25「ホテル・ルワンダ」(南アフリカ・イギリス・イタリア)

ルワンダの話を聞いてくれ
 ほんの10年ちょっと前の1994年、アフリカのルワンダではフツ族とツチ族の民族間の争いが激化していた。国連の働きで和平協定が結ばれたはずだったが、フツ族の大統領がツチ族に暗殺されたことから、再び争いが激化し、フツ族の民兵が100万人ものツチ族を虐殺する。いわゆる〝ルワンダ大虐殺〟。
 四つ星ホテルの支配人ポールはフツ族だったが、ツチ族の妻と3人の子供と暮らしていたが、この暴動により家族を守るためホテルにかくまう。そして彼はやがて1200人以上の避難民をホテルにかくまっていく。

 歴史と呼ぶにはまだ日の浅い1994年。ルワンダで起きた惨事に初めて向き合った感じがする。

 これを観ていて感じるのは〝苛立ち〟。これだけの虐殺が行われていながら、世界は手を差し伸べようとしない。平和維持軍は命の危険があっても発砲はできない。平和維持軍の難しさも実感した。軍隊の態度なども苛立ちを感じるのだが、ある外国人カメラマンが言う。
「虐殺のニュースを観ても、外国ではディナーの席で〝怖いね〟と言うだけだ」
 確かに。映画を観た私も思う。「怖いな」
 平和の有り難味を感じながら、ポールの勇気ある行動を賛辞し、イラクへ派遣された自衛隊を危惧しつつ、感動に浸っていく・・・。
 ところで、フランス人大物俳優が出演していたが、クレジットには名前がなかったような・・・

監督:テリー・ジョージ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ホアキン・フェニックス
於:シネカノン有楽町

ホテル・ルワンダ オリジナル・サウンドトラック
ビデオアーツ・ミュージック
2006-01-18
サントラ

ユーザレビュー:
感動のエンディング本 ...
アフリカの力強い曲  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月09日 21:14
CINECHANさん、こんばんわ。
この作品と「イノセント・ボイス」をあわせて観ると
やるせない気分になりますね・・・。
少しでも自分にできることを、と思って
友人や知人との会話で映画が話題にあがると
この2作品を丁寧に紹介して劇場に足を運んで
もらえるように頑張っています。
もちろん「怖いね」と言って、食事を続ける、
というエピソードを必ず添えて・・・。
2006年02月09日 23:31
こんにちわ!TB&コメントありがとうございました。
こんなに色々と考えさせてくれる作品に年明け早々出逢えて嬉しく思っています。ニック・ノルティやホアキンのセリフは、印象的なものが多かったです。
2006年02月09日 23:42
こんばんわ!『カリスマ映画論』の睦月です!!TB&コメントありがとうございました!
私も、あまりの苛立ちに涙が流れたしだいです・・・。こんな現実つい最近に起きたことなんて・・・なのに私はまたもこの大虐殺については無知だったんですわ・・・。
ちなみに、大物俳優って『ワサビ』『レオン』・・・ですかあ?
CINECHAN
2006年02月10日 02:32
HIROMIC WORLDさん、こんばんは。
私の周囲にもこの作品進めたいと思ってますが、大作系を好む人が多いですが、これも大作ですよね。

隣の評論家さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね。印象的な台詞も多かったです。ホアキンの台詞は考えさせられました。

睦月さん、コメントありがとうございました。
私もルワンダ大虐殺の話はこの作品まですっかり忘れていました。
映画っていいですね。色々なことを教えてくれるから。
2006年04月03日 20:50
CINECHANさん、こんばんはぁ。
なんか、だいぶ遅れての鑑賞になってしまいました…
が、観てみる価値は十二分にあったのだ!と、思える
作品だったと思います。
しかし、結果として傍観者でしかないのです…なぁ…
CINECHAN
2006年04月04日 01:14
purple in satoさん、こんばんは。
これはかなり心に残る作品でした。世界が傍観者でいること、いなければならないこと。なかなか考えさせられました。

この記事へのトラックバック

  • [ ホテル・ルワンダ ]あなたは何を感じますか

    Excerpt: [ ホテル・ルワンダ ]@シアターN渋谷で鑑賞。 すごい人気である。老若男女問わず、多くの人が観に来て いる。シアターN渋谷も毎回、満席に近い状態だ。 [ ホテル・ルワンダ ]は2004.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-02-09 09:04
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 善人になりたいと思った。どちら側から見て善人とか悪人とか、そんな視点の切り替えで変わってしまうような、逆に言えば立場がその人間の善悪の判断をつかさどるような、そういうものじゃなく、自分以外の存在のため.. Weblog: 俺の話を聴け~! racked: 2006-02-09 17:50
  • ホテル・ルワンダ(2004/イギリス=伊=南アフリカ/監督:テリー・ジョージ)

    Excerpt: 【シアターN渋谷】お恥ずかしながら、私はこの映画の日本公開のいきさつ(公開を求めるネット活動)など初耳だったし、ルワンダ大虐殺の歴史的背景もほとんど知らない。こんな人、他にいるのか知らないが、映画の内.. Weblog: のら猫の日記 racked: 2006-02-09 19:16
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 本日の2本目は「ホテル・ルワンダ」 ルワンダでの民族間紛争が大虐殺に発展した時に Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-02-09 20:59
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 「ホテル・ルワンダ」HOTEL RWANDA / 製作:2004年、カナダ=イギ Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-02-09 23:29
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★★  とにかく観てください。 Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-02-10 00:32
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: イギリス&イタリア&南アフリカ合作 監督:テリー・ジョージ 出演:ドン・チードル     ソフィー・オコネドー     ホアキン・フェニックス     ニック・ノルティ 1994年.. Weblog: Saturday In The Park racked: 2006-02-10 14:48
  • 『ホテル・ルワンダ』 テリー・ジョージ監督

