152「ディセント」(イギリス)

暗闇にひとつき
 年に一度急流下りなどの冒険を楽しむ女ともだち。サラが夫と娘を亡くした一年後再び集まった女ともだち6人はアメリカ・アパラチア山脈の地下洞窟を探検することに。楽しいケイビングになるはずだったが、落盤により出口が塞がれ、暗闇の中。彼女たちは恐ろしい光景と想像を絶する恐怖を体験する。

 最初の方のシーンでかなり驚いた。画面を観ていて、あれ? ぶつかりそう・・と思っていたら、ガシャーン! さらにブスッ!
 さてやはり地下の洞窟という設定がこの作品の恐怖感をかなり煽っているのではないだろうか。特殊な空間であるし、暗闇の恐怖感。窒息しそうなほどの閉塞感。これに加えて、6人の女性たちの間の絆が崩れ始め、言い争いが始まったりする。
 前半は暗闇というものが誘う、恐怖、憎悪が徐々に広がっていく。
 そして後半はジェット・コースターのように話は展開し、恐怖が一気に増加する。女性たちが肉体を使ってのアクション・シーンもある。サラが女戦士みたいになったり・・・

 この作品、あまり書くとネタばれになってしまうので書けないが、6人とも女性であるということが良かったのではないかとは思うが、もう少し女性たちの感情を見せてくれても面白かったかも。
 音で驚かすシーンもいくつかあったが、結構緊張感一杯のホラーである。

監督:ニール・マーシャル
出演:シャウナ・マクドナルド、ナタリー・メンドーサ、アレックス・リード
    サスキア・マルダー、ノーラ・ジェーン・ヌーン、マイアンナ・バリング
於:シネセゾン渋谷

ディセント
楽天ブックス
出演:ナタリー・メンドーザ(Natalie Mendoza)/アレックス・ライド(Alex Reid


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

睦月
2006年07月25日 23:56
こんばんわ・・・。すんません。また、またこんなにご無沙汰してしまって。なんだか一向に落ち着く気配がないのですが、一体どうしたらいいでしょうか?ブログを休んでしまったほうがいいでしょうか?

ということで・・・お元気ですか?暑さに負けていませんか?
そんな暑さを吹き飛ばす・・・結構な怖さな映画でしたよ。ビビりな睦月にはもうたまらない恐ろしさの作品でした(泣)
人物描写はかなり淡白な印象でしたが、それをも覆うほどのあの恐怖感・・・快作でございました。
2006年07月26日 00:53
こんにちは、CINECHANさん。TB&コメントありがとうございます。
思ってもみなかった拾いモノって言ったらこの作品に失礼かな?
でも、最近のホラーでここまで緊張が持続したのってあったかなぁ。すぐには出てこないや。
これはすごく楽しめました。
CINECHAN
2006年07月27日 00:48
もじゃさん、コメントありがとうございました。
前半部と後半部がうまく流れていったという感じでしたね。なかなか緊張感ある作品でした。ラストに変に人間ドラマを入れなかったのもいいのかも・・
CINECHAN
2006年07月27日 00:50
睦月さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
もうちょっと女性陣のどろどろ加減を描いていれば、精神面でも楽しめたかもしれませんね。
でも、なかなか緊張感たっぷりの作品でした。
2006年07月27日 19:36
CINECHANさん、こんにちわ。
観て来ました!もっと恐がると思っていたのに、異形の皆さんが・・・という展開で我に返っていました。
仰るように、女性達の関係性やハラの中については説明不足でしたねー。最後、サラの取った行動について、もうちょっと丹念に描いて欲しかった気もしました。まぁ、余りドロドロ部分を露見させると、異形の皆さんよりの恐怖よりも息苦しくて怖い作品に仕上がっていたような気もします。
CINECHAN
2006年07月28日 01:05
隣の評論家さん、こんばんは。
まあ怖がるというか、緊張感ある作品だったと思いますよ。
私ももうちょっと女性同士のどろどろした部分を見せてほしかったような気がします。
2006年08月30日 22:50
CINECHANさん、こんばんはぁ
またまた遅蒔きながらのおじゃまです…ふぅ
>6人とも女性であるということが良かったのでは
は~い!その通りだと思いますです。
女性だけというところに、極限に至る感情的な変動が
大きく影響しているのでは?う~む
(劇中、具体的にはありませんが…感覚的なものっす)
B級としては大満足な作品なのでしたぁハハ
CINECHAN
2006年08月31日 09:31
purple in satoさん、コメントありがとうございます。
>女性だけというところに、極限に至る感情的な変動が
大きく影響しているのでは?
私もそう思いますよ。これが続いていくと思いきや、後半は・・・
でも、なかなか面白い作品でしたよ。
2007年02月13日 01:49
こんばんは!
最後、なんだったんでしょうね?
わけわからないから、無視しました。
面白かった!
CINECHAN
2007年02月13日 23:37
猫姫少佐現品限り殿、コメントありがとうございます。
ラストはわかりませんでしたねぇ。
でも設定やらは結構面白かったです。
洞穴というのが閉塞感があって良かったです。

