224「フラガール」(日本)

新たな時代を築くのはアマっ子たち
 昭和40年福島県いわき市。押し寄せる時代の波で閉鎖に迫られる炭鉱。そこで北国をハワイにしようというプロジェクトが持ち上がり、地元の女性からフラダンスのダンサーを集めることに。東京からダンサーの教師として平山まどかがやってくる。
 親友の小百合の付き添いで最初は気が進まずにダンサーの応募に応えた紀美子だったが、徐々にダンスに惹かれていく。
 しかし、まだまだ閉鎖的な町ではハワイアン・センターの設立に反対する人々もおり、紀美子も母親と対立し、家を飛び出す。
 果たして常夏の楽園は無事誕生し、彼女たちはダンサーとしてオープン初日を迎えられるのか?

 フラダンスというのは何となくゆったりとした踊りというイメージが強かったが、これを観ると、そんなことはなく激しい踊りもある。このスピード感が結構ラストには効いてきている。
 ストーリー自体はそれほど目新しいものではないだろう。向かい風の中で新たなことをやろうという人々の悪戦苦闘。旧い考えを持ち続ける町の人々の冷たい視線。仲間との別れ。事故。ラストには成功するのだが、そこまでを笑いと涙で見せてくれる。

 夢を見ることを許されなかった町で、夢を見つけた女性の羽ばたき、そしてどこかいわくありげで、炭鉱町へ流れてきたダンス教師の再生、ダンサーたちとの絆。そして町の再生。色々な要素が加わり、クライマックスのダンス・シーンへと向かっていく。
 ラストのダンス・シーンは気持ちも高揚させ、圧巻である。

 個人的には、平山まどかが一度町を去ろうと電車に乗っている時に、ダンサーたちが追いかけて連れ戻そうとするシーン。陳腐な台詞を聞かされるかと思ったが、これはやられた。

監督:李相日
出演:松雪泰子、豊川悦史、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子
於:シネカノン有楽町
フラガール plus 1
ソニーミュージックエンタテインメント
2007-02-21
サントラ

ユーザレビュー:
フラガールインストバ ...
FMで聞いたのが日本 ...
一番聴きたかった曲が ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月23日 23:23
CINECHANさん、こんばんわ。
もしや、大泣き???
私は、この作品、結構泣きましたよ~!松雪泰子を女優として見直したことと、静ちゃんの熱演。この2つを会社の友達に熱く語ってしまいました。
2006年10月23日 23:53
CINECHANさん、こんばんはぁ
っとっと、ご覧になりましたかぁ~!?等と言う
本人もしっかりと愛でましたよん!!
ベタだ何だと言っても、単純に楽しめる清涼感の
あるいい作品だったと思いますぅ~

日本映画の良さを改めて実感させられました!
最近、何故か(?)邦画に惹かてたりするんですなぁハハ
2006年10月24日 15:43
こんにちは!
あたしはみんな良かったケド、
特に純子さん。感動しました!
あとね、松雪も蒼井も、もっとお尻が大きかったらねぇ、、、
今時の体型だから、あたしと一緒で、お尻が小さいのよねぇ。
フラにはもっと大きいお尻が必要です!
2006年10月24日 20:24
どもー。TB&コメントありがとうございました。
おや?さては、大泣きしましたねっ?ふっっふっふ、私もです。
フラダンスって緩やかな動きというイメージありますけど、本作を見て激しいんだなぁと思いました。そう言えば、ハワイに行った時、現地のフラダンスショー見ましたけど。男性陣のみならず、女性陣も腹筋が8つくらいに割れていてビックリしましたわー
ところで、CINECHANは関西の方だったんですねー 気づきもしなかったっ。関西弁は消えてますか(笑)?
CINECHAN
2006年10月25日 00:18
HIROMIC WORLDさん、こんばんは~
いやいや、大泣きしてませんよぉ(汗)
ちょっとジーンとしただけで・・・でもあの後、予告編をまた観たら、ジーンとしてしまいました。
静ちゃんに関しては、あれ以上の演技はどうかなぁ・・? と思いましたけど、いい味出してました。
CINECHAN
2006年10月25日 00:21
purple in satoさん、いらっしゃいませ。
結末もわかってる作品ですけど、楽しめる作品でした。
ジーンとする場面もありました。爽快感もありましたね。
私も結構最近の邦画はいいと思いますよ。細々と公開してるものもありますが。この「フラガール」も正直中規模公開みたいですけどね。
またお越しください。
CINECHAN
2006年10月25日 00:26
隣の評論家さん、コメントありがとうございます。
大泣きじゃないですよ~ ちょっとホロリとしただけでぇ・・
でもその回数は何回あったかなぁ・・?
でも、本当に激しいダンスでしたよね。ちょっとイメージが違ったけど、あの激しいダンス・シーンのクライマックスには気持ちも高まりました。
ここでもホロリ・・・