    Excerpt: 渋谷の映画館「シアターN」で、前回上映が終わってお客さんがゾロゾロ出てきたなー、と思ってふと見上げると、40歳ぐらいのおじさんがモロ泣きしていました。けっこう泣いている人が多かったです。そう、恥.. Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 racked: 2006-02-12 21:28
  • 映画: HOTEL RWANDA

    Excerpt: 実に、心を打たれる映画。 「感動もの」や「涙を誘う映画」と一言で終わらせられない。あまりにも内容が切実であり、この現実が日本を含めた西側諸国に正確に伝えられず、「石油」の無い場所を「価値なし」と認め.. Weblog: [K]こあら日記 racked: 2006-02-13 14:32
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 悔しくって涙が止まらなかったです。生きる価値のある人間と価値のない人間なんて居ないはずなのに世界はアフリカの貧しい国の人々を見殺しにしたなんて・・・人間として恥ずるべきです。この事件を知らなかった私も.. Weblog: Alice in Wonderland racked: 2006-02-21 13:30
  • 「ホテル・ルワンダ」見てきました。

    Excerpt:  最近見たい映画と言えば、ホテルルワンダかTHE有頂天ホテル。どちらもホテルつながりですが、内容はまったく違うこの映画。どっちを見に行こうかなぁ~。というわけで、なんとなくホテルルワンダに決定。 Weblog: よしなしごと racked: 2006-02-23 00:00
  • 映画「ホテル・ルワンダ」

    Excerpt: 原題:Hotel Rwanda 1994年、アフリカはルワンダで民族の対立による大量虐殺の嵐が吹き荒れるなか、逃げまどう人々をホテル"ミル・コリン"にかくまう支配人の物語。 .. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-02-26 15:44
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 映画館で、出演:ドン・チードル/ソフィー・オコネドー/ニック・ノルティ/ホアキン・フェニックス/ジャン・レノ/ハキーム・ケイ=カジーム/デズモンド・デュベ/デイヴィット・オハラ/カーラ・シーモア/ファ.. Weblog: Rohi-ta_site.com racked: 2006-03-10 16:16
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 我が妻と 我が子の命 救いたまえ   ホテル・ルワンダ、実際のホテル名ではない。しかし、このタイトルがルワンダという国とともに、もっとも秀でたホテル・マネージャーを思い出させるだろう。おそら.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2006-03-16 22:31
  • FUN … 『ホテル・ルワンダ』

    Excerpt: 【enjoy weekend vol.2】 Weblog: FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~ racked: 2006-04-03 20:48
  • 映画評 『ホテル・ルワンダ』 テリー・ジョージ監督

    Excerpt: 渋谷の映画館「シアターN」で、前回上映が終わってお客さんがゾロゾロ出てきたなー、と思ってふと見上げると、40歳ぐらいのおじさんがモロ泣きしていました。けっこう泣いている人が多かったです。そう、恥.. Weblog: ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 racked: 2006-04-16 11:05
  • 映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(138) ホテル・ルワンダ-アフリカは、遠い。 大都市での公開から遅れること数ヶ月。 ようや.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2006-06-04 15:41
  • ホテル・ルワンダ/テリー・ジョージ

    Excerpt: 1994年のフツ族によるツチ族の大量虐殺は、過去のことと呼べるほど昔のことではありません。人類にとって教訓とすべき大きな事件だったと思います。その中で、1200人もの命を救った実在のホテルマンの話です.. Weblog: 文学な?ブログ racked: 2006-06-21 02:02
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 製作年度 2004年 製作国 イギリス/イタリア/南アフリカ 上映時間 122分 監督 テリー・ジョージ 製作総指揮 ハル・サドフ 、マーティン・カッツ 脚本 テリー・ジョージ.. Weblog: タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 racked: 2006-08-28 10:20
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: 深く痛い悲しみの中でも,愛する気持ちは決して消えない。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-09-01 10:36
  • ホテル・ルワンダ (Hotel Rwanda)

    Excerpt: 監督 テリー・ジョージ 主演 ドン・チードル 2004年 イギリス/イタリア/南アフリカ映画 122分 ドラマ 採点★★★★ 人が出来る事には限界があり、どう足掻いても出来ないことは出来ない。愛する.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-09-07 04:31
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt:  {amazon}  1994年4月から約3ヶ月間で80万人~100万人が殺された ルワンダ大虐殺を描いた映画「ホテル・ルワンダ」ホテルの支配人 ポール・ルセサバギナはフツ族・ツチ族の対立が激化.. Weblog: 悩み事解決コラム racked: 2006-10-15 16:47
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt: この映画、話題になりましたね。 DVDで鑑賞。 フツ族とツチ族の間で続いていた内戦が終息、 和平協定が結ばれようとしていた1994年のルワンダの首都キガリ。 外資系高級ホテル、ミル・コリン.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-11-10 12:41
  • ホテル ルワンダ@我流映画評論

    Excerpt: 映画を紹介してきて、今回で記念すべき100作品となるのですが、その100作品目に紹介する映画は、『ホテル・ルワンダ』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 愛する家族を守りたいと.. Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG racked: 2007-08-10 01:44
  • ホテル・ルワンダ

    Excerpt:  コチラの「ホテル・ルワンダ」は、1994年アフリカのルワンダで起こったツチ族とフツ族の民族対立による武力衝突”ルワンダ紛争”、フツ族がツチ族を120万人以上虐殺したこの紛争の最中、1200人以上.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-08-25 19:59
  • 愛する家族を守りたい。ただ1つの強い思いが1200人の命を救った・・・。―真実の物語―「ホテル・ルワンダ」

    Excerpt: Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー racked: 2011-10-15 01:25