この記事へのトラックバック

  • 真・映画日記『ディセント』

    Excerpt: 7月19日(水) 朝から雨。 それに少し肌寒いくらいの涼しさ。 レインコートを脱いだり着たりするのは面倒だが、 暑くないのが幸いである。 日中、これといったことはない。 18時.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2006-07-22 16:54
  • ディセント(2005/イギリス/ニール・マーシャル)

    Excerpt: 【シネセゾン渋谷】 冒険好きのサラ(シャウナ・マクドナルド)は、一年前の交通事故で愛する夫と娘を失ったショックからいまだ立ち直れずにいた。そんな彼女を励まそうと、友人たちが冒険旅行に誘う。リーダ.. Weblog: CINEMANIAX! racked: 2006-07-24 22:12
  • 【 ディセント 】

    Excerpt: 冒険好きの女性6人が洞窟へ探検に入るが落盤で出口を塞がれてしまう。英国製サスペンス・ホラー。 狭い洞窟の中で次々起こるアクシデントは観ていてドキドキしました。場所が洞窟って言うのが効いていますね.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2006-07-26 00:49
  • ディセント

    Excerpt: 2006年7月15日公開  登山家は、何故山に登るのか!?と聞かれれば「そこに山があるからだ。」と答える。  では、洞窟探検が好きな人は、「そこに穴があるからだ。」という感じなんでしょうか!?.. Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本について racked: 2006-07-27 11:57
  • ディセント

    Excerpt: 「ディセント」 THE DESCENT/製作:2005年、イギリス 99分 R- Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-07-27 19:32
  • 暗闇に何かいる!in アメリカ 映画『ディセント』

    Excerpt:  あれっ、確か、ホラーって聞いていたはずなのに、洞窟(ケイビング)を舞台にしたスリリングなアドベンチャーものなんじゃないの?  映画の前半部分を観た印象はそんなものでした。ところが後半になると、やっ.. Weblog: 海から始まる!? racked: 2006-07-31 21:07
  • ディセント

    Excerpt: 映画館で、出演:シャウナ・マクドナルド/ナタリー・メンドーサ/アレックス・リード/サスキア・マルダー/マイアンナ・バリング/ノラ=ジェーン・ヌーン/オリヴァー・ミルバーン/モリー・ケイル/レスリー・シ.. Weblog: Rohi-ta_site.com racked: 2006-08-03 13:19
  • ディセント(映画館)

    Excerpt: 地下3000メートルの洞窟に閉じ込められたら 狂気に陥ってもおかしくない・・・ CAST:シャウナ・マクドナルド/ナタリー・メンドーサ/アレックス・リード/サスキア・マルダー/マイアンナ・バーリング .. Weblog: ひるめし。 racked: 2006-08-06 14:24
  • ディセント-(映画:2006年103本目)-

    Excerpt: 監督:ニール・マーシャル 出演:シャウナ・マクドナルド、ナタリー・メンドーサ、アレックス・リード、サスキア・マルダー 評価:78点 公式サイト .. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2006-08-07 18:21
  • ディセント

    Excerpt: 女性だけの探検隊が洞窟に閉じ込められ、闇の中で恐怖に支配されていくさまを描いたショッキング・ホラー。 出演は「リトル・ランナー」のシャウナ・マクドナルド、ナタリー・メンドーサ、「アラクニッド」「S... Weblog: Imagination From The Other Side racked: 2006-08-08 17:37
  • 「ディセント」やっぱり女性は強いのだ

