77「マンダレイ」(デンマーク)

彼女は解放者、それとも新たな支配者?
 ラース・フォントリアー監督のアメリカ3部作の第2弾。難解で、もしかすると退屈するのでは? と危惧しながら鑑賞した。
 新たな居住地を目指していたグレースたち一行は、アメリカ南部の荒野に広がる大農園マンダレイに辿り着く。そこは厚い鎖と南京錠で閉ざされていた。70年前に廃止されたはずの奴隷制が今も存続し、主である「ママの法律」なるものが黒人奴隷達を仕切っていた。
 グレースはマンダレイに自由を与えるという新たな目標を見つけ、父達と別れ、マンダレイに滞在することにする。理想主義に燃えるグレースだったが、多くの挫折と屈辱を味わうことになる。

 実は「ドッグヴィル」は未見のままこの作品を観たのだが、最初に持っていた印象を覆す、とてもわかりやすい、面白いストーリーだった。
 黒人奴隷たちに自由を与えようとするグレースだが、その行いはどこか支配的で傲慢であったりする。よかれ、と思ってやることが裏目に出たり。奴隷たちも自由を与えられるが、自由たるものが何なのか把握できない。命令されることに慣れているのだ。徐々にグレースは支配的になる。「ママの法律」と同じような取り決めを作る。
 最後にマンダレイの秘密が明かされる。そしてグレースのとった行動。全てが皮肉な結果となる。
 奴隷制度に関しては、やはりアメリカの一つの闇、ということになるのだろうが、この作品が意味するものを深く理解することはできなかったが、引き込まれた作品である。

監督:ラース・フォントリアー
出演:ブライス・ダラス・ハワード、ダニー・グローヴァー、イザーク・ド・バンコレ
    ウィレム・デフォー、ローレン・バコール、クロエ・セヴィニー
於:日比谷シャンテ・シネ
マンダレイ デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント
2006-10-25

ユーザレビュー:
キッドマンからダラス ...
うーん・・・「ドッグ ...
自由、民主主義 はっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月22日 19:13
CINECHANさん、こんにちわ。
ご覧になりましたかぁ。「マンダレイ」は、未見なのですね!併せて、こちらも是非ご覧になってくださいね。
今回のグレースに腹を立てた人が多かったのか、中には辛口な評価の方もいらっしゃいましたが。アタクシは、面白いと思いました。何と言うか、ラース・フォン・トリアー節炸裂といった感じで。CINECHANさんがコメントしてくれたように、奴隷たちが新たなママを求めたシーン。何か、とても印象に残っていますわ!
2006年04月22日 20:33
CINECHANさん、こんばんわ。
私は、「指示待ち体質」はなかなか変われない、と思わず会社を思い出してしまいました。私の会社では「カリスマ性」で引っ張って来た役員が退任し、「具体的で明確・理論的な指示」を出す役員に代わったとたん、業績も社員のモチベーションも上がりました。中にはヘッドハンティングで他社に転職した人もいるし、この作品はある意味、現代社会を表していたようにも感じます。だから前作よりも分かりやすかったのかも・・・
CINECHAN
2006年04月23日 00:52
隣の評論家さん、コメントありがとうございました。
前作のグレースは、観ていないからよくわかりませんが、今作のグレースはなかなか理想に燃える、傲慢な女性というのがよく表れていたと思います。
ラストの「ママの法律」の秘密が明かされるシーン、ある意味想像できたけど、印象に残りますね。
ストーリーも良かったと思います。惹きつけられました。
CINECHAN
2006年04月23日 00:57
HIROMIC WORLDさん、コメントありがとうございます。
現代社会の皮肉は感じられました。ある程度規則がないと人ってダメなんでしょうね。でも上に立つ人間によって、その社会の行き先も変わってしまいますから。
睦月
2006年04月24日 12:56
CINECHANさん、こういった作品、結構お好きですか?
であれば、やはり『ドッグヴィル』の鑑賞もお勧めしますよ。睦月としては前作の方が面白かったです。フォン・トリア-監督の創造性や考え方ってホント、ゾッとさせられるのに引き込まれます・・・。病み付きになっちゃう世界観です。
3部作最終章の『ワシントン』・・・すっごく楽しみです。
CINECHAN
2006年04月25日 00:28
睦月さん、コメントどーもです。
こういう系統の作品も苦手部類ですが、いざ観てみたら、意外と面白かったんです。人の内面をさらけ出すストーリー展開はなかなか興味あります。
「ドッグヴィル」も観てみたいんですが、3時間家で観るのは・・そちらの方が耐えられないかも。
2006年12月13日 15:55
初めまして。TBありがとうございました!
この3部作は1本のお話だと思います。
ラース・フォン・トリアー監督の作品は病みつきになりますね。
「ドッグ・ウィル」の方が私は好きです、でも3時間は長かった・・・
CINECHAN
2006年12月14日 00:30
rinoさん、コメントありがとうございます。
>この3部作は1本のお話だと思います。
確かにその通りなんでしょうね。「ドッグヴィル」を観ていないのは残念ですが、やっぱり3時間というのは辛そう・・・
まあこの作品も結構長かったですが、これぐらいは最近の作品では普通かな?

