255「トゥモロー・ワールド」(イギリス)

人類の未来って、悲惨なものか?
 西暦2027年。世界は戦争と退廃で、崩壊しようとしていた。更に人類には18年間も子供が誕生していなかった。世界最年少の男ディエゴの死で、悲しみに暮れる世界、そしてイギリス・ロンドン。ここでは不法入国者の取り締まりが厳しく行われていた。
 エネルギー省に勤めるセオは、人類の未来などには興味の無い男。ある日彼は地下組織フィッシュに拉致される。リーダーは別れた妻ジュリアン。彼女たちの目的は通行証で、極秘裏にある少女をヒューマン・プロジェクトに引き渡そうとしていた。彼女こそ人類の未来を変える存在だった。

 この作品の予告編を観ていて、どうしても気になったこと。それは一体少女が人類の未来を変える、どんな秘密を持っているのか? ということ。
 で、真実は・・・というと、それはあっさりと明かされる。その真実は、何とも「そうなのか」と納得するしかないようなことなのだが。

 こういう設定だから、ストーリーも特別変わったものではなく、ある程度想像できる展開であった。特別驚くような展開も無かったし。

 ただ、かなり緊張感というか、緊迫感を煽ったのは、その撮影。随所随所で長回しを使用して、臨場感を高めている。最初のカフェ爆破シーン。車に乗ったセオ、ジュリアンたちが襲われるシーン(ここのシーンは意外なことも起こるが)。
 そして何と言っても、クライマックスのシーン。これはかなりの時間のをかけた長回しシーンである。その直後のシーンは、少なからず感動も覚えてしまったりして。

 ストーリー自体はそれほど特筆するものはないが、撮影、映像は緊迫感のあるシーンが多かった。

/5

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン
於:日劇PLEX
Children of Men
Hip-O Records
2006-12-12
Various Artists


Amazonアソシエイト by Children of Men の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2006年11月29日 01:31
こんばんは★
なんだかこの作品は、人によって好き嫌いがハッキリ分かれるみたいですね。
それも、何やら半々のようで(勝手な統計・笑)
SFというより、戦争映画みたいですもんね、タッチが。
子供が出来ない未来を描いていながら、なんだかほんの少ししか違わないようにも見えたりしましたね。
CINECHAN
2006年11月30日 00:58
とらねこさん、コメントありがとうございます。
設定は未来でも、そういった感じはしませんでしたね。
まあ嫌いな方ではないんですが、予告で非常に気になっていた分、ちょっと空かされたかなぁ、と感じがしないでもありません。
2006年11月30日 01:08
こんにちは。いつもありがとうございます。
この作品はクライマックスの長回しシーンにつきますかね。
かなりドキドキものでした。
でも、ジュリアン・ムーアが早々に...だったのもビックリ。
主演女優だったんじゃないのかぁw
睦月
2006年11月30日 12:08
TB&コメントありがとうございました!

この作品、余計な説明を省いて展開するので、イマイチ意味が分からない部分が多かったように感じました。そのせいか入り込むのに困難だったというか。
でも、それをカバーしたのは、CHINECHANさんのおっしゃるとおり、撮影・映像のすごさだと思うんですよね。あの映像を見るだけで十分に痛烈なものが伝わってくるというか・・・圧倒された気がします。
CINECHAN
2006年11月30日 23:26
もじゃさん、コメントありがとうございます。
クライマックスの映像は緊迫感一杯でしたね。それが効いてか、その後のシーンは感動さえ覚えました。
ジュリアン・ムーアにはびっくりでしたね。そのシーンも映像的には強烈でした。
CINECHAN
2006年11月30日 23:30
睦月さん、いらっしゃいませ。コメント、サンキュー。
何となくこんな感じの作品かぁ、と感じながら、淡々と観ておりました。
設定的にはわかり辛い部分も多かったですね。
もう何度もコメント等で書いてますが、映像は凄かったと思います。
クライマックスの長回しも凄かったですが、他の場面でも緊迫感ある映像多かったです。
2006年12月16日 02:23
こちらにも、こんばんわ。
12月。クリスマスのディスプレィで賑わう街でこの作品を観たせいなのか、未来版のキリストの降誕という感じで受け止めました。全てのシーンは、あのシーンのためにあり!とさえ思えてしまいました。
2007年04月01日 21:36
こんばんは!いつもありがとうございます!
あのクライマックス、あたしは感動しました。
映像、なんですね。
でも、あの静寂を破って、再び戦闘開始、、、
これ、要らなかったかも。
CINECHAN
2007年04月02日 23:49
猫姫少佐現品限り殿、コメントありがとうございます。
あのクライマックスは感動ものでしたよね。
それだけというのはわかる気もしますが。
その後の戦闘開始・・何か昔のギャグっぽい感じもしますね。