    Excerpt: 「ディセント」★★★☆オススメ(恐怖映画好き限定) アレックス・リード、 オリバー・ミルバーン 主演 ニール・マーシャル 監督、2006年イギリス 冒頭から何かが起きそうな、 うまい見せ方.. Weblog: soramove racked: 2006-08-12 01:32
  • ディセント

    Excerpt: 冒険好きな女性、サラ(シャウナ・マクドナルド)は交通事故に遭遇し、夫と娘を亡くす Weblog: 大発狂!外国映画DEナンボ? racked: 2006-08-15 02:36
  • 「ディセント」

    Excerpt: イギリス発アドベンチャーホラー 冒頭、いきなり顔面崩壊の残酷な交通事故という悲劇から始まり・・・。 それを伏線にして、賑やか女6人が洞窟探検という自ら危険な目に遭いにいく・・・。 前半はたい.. Weblog: 雑板屋 racked: 2006-08-25 01:26
  • FUN … 『ディセント』

    Excerpt: 【funfun screaming movie】 Weblog: FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~ racked: 2006-08-30 23:09
  • ディセント

    Excerpt: ヨーロッパ全土を震撼させた 噂の“ディセント・ショック”がついに日本上陸! それは未体験の絶対恐怖・・・。 出口なし!逃げ場なし!酸素なし! 地獄と化した暗闇の洞窟で、 いったい何が起こった.. Weblog: 映画とはずがたり racked: 2006-09-01 23:25
  • ディセント

    Excerpt: 洞窟に潜ったら偉い目に有ったよ! 予定外の行動はしないほうが良いという諭し系ホラーです(笑) 妄想感想いきます。 Weblog: オイラの妄想感想日記 racked: 2006-09-06 14:56
  • 映画「ディセント」

    Excerpt: DVDで観ました。「ドッグ・ソルジャー」のニール・マーシャル監督作品。女性だけの探検隊が地図もない洞窟に閉じ込められ、闇の中で出口を求めて迷走、やがて尋常ならざる恐怖に支配されていくさまを描く。冒頭で.. Weblog: しょうちゃんの映画ブログ racked: 2006-12-01 00:04
  • ディセント (The Descent)

    Excerpt: 監督 ニール・マーシャル 主演 シャウナ・マクドナルド 2005年 イギリス映画 99分 ホラー 採点★★★★ 地底人と言えば「オレは誰よりも下に居るー!俺の下には誰も居ないー!」と、ごもっともだが.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-12-03 00:01
  • ディセント

    Excerpt: 詰めが甘いホラーアドベンチャー Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-12-08 17:07
  • 【洋画】ディセント

    Excerpt: A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B (演技3/演出3/脚本2/撮影2/音響3/音楽2/.. Weblog: ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! racked: 2007-01-12 09:15
  • 映画鑑賞感想文『ディセント』

    Excerpt: さるおです。 『THE DESCENT/ディセント』を観たよ。 監督・脚本は、「生き残るのは獣様か、俺様か?」という泣けるキャッチコピーなのにイギリスでスマッシュヒットした力作『DOG SOLDIER.. Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー racked: 2007-01-13 15:00
  • ディセント 07043

    Excerpt: ディセント THE DESCENT 2005年 英   ニール・マーシャル 監督シャウナ・マクドナルド ナタリー・メンドーサ アレックス・リード サスキア・マルダー マイアンナ・バリング ノーラ・ジ.. Weblog: 猫姫じゃ racked: 2007-02-13 01:50
  • ディセントって怖いの?

    Excerpt: ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。「0:34」と同じイギリスホラー「ディセント」観ました。 あらすじ:6人の女たちが訪れた、地下数マイルに続く異世界。洞窟探検での偶然の事故が.. Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの? racked: 2007-09-20 02:08
  • ディセント

    Excerpt: 夢の夢 見果てぬ現に 永久の居所     小学校の頃のこと。そんなに国語という科目が得意ではありませんでした。特に大嫌いだったのが本の感想文。その本を読んだことがない人に感想文を読ませるなら、.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2008-01-06 18:13
  • ディセント 評価:★★

    Excerpt: レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます Weblog: 20XX年問題 racked: 2008-06-01 17:31