泣きたい時は我慢せずに

234「涙そうそう」(日本)
 沖縄。本島に住む洋太郎は8歳のとき母が再婚。カオルという妹ができる。しかし、義父は姿を消し、母も他界。以来洋太郎は「カオルはひとりぼっち、だからどんなことがあっても守りぬく」と誓った。
 そんなカオルが高校に合格し、オバァと暮らす島を離れ、本島にやって来て洋太郎と暮らすことになった。久しぶりに会うカオルは無邪気に兄を慕う様子はそのままだったが、驚くほど美しくなっていた。そして二人は洋太郎のぼろアパートで、兄と妹として暮らし始める。

 血の繋がらない兄と妹の切ない物語。こういう設定で真っ先に思い出すのは、あだち充原作の「みゆき」。「タッチ」「ラフ」とあだち充の原作作品に出演してきた長澤まさみが主演というのは、ピッタリなのかも。
 陽気で頑張りやで、誰からも好かれる洋太郎。お人よし過ぎて人に騙される羽目にも陥ってしまう。そんな兄を慕う、明るく元気な妹カオル。しかし、そこには密かな恋心もあった・・?
 洋太郎の彼女が大学の医学部で才媛。ちょっとカオルとは対称をなす感じ。これも「みゆき」に似ているな。

 ストーリー全体としては、洋太郎とカオルの物語が、沖縄の海のように爽やかに進んでいく。
妹を守るという気持ちか、兄を慕うという気持ちか、それとも恋心?

 しかしなぁ・・終盤のエピソードは必要だったのかな? せっかくのストーリーをどうしてこういう展開にしたのか? まあこれによって観客は〝涙そうそう〟となるのだが。もう周囲で鼻をすする音や嗚咽が聞こえまくり。
 個人的にはエンド・ロールの後のシーンの方が胸にきたが。

監督:土井裕泰
出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ
    森下愛子、大森南朋、船越英一郎、橋爪功、小泉今日子
於:日劇PLEX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月04日 22:14
CINECHANさん、こんばんわ。
> エンド・ロールの後のシーンの方が胸にきた
↑↑
幼い2人が浜辺を歩いているシーンでしたよね?
2人の行く末を知ってて観るから、余計にジーンと来ますよね。
全体にオトナになってからのシーンよりも幼い頃のシーンの方が私には切なく胸に響きました。
CINECHAN
2006年11月05日 11:17
HIROMIC WORLDさん、コメント、サンキュー。
ああ、そうかも。二人に行く末を知っているだけに、余計にジーンと来たのかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • [ 涙そうそう ]なんくるないさ

    Excerpt: [ 涙そうそう ]@吉祥寺で鑑賞 本作は売れっ子俳優、妻夫木聡と長澤まさみの初共演作品。 去年観た[ ニライカナイからの手紙 ]のパンフレットも そうだが、パンフレットの表紙が非常に似て.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-11-04 01:29
  • 涙そうそう/妻夫木聡、長澤まさみ

    Excerpt: 何となくベタっぽいストーリーだなぁというイメージが劇場予告編にはありましたけど、BEGINも絡んだ朝ドラの「ちゅらさん」にはとても気持ちよく感動させてもらったしオバァの平良とみさんも出演してるし、沖縄.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-11-04 10:06
  • 「涙そうそう」

    Excerpt: 「涙そうそう」よみうりホールで鑑賞 あの夏川りみのヒットソング「涙そうそう」作詞をしたのは森山良子サンだったのですね。全く知りませんでした。その詩をモチーフにして作ったのがこの「涙そうそう」とい.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-11-04 10:28
  • 涙そうそう

    Excerpt: 泣かす為だけの映画でも,溢れる優しさはあたたかい。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-11-04 10:56
  • 涙そうそう

    Excerpt: 本日の1本目は「涙そうそう」 名曲「涙そうそう」をモチーフに作られた血の繋がらな Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-11-04 22:03
  • 涙そうそうを見に行きました♪

    Excerpt: こんにちわ。いつも、コメント トラックバック 相互リンクなどありがとうございます。沖縄移住を目指せ!の『のぶ~~』です。昨日はお休みでした!個人的な知り合いは「あれ??」と思われているかもしれませんね.. Weblog: 沖縄移住を目指せ! ~沖縄生活への道~ racked: 2006-12-03 22:37
  • 「涙そうそう」

    Excerpt: 3回は泣きました!さすが「涙そうそう」ですね。妻夫木の屈託のない笑顔と、長澤まさみの純粋で無邪気な姿がかなり素敵です。話題作に引っ張りだこの2人ですが、それもうなずける演技力です。演技が自然で、本当に.. Weblog: Tokyo Sea Side racked: 2006-12-25 07:24
  • 長澤まさみの出演映画

    Excerpt: ◎長澤まさみの主な出演映画クロスファイア - 倉田かおり役(2000年 東宝) なごり雪 - 水田夏帆役(2001年 大映) 黄泉がえり - 森下直美役(2003年 東宝) ゴジラ×モスラ×メカゴジラ.. Weblog: 長澤まさみの水着情報 racked: 2006-12-26 08:43
  • 涙そうそう:にぃにぃ~ 三軒茶屋シネマ

    Excerpt: 幼い兄妹が親に死なれてって、一番弱いパターンなんだよね。 沖縄の市場で配達の仕事をする洋太郎(妻夫木聡)。いつもにこにこ元気がいいんで、市場でもおばさんたちの人気者だ。 洋太郎の母(小泉今日.. Weblog: 気ままに映画日記☆ racked: 2007-01-20 23:03
  • 映画「涙そうそう」 ~泣く時は、我慢せずに泣く事が大事である~

    Excerpt: ひとりぼっちのカオルを、どんなことがあっても守ってあげる――。 2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すという夢を持ち、ひたむきに生きる働き者の青年・新垣洋太郎(妻夫木聡)。今日も食材運びのバ.. Weblog: 混沌と勇気日記。 ~紡げ、天地創世の破滅を綴る勇ましき姿を~ racked: 2007-04-07 03:55
  • 涙そうそう-(映画:2007年44本目)-

    Excerpt: 監督:土井裕泰 出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、森下愛子、船越英一郎、橋爪功、小泉今日子 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります).. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-04-09 00:18
  • 大切な人にありがとうを。~「涙そうそう」~

    Excerpt: 試写会。6:30 リサイタルホールにて。 公式サイトはコチラ。→http://www.nada-so.jp/ 「チェケラッチョ!」の時も書いたんですが 沖縄弁、現地のひとには違和感なく聞こえたで.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2007-04-09 23:22
  • フレッシュ球宴&涙そうそう&BLEACH&ホタル

    Excerpt: 涙そうそうは久しぶりに兄妹が再会して店を開店したけど騙されていて 生きてた親父に会い兄妹が別々に住んで最後は死んじゃったけども 俺は兄妹が無しも欲しい思うし麻生久美子の彼女は良かったよ .. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2007-07-19 21:09
  • DVD 涙そうそう 

    Excerpt:  今回はDVDのレビューです。涙そうそうです。 Weblog: よしなしごと racked: 2008-01-05 00:53