114「水に棲む花」(日本)

水の世界でしか生きられない・・
 何の予備知識もなく鑑賞。何となくホラーかな? と思って観にいったのだが・・
 「天は赤い河ののほとり」などのコミックスで有名な漫画家・篠原千絵が本作も原作を描いている・・・らしい。正直私は知らない。少女コミックらしいので。
 生徒35名を乗せたバスが川へ転落。たった一人生き残ったのが二階堂六花(りっか)。ところが、その日を境に身体の調子がおかしく、無性に水を欲する。さらに背中に不思議な花びらの形のあざができ、徐々にその数が増えていく。
 時を同じくして転校生がやって来る。彼女の名も立夏(りっか)。立夏は六花に対し、何故か憎しみを抱いている。やがて、六花は水にまつわる伝説に巻き込まれることになる。

 ストーリーを見ればホラーのように感じるが、どちらかと言えば、ファンタジーに近いだろう。永島敏行演ずる新聞記者が昔から追っている記事、二階堂家における水神伝説や黒龍と白龍の伝説など興味深い設定もあるが、残念ながらうまく活かされてはいなかった。
 六花演じる前田亜季。「孕み」や「最終兵器彼女」など、どことなく影のある少女がさまになってきたな。立夏演じる北川景子は、うん、なかなか綺麗である。「ワイルド・スピード 東京ドリフト」にも出演しているらしい。

監督:後藤憲治
出演:前田亜季、竹財輝之助、高杉瑞穂、北川景子
    浅利香津代、佐藤恒治、伊藤克信、永島敏行
於:渋谷ユーロスペース

水に棲む花 ~ROMANCE OF DARKNESS~
楽天ブックス
出演:前田亜季(MAEDA AKI)/竹財輝之助(TAKEZAI TERUNOSUKE)監督:後藤憲


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック