249「カポーティ」(アメリカ)

本当は助けようとは思ってなかった・・
 1959年11月、カンザス州の田舎町で起きた一家4人惨殺の記事に目を留めた作家トルーマン・カポーティ。彼はその事件について書きたいと、友人のネル・ハーパー・リーと共にカンザスへ出かける。彼は、そこで殺人犯として逮捕された二人組みの一人、ペリー・スミスに惹かれていく。彼にはどこか自分と同じ、孤独で傷つきやすい心を持っていると感じ取る。取材を通して心を通わせていくカポーティとスミス。しかし、スミスは肝心の殺害時のこととその理由は語らない。更に二人の死刑執行は延期され、執筆も停滞する。ペリーが死刑にならなければ、小説は完成しない。しかし、ペリーの死を怖れながら、切望もするカポーティ。彼は深い苦悩に苛まれる。

 トルーマン・カポーティと言えば、「ティファニーで朝食を」と本作の題材にもなった「冷血」。それ以外はよく知らない。本作でアカデミー主演男優賞を獲得したフィリップ・シーモア・ホフマン。彼の話し方、立ち居振る舞いはカポーティそっくりだと言われている。
 また、彼がゲイであったということは知らなかった。本作でもはっきりとは語られていないが、それとなく匂わせるシーンはいくつもある。
 これらのことを知っていれば、もう少し楽しめる作品になったかもしれない。

 人気作家となり、セレブとして光り輝いていたカポーティ。当時のパーティの様子からもその様を窺うことが出来る。彼が小説を書けなくなった理由、その間の苦悩が描かれているようだが、そこがもう一つ深く描ききれていないように感じる。
 小説を完成させるためにペリーの死を望むというのはわかるが、ペリーに惹かれていく様はそんなに深く描かれてなかったのでは。
 またペリーという人間も今ひとつわかりづらい感じがした。本当に孤独で傷つきやすい人間なのか? それとも・・・?

 もう少しカポーティとペリーとの関わりを描けば、もう少しその心情が見えてきたかもしれない。淡々とした感じがあり、ことの成り行きに注目はさせられるものの、感情までは入りきれない作品だった。

/5

監督:ベネット・ミラー
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリス・クーパー
    ブルース・グリーンウッド、クリフトン・コリンズJr.、マーク・ペレグリノ
於:日比谷シャンテ・シネ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月21日 19:04
こんばんは~☆
>彼がゲイであったということは知らなかった。本作でもはっきりとは語られていないが、それとなく匂わせるシーンはいくつもある
そうなんですよね。
あとですね、ちょっと物足りなかったのが、予告で使われていたカポーティが仮面をつけて社交界でパーティをしている、などの映像が、本編でカットされていたんですよね。
カポーティの知名度が、そこまで浸透しているわけでない日本においては、少し不親切な映画だったと思いますね^^;
睦月
2006年11月21日 19:36
こんにちわ!TB&コメントありがとうございました。

ぐああ!評価が付いてる!
これ、これ・・・スライム?何?この青い小粒みたいなのは(苦笑)。
前、睦月からCINECHANさんに「星取りしてよお!」って頼んだことあったでしょ?・・・もしかしてその願いをきいてくれたの?ウッヒャ!

さてこの作品・・・。
あらゆる描写や人物背景などが、あいまいなものが多くて・・・イマイチ入り込めないというか移入できずじまいになってしまうのも否めなかったですね。
ただただホフマンの演技に圧倒されてしまったという感じがするんだけど(苦笑)。