この記事へのトラックバック

  • マンダレイ

    Excerpt: ラース・フォン・トリアー監督の「ドッグヴィル」 に続く「アメリカ三部作」第二弾です。 ドッグヴィルから逃れたグレースは、?南部の奥深く、荒野に広がる大農園「マンダレイ」の前を通りかかります。.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-04-22 18:41
  • マンダレイ

    Excerpt: 「マンダレイ」MANDERLAY / 製作:2005年、デンマーク 139分 R Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-04-22 19:08
  • マンダレイ

    Excerpt: 本日の1本目は「マンダレイ」 ラース・フォン・トリアー監督による「ドッグヴィル」 Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-04-22 20:23
  • マンダレイ(2005/デンマーク=スウェーデン=蘭=仏=独=米/監督:ラース・フォン・トリアー)

    Excerpt: 【シャンテ シネ@日比谷】レディースデイなのに、劇場は思いのほか空いてて拍子抜け。昨年のディア・ウェンディ(2005/デンマーク/監督:トマス・ヴィンターベア)(トリアー脚本)も、心配になるほどガラガ.. Weblog: のら猫の日記 racked: 2006-04-22 21:57
  • マンダレイ

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  自由という名の不自由が生む皮肉と悲劇 Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-04-25 20:31
  • 「マンダレイ」~短評~

    Excerpt: 「マンダレイ」 監督 ラース・フォン・トリアー「よいっしょ」「次は消費税アップか・・・」「ひっくり返して子供を助けるぞ!」「でもその後どうするんだい?」「・・・・・・・・・・」「重いね・・・」黒人の奴.. Weblog: SolPoniente racked: 2006-12-10 23:09
  • マンダレイ(DVD)

    Excerpt: 美しき救世主があらわれ、そして、自由が消えた。 Weblog: ひるめし。 racked: 2007-03-30 17:42
  • マンダレイ@我流映画評論

    Excerpt: 今回紹介するのは前回紹介した『ドッグヴィル』に続く、ラース・フォン・トリアー監督による“アメリカ三部作の第2弾『マンダレイ』です。 まずはストーリーから・・・ ドッグヴィルの町を去.. Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG racked: 2007-10-05 20:03
  • マンダレイ

    Excerpt:  『美しき救世主があらわれ、 そして、自由が消えた。』  コチラの「マンダレイ」は、「ドッグヴィル」に続く「アメリカ三部作」の第2弾となったR-18指定のヒューマン・ドラマです。スタジオの床に白.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-07-31 20:14
  • マンダレイ

    Excerpt: 2005 デンマーク 洋画 ミステリー・サスペンス ドラマ 作品のイメージ:切ない、ためになる 出演:ブライス・ダラス・ハワード、ウィレム・デフォー、ダニー・グローバー、クロエ・セヴィニー、イザー.. Weblog: あず沙の映画レビュー・ノート racked: 2009-01-31 19:46
  • マンダレイ

    Excerpt: MANDERLAY 2005年:デンマーク 監督:ラース・フォン・トリアー 出演:ブライス・ダラス・ハワード、ダニー・グローバー、イザック・ド・バンコレ、ウィレム・デフォー、ローレン・バコー.. Weblog: mama racked: 2009-10-30 01:46