110「ブロークン・フラワーズ」(アメリカ)

過去を振り返り、今を見失う
 コンピュータで大もうけをしたドン・ジョンストン。無気力な生活を送っていた彼は一緒に暮らしていた恋人シェリーにふられる。そんな彼の元へ一通の手紙が。ピンクの便箋に赤いインクで書かれた内容は、20年前ドンと別れた後妊娠に気付き、子供を産み、一人で育てた。20歳になるその息子が急に旅に出た。父親を探しに行ったのかもしれない、と書かれていた。差出人は不明。隣人のウィンストンにそそのかされ、息子の母親を探す旅に出るドン。当時付き合っていた4人の女性を訪ねるが、果たして息子の母親は見つかるのか?

 昔は女ったらしだったが、今はすっかり無気力のドンを演ずるビル・マーレイがいい雰囲気を出していた。母親が誰かを突き止めるため過去の恋人を訪ねるのだが、少々ぎこちなく、台詞も会話も少ないのだが、何かおかしさを感じさせる。
 無気力ドンに比べ、女性たちは仕事に家庭に頑張っている感じ。皆活き活きとしている。まあ最後のペニーはそうでもないが。
 過去を振り返り、現在の自分の居場所を見失いそうになるドン。ラストのシーンは悩めるドンを象徴したようなシーン。

 しかし、結末を見ていると、ちょっと物足りない感じも受けるな。全体的にどう捉えればいいのか考えてしまった。
 
 音楽は結構いい感じ。エチオピア音楽なのか?

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、フランセス・コンロイ
    ジェシカ・ラング、ティルダ・スウィントン、ジュリー・デルビー
    マーク・ウェバー、クロエ・セヴィニー
於:新宿武蔵野館
映画「ブロークン・フラワーズ」オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック クラシック
2006-04-05
サントラ

ユーザレビュー:
ゆるくて心地よい映画 ...
寂びれムードがたまり ...
英国式昭和歌謡 ジム ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月27日 02:27
 いつもトラックバックとコメント、いつもありがとう。うん。尻切れトンボのように終わった感はありますね。それがいいのか、「結」を見せるのか・・・私は、ふっと終わる感じがよかった。想像力を膨らませながら、帰りました。  冨田弘嗣
2006年05月27日 10:58
CINECHANさん、こんちわ~
TB&コメントありがとうございます。
ラストは何だか尻切れトンボでしたよね。
アレでいいという事なのでしょうが、私も何だかスッキリできなかったです。「結局、手紙の送り主は誰だったんだろー」と気になってしまいましてん...。
2006年05月27日 19:40
CINECHANさん、いつもありがとですぅ
ラストでの「?」には賛否両論なんでしょうねぇ。
個人的には気になっても「それでいいんだね!」な気持ちに
方向展開したのでしたぁハハ
「Broken Flowers」ですからぁ!?って、何かむちゃくちゃ
ですかねぇヘヘ…(汗)
音楽は正真正銘のエチオピア音楽ですよん♪
やっぱ、ジャームッシュ監督はオタク感がバツグンっす!
2006年05月28日 02:27
CINECHANさん、こんばんわ。
答えが分からないまま、年頃の男性と目が合うたびに、もしや息子では?とドキマギするのでしょうね。いつ本当の息子が現れても平気なように、日常生活を改める良いキッカケになったのでは?
CINECHAN
2006年05月28日 13:03
冨田弘嗣さんコメントありがとうございます。
ラストについては人によって感じ方も違うんでしょうが、こういう余韻を残すようなラストを好む人もいますね。
まあラストが嫌だってわけではないのですが、「結」も観たかった気がします。
CINECHAN
2006年05月28日 13:06
隣の評論家さん、こんにちは。
ストーリー展開から何となく予想はしていましたが、やっぱり送り主はわからぬまま。少しはヒントでも教えてほしかったですね。
でも監督のテイストとビル・マーレイのムードで楽しめる作品でした。
CINECHAN
2006年05月28日 13:10
purple in satoさんコメント、サンキューです。
ジャームッシュ監督の作品は音楽も楽しめる作品ですね。音楽に通じているわけではありませんが、センスの良さを感じます。
エチオピア音楽もいいもんですね。
ラストは・・だんだんこんなものかなぁ、と・・
CINECHAN
2006年05月28日 13:13
HIROMIC WORLDさんこんにちは。
これからの人生、ドンの生活は変わりますかね? いつ息子と会ってもいいように。う~ん「デスティニー」ですな。あ、これは元カレ、元カノのことか。
睦月
2006年05月28日 23:28
こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!