この映画の影響で冷血を買いましたが・・・いまだ読破できてません・・。
2006年11月21日 20:24
こんばんわ。
TB&あったかコメントをどうもありがとうございました。
評価のマーク、とても可愛らしいですね。《ぴちょんくん》みたい。(知ってるかしら)
この作品は、淡々としていましたよね。何か、作品がどうとか言うよりも、カポーティという人物が掴みどころのない人なのかなぁ という印象を受けました。それ程にホフマンさんのパフォーマンスに説得力があったとでも言いましょうか。ちょっと贔屓目なコメントですが(笑)。
私も、原作を読み始めました。まだ3分の1も進んでいないのですが、これがまた、なかなか入り込めなくて(汗)。面白くなっていくのかしら~、ちょっと不安もあります。
映画を見て原作も読めば、少しは印象も変わるかもしれないなーなんて。
2006年11月21日 23:58
CINECHANさん、こんばんわ。
「冷血」とはカポーティその人のこと。というのが一番の感想ですね。
自らの「冷血」な部分に気づき、苦悩した。ペリーでも恋人でもなく、常に自分自身に目が向いていたのでは?と思えてなりません。
そういう風に自然に解釈し納得した私って、自分にも「冷血」な部分があるからかも知れませんね。
CINECHAN
2006年11月22日 23:48
とらねこさん、コメントありがとうございます。
やっぱり日本人とアメリカ人のカポーティへの認識の違いってあるんですかね? 確かに説明不足のような、不親切な感じでした。
>カポーティが仮面をつけて社交界でパーティをしている、などの映像が、本編でカットされていたんですよね。
そんな予告シーンありましったけ? でももう少しセレブのパーティ・シーンなんか見てみたかったです。
CINECHAN
2006年11月22日 23:53
睦月さん、いらっしゃいませ~
おおう、気が付いてもらえましたか。
確かにオフ会の時に言われたので、どうしようかなぁ、とずっと思ってたんですが、先日絵文字が使えるようになったので、思い切って採点表入れることにしました。(笑)

ホフマンの演技には圧倒されましたが、やっぱり、今ひとつ描写が浅い、という感じがしましたぁ・・

そうですかぁ。「冷血」読んでるんですね。私は手を触れようとは思いません。多分読破できないだろうから(苦笑)。
CINECHAN
2006年11月23日 00:03
隣の評論家さん、コメントありがとうございます。腰は大丈夫ですかぁ?

え~と、採点表のマークは・・よくわかりませんが、「ビッグローブ君」らしいです。??? 言われれば「ぴちょんくん」に似ているような・・

カポーティのような人が身近にいたら、やっぱり付き合いは難しいかなぁ? ただ、この作品ではどうも彼の心情が今ひとつわからず、途中からいきなり悩みだしたという印象がありました。もしかすると、それまでの彼は「冷血」だったのかもしれませんが。
CINECHAN
2006年11月23日 00:08
HIROMIC WORLDさん、コメントありがとうございます。
実は隣の評論家さんへのコメントを書いていて、思ったんですが、やっぱり「冷血」ってカポーティのことかもしれない、と思いました。
そこはHIROMIC WORLDさんの言われたことも、そうかもしれない、と感じました。それ故彼の感情も分かりづらかったのかと・・うむ。自分で納得してしまいました。私も冷血?(笑)

この記事へのトラックバック

  • ★「カポーティ」

    Excerpt: この作品で2005年度のオスカー主演男優賞を取った、フィリップ・シーモア・ホフマン。 名前が長いので、略してP・S・Hとしておこう。 受賞するとは思ってなかったのか、だいぶ経ってからの公開。 こ.. Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-11-21 00:24
  • カポーティ

    Excerpt: ノンフィクションノベル、「冷血」 を執筆するカポーティの姿を描いた作品です。 何と言っても、主演したフィリップ・シーモア・ホフマンが光っています。 フィリップ・シーモア・ホフマン自身が.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-11-21 00:58
  • 「カポーティ」

    Excerpt: 「カポーティ」シャンテシネで鑑賞 フィリップ・シーモア・ホフマンが主演賞をとったということで話題が先行してしまったようです。とっても地味な作品。ホフマンは当然の事ながらプロデューサーとしても名前.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-11-21 08:09
  • カポーティ/フィリップ・シーモア・ホフマン

    Excerpt: トルーマン・カポーティのノンフィクション作品「冷血」の書き上がるまでを描いたヒューマンドラマ。トルーマン・カポーティの名前くらいは聞き覚えがありましたが「ティファニーで朝食を」の作者だとは全く知らなか.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-11-21 10:19
  • 108.カポーティ

    Excerpt: 『ティファニーで朝食を』、『遠い部屋、遠い声』の作家トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説『冷血』を書き上げるまでの数年間を描いた本作。脇役として面白い存在感をこれまでにも放っていた、フィリッ.. Weblog: レザボアCATs racked: 2006-11-21 19:06
  • カポーティ

    Excerpt: 「カポーティ」 CAPOTE/製作:2005年、アメリカ 114分 監督:ベネッ Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-11-21 20:16
  • カポーティ

