、深いなぁ。原作のマンガは未読。 騎馬兵の戦闘シーンやセットなどなかなかの迫力で.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2007-02-26 15:18
  • ★「墨攻」

    Excerpt: 今週のナイトショウは・・・ 日・中・韓の合作?映画。 原作が日本の漫画で、舞台は中国、音楽関係は日本人が担当してるみたい。 主演は、アンディ・ラウ。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2007-02-27 01:27
  • 墨攻

    Excerpt: 攻める手を止めてこそ,安らぎが生まれる! Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-02-27 10:24
  • 墨攻/アンディ・ラウ、アン・ソンギ

    Excerpt: アンディ・ラウ主演作品に韓国の重鎮アン・ソンギが共演。しかもコレって原作は日本の漫画なんですね。有名な作品なのかな?日中韓、アジアの三強が結集した作品ですからアジア映画好きとしてはこういう試みはガンガ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-02-27 10:33
  • 「墨攻」

    Excerpt: 「墨攻」東京厚生年金会館で鑑賞 たぶん、私にとっては苦手な分野。中国の時代劇。時代背景がわかりません。でもコミックを原作としたアンディ・ラウ主演の日韓中合同製作のエンタメ系と来ればどうにかいける.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2007-02-27 21:58
  • 墨攻 07050

    Excerpt: 墨攻 2006年   ジェイコブ・C・L・チャン 監督  川井憲次 音楽  酒見賢一 原作アンディー・ラウ 劉徳華 アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ピンピン チェ・シウォン 日・中・韓 合.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-02-27 23:05
  • 墨攻

    Excerpt: 日本人って、結構中国の史劇って好きじゃありません?司馬遼太郎とか読んだ事ある人多いと思うんだけど…。で、この映画原作は日本なんだけど、これがまた最近のアジア圏の映画じゃダントツにいい! Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2007-02-28 06:32
  • 墨攻

    Excerpt: 「墨攻」A BATTLE OF WITS/製作:2006年、中国=日本=香港=韓 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2007-03-03 21:12
  • 「墨攻」 映画の作りまで「墨守」しなくても・・・

    Excerpt: 漫画「墨攻」を原作とした日中韓の合作映画です。 タイトルにある「墨」とは「墨家」 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-03-04 08:31
  • 墨攻-(映画:2007年29本目)-

    Excerpt: 監督:ジェイコブ・C・L・チャン 原作:酒見賢一 出演:アンディー・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ピンピン、チェ・シウォン 評価:79点 公式サイト (ネタバ.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-03-04 11:07
  • 「墨攻」

    Excerpt: 中国では紀元前403年に晋が韓・魏・趙の三国に分裂して以降、紀元前221年に秦の始皇帝が国土統一を果たす迄の183年間を戦国時代と称されている。そんな戦国時代の世に、思想家の墨子が率いた集団が在った。.. Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー racked: 2007-03-05 01:49
  • 墨攻

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  男が望み挑んだ・・・無血の戦い   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2007-03-09 20:12
  • 「墨攻(ぼっこう)」映画感想

    Excerpt: ちらしや予告編見ているときから、これは見ようと決めていた作品。「墨攻(ぼっこう) Weblog: Wilderlandwandar racked: 2007-03-10 01:35
  • 【2007-17】墨攻(A BATTLE OF WITS)

    Excerpt: 戦乱の中国 知恵と戦術を屈指して戦う 「墨家(ぼっか)」という集団が存在した この男(革離)、10万人の敵に たった1人で挑む。 それは、かつてない知略に富んだ戦い Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2007-03-11 16:31
  • 映画「墨攻」

    Excerpt: 2007年14本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「流星」「夜間飛行」のジェィコブ・チャン監督作品。戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離の活躍を描いた.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2007-03-15 23:19
  • [ 墨攻 ]強者のエゴに敢然と立ち向かう

    Excerpt: [ 墨攻 ]を吉祥寺で鑑賞。 最近の映画はスケールがでかくなればなるほど、面白味に欠けることが多い。東京、日本・・・・・とスケールのでかい名称になるにつて、そのスケールに偏差値が反比例していく大.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2007-03-18 10:07
  • 映画「墨攻」

    Excerpt: 映画「墨攻」に関するトラックバックを募集しています。 Weblog: 映画専用トラックバックセンター racked: 2007-04-29 20:21
  • 墨攻

    Excerpt:  『10万人の敵に たった1人で挑む。』  コチラの「墨攻」は、2/3公開になる日本のコミックが原作で、中国・日本・香港・韓国の合作歴史アクション・スペクタクル映画なのですが、オンライン試写会で.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-10-27 22:38
  • 墨攻 レビュー 人は何のために戦うのか?

    Excerpt:   人は、果たして、何のために戦うのだろうか? 「墨攻」の舞台は、紀元前370年ごろの古代中国。 墨攻 DVD ★★★★ 製作年: 2006年 製作国: 中国/日本/.. Weblog: 私のお気に入り。大好きなDVD・本・グッズ,信頼されなければ負け racked: 2008-01-23 00:35
  • 墨攻(DVD)

    Excerpt: 10万の敵にたった1人で挑む。 Weblog: ひるめし。 racked: 2008-02-07 14:39
  • 【映画】墨攻

    Excerpt: 「墨攻」は戦国時代の中国を舞台とした酒見賢一の歴史小説およびそれらを原作とした森秀樹の歴史漫画およびそれらを原作とした日中韓合作の映画作品。「墨攻」という単語は、酒見が「墨守」という言葉から作り出した.. Weblog: GARDEN Blog racked: 2008-05-31 21:07