知ってました?最後に車の中からドンをジッと見つめていた青年・・あれってビル・マーレイのホントの息子さんなんですって。
そんなところで粋なことしちゃって・・・ジャームッシュ、なかなかやらかしてくれる監督ですわ♪
CINECHAN
2006年05月29日 01:21
睦月さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
おおおお、そうだったんですか! もちろん知りませんでした。
何か彼に意味があるのか? と思ったままラストを迎えてしまったんですが、それはまた粋な計らいでしたね。

この記事へのトラックバック

  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: シネ・リーブル梅田 私はストーリーを書かないようにしているが、本作に於いては、全体の流れからラストまで書くので、ご容赦願いたい。 とても贅沢で、とても静かな、とても切ない作品を観た。若い頃、付き合っ.. Weblog: 映画評論家人生 racked: 2006-05-27 02:23
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: さえない、やる気のなさそうなくたびれた感じの中年の男性、ドン・ジョンストン。何故かはわからないのですが、ドンはもてるのです。 ある日、ドンのところに届いたピンクの手紙に書かれていたのは、「あなた.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-05-27 08:31
  • ブロークン・フラワーズ:過ぎ去ったことを後悔したって・・ 新宿武蔵野館

    Excerpt: 映画の日二本目はジム・ジャームッシュ6年ぶりの長編新作で、ビル・マーレイが主演とあっては見ないわけにはいかない。 コンピュータ関係で一山当ててあぶく銭をつかんだ、ドン・ジョンストン(ビル・マー.. Weblog: 気ままに映画日記☆ racked: 2006-05-27 09:24
  • 「ブロークン フラワーズ」

    Excerpt: 「ブロークン フラワーズ」シャンテシネで鑑賞 レディースデーなので渋谷で2本と思っていましたが出遅れました。渋谷に別な用事があって時間を調整しようと思ったときには既に遅く、今日の渋谷行きはあきら.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2006-05-27 09:26
  • ブロークン・フラワーズ/ビル・マーレイ、シャロン・ストーン

    Excerpt: 劇場予告編のビル・マーレイを見ているだけで、とっても面白そうで楽しみにしてました。一番最初に予告編を観たのが日比谷のシャンテシネだったし、映画の雰囲気からしてミニシアター系の作品って印象でしたが、意外.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-05-27 10:42
  • 映画「ブロークン・フラワーズ」

    Excerpt: 原題:Broken Flowers この映画、またまたビル・マーレイが、"ロスト・イン・トランスレーション"してるよね。あのポーカーフェイスのまんまで、哀愁に満ちた時が過ぎる・・.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-05-27 12:46
  • FUN … 『ブロークン・フラワーズ』

    Excerpt: 【FUN the sunnyday(?)】 Weblog: FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~ racked: 2006-05-27 19:34
  • 映画館「ブロークン・フラワーズ」

    Excerpt: 「20年前にあなたの子供生んだの」なんて手紙が来たら、ビビリますよねぇ~。でも、その気持ちって女の人にはわからない感情ですよねぇ。女だったら、自分が知らないうちに自分の子供がどこかにいるなんてことない.. Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆ racked: 2006-05-27 20:29
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: 本日の1本目は「ブロークン・フラワーズ」 年老いたドン・ファン(女ったらし)、ド Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-05-28 02:05
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt:                                               【映画的カリスマ指数】★★★★★  孤独に枯れた花・咲き誇る過去の花  Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-05-29 02:39
  • [ ブロークンフラワーズ BROKEN FLOWERS ]オトコに未来はあるのか?

    Excerpt: [ ブロークンフラワーズ BROKEN FLOWERS ]@吉祥寺で鑑賞。 昔は多くの女性と浮世を馳せたオトコは、年をとると情け ないオトコになってしまうのか。腑抜けとまでいかないが、 僕の.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-06-01 00:22
  • FRED PERRYの上下です【ブロークン・フラワーズ】

    Excerpt: ここ数年、いい具合に枯れてきたビル・マーレー。 以前はあの脂っこさに拒絶反応を Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2006-06-13 15:57
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 106分 監督 ジム・ジャームッシュ 原作 - 脚本 ジム・ジャームッシュ 音楽 - 出演 ビル・マーレイ 、ジ.. Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 racked: 2006-11-26 21:35
  • ブロークン・フラワーズ (Broken Flowers)

    Excerpt: 監督 ジム・ジャームッシュ 主演 ビル・マーレイ 2005年 アメリカ映画 106分 ドラマ 採点★★★★ 昔の彼女から突然連絡が来ちゃうと、嬉しいっというよりは何となくサスペンスフルですよね。久し.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-11-27 02:34
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: 【BROKEN FLOWERS】2005年/アメリカ 監督:ジム・ジャームッシュ   出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、シャロン・ストーン、ジェシカ・ラング、ジュリー・デルピー .. Weblog: BLACK&WHITE racked: 2007-01-20 11:31
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: ジム・ジャームッシュの作品て 実はあまり観ていない気が。 予告編が面白そうだったのでDVDで観てみることに。 カンヌ国際映画祭でグランプリを取っているというのが ちょっと気がかり。 カンヌと.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2007-10-18 16:58
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt:  『人生は思いがけない驚きを運んでくる』  コチラの「ブロークン・フラワーズ」も「戦場のアリア」同様、4/29に公開になったばっかりなんですが、公開を楽しみにしていたので早速観て来ました~♪ .. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-07-22 20:28
  • ブロークン・フラワーズ

    Excerpt: ビル・マーレイ主演。哀愁のある彼のとぼけた情けない感じがとても良く出ていた。気ままな独身生活といえば聞こえはいいが、中年になればそれは変わる。「老いたドンファンとは暮らしたくないの」と恋人にも.. Weblog: いやいやえん racked: 2014-04-04 09:57