    Excerpt: 本日の2本目は「カポーティ」 人気作家トルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモ Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-11-22 00:00
  • カポーティ

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ノンフィクションに人生を侵食された小説家   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-11-22 02:31
  • 真・映画日記『カポーティ』

    Excerpt: 10月5日(木) 仕事がものすごく忙しかった。 全体的にではなく個人的に。 夕方前の2時間で御成門から八丁堀-京橋-日本橋-八重洲-日比谷とめまぐるしく回る。 おまけに雨。 会社に戻って.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-11-23 17:59
  • カポーティ

    Excerpt: 小説のタイトルが「冷血」と決まりながらも、それを言えずにいるカポーティ。 そして衝撃の施行現場を目の当たりにする事になる。 「冷血」、それは作品のタイトルでありながら、カポーティ自身を比喩している.. Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2006-11-24 00:24
  • カポーティ

    Excerpt: 昨年のアカデミー賞で、フィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞を 獲得した「カポーティ 」。 念願かなって、先日やっと見ることができました。 待ちに待ちかねた作品であっただけに、多大な.. Weblog: お日柄もよく映画日和♪ racked: 2007-02-12 14:33
  • [ カポーティ ]人は僕の外見だけで普通じゃないと決めつける

    Excerpt: [ カポーティ ]を恵比寿で鑑賞。 上映前に、実物トルーマン・カポーティ本人の朗読会のテープが流された。その声を聞くと、本作でフィリップ・シーモア・ホフマンがいかに完璧にカポーティを演じきったか.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2007-03-02 01:12
  • 『カポーティ』

    Excerpt: 何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。     ■監督 ベネット・ミラー■原作 ジェラルド・クラーク■脚本 ダン・ファターマン■キャスト フィリップ・シーモア・ホフマン.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-03-02 08:40
  • カポーティ (Capote)

    Excerpt: 監督 ベネット・ミラー 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2005年 アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ 非常に単純な生き物なので、誰かが自分の事を好きでいてくれているってだけで勇気や.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2007-04-02 09:10
  • 冷血の宿

    Excerpt: 「カポーティ」 「ホステル」 Weblog: Akira's VOICE racked: 2007-04-03 12:37
  • カポーティ-(映画:2007年43本目)-

    Excerpt: 監督:ベネット・ミラー 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズ・Jr、クリス・クーパー 評価:78点 公式サイト (ネタバレあります).. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-04-07 19:00
  • 声域と聖域

    Excerpt: 『カポーティ』を観た。 会話の94%を記憶する『ティファニーで朝食を』の作家。 トルーマン・カポーティが事実上最後の傑作『冷血』を書き上げるまでを描く。   鼻の下と上唇の動き.. Weblog: ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル racked: 2007-04-14 17:33
  • カポーティ

    Excerpt: 評価:88点 原題 CAPOTE 監督 ベネット・ミラー 脚本 ダン・ファターマン 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリス・クーパー <あらすじ Weblog: ファンシーファンシーゲリラ racked: 2007-05-02 12:52
  • 映画『カポーティ』

    Excerpt: 原題:Capote 「ティファニーで朝食を」の作家が、ノンフィクション小説の新たな地平を築き上げるべく野心を持って取り組んだ問題作「冷血」・・ハードでシビアな物語・・・ トルーマン.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-12-28 00:16
  • Sad Movie サッド・ムービー

    Excerpt:  『愛はどうして終わる瞬間に 一番輝くんだろう。』  コチラの「Sad Movie サッド・ムービー」は、11/11公開のタイトルの通り悲しくて切ない別れの瞬間を集めた8人の男女の群像映画なんで.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-02-29 22:50
  • カポーティ

    Excerpt:  『何よりも君の死を恐れ、 誰よりも君の死を望む。』  コチラの「カポーティ」は、演技派俳優として知られるフィリップ・シーモア・ホフマンが、初めて製作総指揮と主演を務め、アカデミー賞をはじめとす.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-03-01 18:54
  • 『カポーティ』を観たぞ~!

    Excerpt: ちゃんと読んだ事はないけど、ノンフィクション・ノベル『冷血』はこんな風に生まれたんですね。好奇心と自らの成功のため死刑囚ペリー・スミスに近づいていっ Weblog: おきらく楽天 映画生活 racked: 2008-04-20 23:11