この記事へのトラックバック

  • 真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』

    Excerpt: (2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-11-28 02:52
  • トゥモロー・ワールド/クライヴ・オーウェン

    Excerpt: 予告編の雰囲気では、もっと未来的な印象だったけど、2027年という極近未来の物語だったんですね。18年間も子供が誕生していないってことは2009年あたりから生まれなくなったってことですよね。想像出来そ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-11-28 23:41
  • ★「トゥモロー・ワールド」

    Excerpt: 2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-11-29 01:29
  • 127.トゥモロー・ワールド

    Excerpt: 2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている.. Weblog: レザボアCATs racked: 2006-11-29 01:31
  • トゥモロー・ワールド/Children of Men

    Excerpt: "子供のいなくなった未来"を観てきました~{/kaminari/} ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、 SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。 そこでは、イギリス以外の.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2006-11-29 10:19
  • 【 トゥモロー・ワールド 】

    Excerpt: 18年間子供が生まれない状況が続いている2027年の世界。再会した元妻から人類の未来の鍵となる少女の救出を頼まれる主人公を描く近未来SFサスペンス。 うん、多分観た人はたいがい凄いと言うと思う、.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2006-11-30 01:05
  • 「トゥモロー・ワールド」見てきました

    Excerpt:  SF映画かと思っていた「トゥモロー・ワールド」を見てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-11-30 02:17
  • [映画]「トゥモロー・ワールド」監督アルフォンソ・キュアロン at 109シネマズHAT神戸。

    Excerpt: 2027年、世界中の主要都市はテロと異常気象で崩壊し、英国だけが辛うじて機能していた。しかし人間の体質は異常を来たし、子供が生まれない社会になっている。しかも移民を極端に制限、人種差別が横行している.. Weblog: 映画的日乗 racked: 2006-12-01 10:35
  • トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来

    Excerpt:   「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実は.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2006-12-03 15:28
  • 【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN)

    Excerpt: 2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-12-03 22:49
  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-12-05 01:03
  • トゥモロー・ワールド (Children Of Men)

    Excerpt: 監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-12-13 16:42
  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt: 土曜日の2本目は「トゥモロー・ワールド」 2027年、人類に子供が誕生しなくなっ Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-12-13 22:57
  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt:  2027年という年代は、あたかも遠い未来ではない。  今でも近づいている、その先にある世界を描いた作品である。そこに描かれるのは、人類が生殖機能を失ってすでに1.. Weblog: とにかく、映画好きなもので。 racked: 2006-12-17 14:26
  • トゥモロー・ワールド-(映画:2006年153本目)-

    Excerpt: 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・ア.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2006-12-30 09:27
  • 「トゥモロー・ワールド」 子供は希望

    Excerpt: 先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2007-03-25 05:38
  • トゥモロー・ワールド 07078

    Excerpt: トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  .. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-04-01 21:34
  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt: 公式サイト ジュリアン・ムーアがけっこうなチョイ役だったことに驚き(@_@) そしてもっと近未来的な話しなのかなぁ(SFちっく)と思っていたら、どこかの国の内戦みたいな雰囲気でそれも.. Weblog: CinemA*s Cafe racked: 2007-04-21 08:32
  • 銃声と産声

    Excerpt: 『トゥモロー・ワールド』を観た。 2008年、世界中に吹き荒れたインフルエンザにより、消えた子供達。 人類が生殖能力を失ったリアルな世界観。 英国以外全部崩壊した近未来の世紀末。 &nb.. Weblog: ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル racked: 2007-05-12 18:20
  • トゥモローワールド

    Excerpt: 未読ですが原作は、 イギリスの女流ミステリー作家・P.D.ジェイムズのベストセラー 「The Children of Men(人類の子供たち)」だそうですね。 DVDで鑑賞。 西暦2027.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-07-03 08:51
  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt:  『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ~.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-02-17 20:20
  • トゥモロー・ワールド

    Excerpt: 唯一の希望を失えば、人類に明日はない Weblog: Addict allcinema 映画レビュー racked: 2009-08-30 16:57
  • 「トゥモロー・ワールド」

    Excerpt: お勧め度:★★★☆☆ 製作: 2006年 英 監督: アルフォンソ・キュアロン 出演: クライヴ・オーウェン / ジュリアン・ムーア / マイケル・ケイン / キウェテル・イジョフォー / チャ.. Weblog: ドゥル的映画鑑賞ダイアリー racked: 2010-07-29 12:32
  • 【映画】トゥモロー・ワールド

    Excerpt: <トゥモロー・ワールド を観ました> 原題:Children of Men 製作:2006年イギリス・アメリカ合作 小説家の戸梶圭太さんからお勧めしてもらって鑑賞しました。 前からチラチラ面.. Weblog: ★紅茶屋ロンド★ racked: 2012-01-16 22:59