東京出てきて十云年、えらい中途半端な言葉になりました(泣)
CINECHAN
2006年10月25日 00:38
猫姫少佐現品限り殿、コメントありがとうございます。
「スイング・ガールズ」と似た作品ですが、結果はわかっていても、引き込まれますね。
お尻が大きい方がフラにはいいんですか? そう言えば、大柄な女性のイメージもフラにはありますな。
睦月
2006年10月26日 00:04
こんばんわ。TB&コメントありがとうございました!
個人的にはあんまり入り込めなかった作品ですが、でもこれは女優さんたちの努力あってこその作品と言う気がしましたね。
松雪さんの存在感はもちろん、蒼井さんのダンスシーンなんかはホントに圧巻でした。

しずちゃんもなかなかにいい仕事してましたよね(笑)。
CINECHAN
2006年10月27日 00:20
睦月さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
蒼井優のダンスには感心しました。かなり努力したんだろうなぁ、と思います。松雪も良かったですね。彼女たちのダンスが見ている人の心を動かすほどでしたから。
ま、しずちゃんはああいう感じで。
2006年11月18日 18:55
TBありがとう。
あの電車の別れのフラダンスのシーンも泣かせますが、実話のエピソードが基になっているそうです。嘘みたいだけど。
CINECHAN
2006年11月19日 14:10
kimion20002000さん、コメントありがとうございます。
そうなんですかぁ・・あれも実際のエピソードなんですか?
完全に映画の中でのエピソードと思ってました。
あそこのシーンはやられますねぇ。

この記事へのトラックバック

  • 映画「フラガール」

    Excerpt: 泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-10-23 01:56
  • フラガール

    Excerpt: 泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネ.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-10-23 07:34
  • フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優

    Excerpt: 南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従っ.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-10-23 08:22
  • フラガール

    Excerpt: 感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い! Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-10-23 10:37
  • 「フラガール」

    Excerpt: 「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのと.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-10-23 16:49
  • フラガール

    Excerpt: 日曜日の1本は「フラガール」 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアン Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-10-23 21:53
  • フラガール 06年205本目

    Excerpt: フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2006-10-24 15:44
  • フラガール

    Excerpt: 「フラガール」 製作:2006年、日本 120分 監督、脚本:李相日 出演:松雪 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-10-24 20:18
  • 真・映画日記『フラガール』

    Excerpt: 9月28日(木) 久々によく晴れた一日。 少し暑い。 仕事はそこそこ。 夕方、「チケットフナキ」虎ノ門店に寄る。 『フラガール』を見る予定だが、 時間がぎりぎり。 念のため、.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-10-25 07:39
  • 106.フラガール

    Excerpt: もう、この作品、まず第一に舞台設定が最高だ!!常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアン)と聞いて、なんだか知らないがアツイものがこみあげてくる自分がいるんですよ。 Weblog: レザボアCATs racked: 2006-10-25 08:15
  • フラガール

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  私、生粋の東北人です・・・   Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-10-29 02:54
  • フラガール

    Excerpt: 「父親たちの星条旗 」の試写会を一緒に観に行った友人が この作品を観て常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に 行きたくなったので一緒に行ってくれる人を探してる、とか。 私の.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-11-04 08:05
  • 映画「フラガール」を観てきた

    Excerpt: 昨日,久しぶりに映画館に行ってきました。 観てきたのは「フラガール」。 今から40年前,石炭から石油へのエネルギーシフトが急激に進展し,炭鉱の斜陽化が進んでいく中で,炭鉱の閉山という危機的状況を乗り.. Weblog: 何でも見てやろう racked: 2006-11-04 12:59
  • NO.177「フラガール」(日本/李相日監督)

    Excerpt: 邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2006-11-08 14:59
  • フラガール

    Excerpt: 監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山.. Weblog: BLACK&WHITE racked: 2006-11-23 10:06
  • フラガール 2006-64

    Excerpt: 「フラガール」を観てきました~♪ 昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築と.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2006-11-25 07:48
  • 素敵なフラガールたち

    Excerpt:  映画「フラガール」を観ました。  「面白いし、感動的!」&「シナリオの勉強になりそう!」という意見を聞いたからには、何が何でも観なくては! と、映画館へ向かったのです。  物語の舞台は昭.. Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 racked: 2006-12-16 19:22
  • フラガール-(映画:2007年25本目)-

    Excerpt: 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 .. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-02-24 22:25
  • 松雪泰子ドラマ「法の庭」

    Excerpt: 松雪泰子:ドラマ「法の庭」で敏腕検事に主演 人気マンガ家の本宮ひろ志さんのプロデュースで(サラリーマン金太郎)などでも知られる、法曹界を描いたマン... Weblog: いつの間にか私は主夫 racked: 2007-06-15 00:31
  • フラガール <ネタバレあり>

    Excerpt: 昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでも.. Weblog: HAPPYMANIA racked: 2007-06-15 05:56
  • フラガール&ベノワ

    Excerpt: フラガールは内容が実際の話が元になってる昨年の邦画No.1だったけど 全体的に良くて最後の方のフラの所は泣く事は無かったけども凄く感動して 松雪泰子の先生に蒼井優と富司純子の親子なども凄く良く大満.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2007-06-27 19:48
  • フラガール

    Excerpt: 2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭.. Weblog: mama racked: 2008-02-13 18:20
  • フラガール

    Excerpt:  『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセ.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-03-22 17:51
  • フラガール

    Excerpt: 未来をあきらめない Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2010-02-07 11:43