34「ジャーヘッド」(アメリカ)

僕の戦争は4日と4時間と1分
 1989年海兵隊員に憧れて入隊したスオフォード。いじめのような新兵訓練を終え、翌年サイクス三等曹長率いる斥候狙撃兵に配属され、サウジアラビアの砂漠へ送り込まれる。しかし、当面の仕事はサウジアラビアの油田の警備。攻撃するべく敵もおらず、スオフォードたち兵士は退屈でむなしい待機の日々を過ごす。
 希望に満ちて海兵隊に入隊し、「地獄の黙示録」を観ながら歓喜する。もう敵を撃つ気満々で戦地へ赴くが、実際は待つだけ。兵士たちは退屈を紛らわすためバカ騒ぎを起こしたり、仲間にあたったり。湾岸戦争の兵士達の実態を浮き彫りにしている。
 狙撃兵として敵を撃ちたくてたまらないスオフォード。そして遂に敵を撃つチャンスが巡ってくる。その結末は・・

 戦地での兵士たちの実態を見せて、戦争を、アメリカを皮肉っている。そして凄惨な戦争ではなく、人を殺さなくとも少々狂気に走る兵士たち。裏側を見せてくれている。

 しかし、映画として面白かったか? と言われれば、頭を捻ってしまう。兵士の孤独、葛藤、狂気だけを見せられても。
 砂漠から帰国後ピーター・サースガード演じる伍長がああいう結果になってしまったのは何故?

監督:サム・メンデス
出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ルーカス・ブラック
    クリス・クーパー、ジェイミー・フォックス
於:日劇PLEX

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年02月22日 00:24
CINECHANさん、こんばんは。
本作はいまひとつだったみたいですね。
個人的には、なんともシニカルな「サム・メンデス」テイストが
楽しめた作品だったのです!ハイ
っと、別件で大変申し訳ありませんが「バトン」なるものが周って
まいりまして、、、
出来る事ならば次を受け取って頂けないものかと思いまして(汗)
TBを送りますので、どんな内容かをご確認後に判断してもらって
結構です。
何卒、宜しくお願いしますです。。。
CINECHAN
2006年02月22日 01:47
purple in satoさん、こんばんは。
個人的には今ひとつ引き寄せられなかった作品でした。兵士たちの姿は印象的だったんですがね。
もじゃ
2006年02月22日 11:14
こんにちは、CINECHANさん。TBありがとうございます。
たしかに面白いかと聞かれると、返答に困ってしまうかもしれません。
人にすすめるのもどうかなぁと。
でも、戦争映画が得意じゃない自分でも、すんなり見ることが出来たのは、
こういう視点で描かれているからでしょうかね。
CINECHAN
2006年02月22日 21:36
もじゃさん、コメントありがとうございます。
面白いと言っても、その意味は様々ですね。「どうでした?」と訊かれて、首を捻るだけです。面白いも外れではないんですが・・
2006年02月23日 00:28
こんばんわ!TB&コメントありがとうございました!
そっかあ・・CINECHANさんはいまいち引き寄せられなかった映画でしたかあ。睦月は結構好きです、こういう戦争映画。戦争という現場に関わった人間の真髄に触れることは、その戦争そのものを知ることと同じことのような気がして。こういった描き方は逆にその恐ろしさをリアルに表現しているものな気がしたんです。
音楽がすごく良かったあ!サントラが欲しいです!
CINECHAN
2006年02月23日 21:20
睦月さん、コメントありがとうございます。
音楽は良かったと思います。洋楽はあまり知らないのですが、聴いたことのある音楽は多かったですよ。
内容も面白くないとは言いません。兵士たち人間を描いていると思います。しかし、それだけでは何とも・・・
2006年02月25日 22:14
CINECHANさん、こんばんは。
今日、観てきました。私もトロイの死には「?」と思いました。彼らの戦後があまりにも淡々と描かれ過ぎていた(ベトナム帰りの兵士の精神的な問題はよく取り上げられていたので気になった)ので、ちょっと調べてみました。
そしたら何と、湾岸戦争症候群というのがあって、帰還兵が白血病や癌で亡くなっていたようです。
CINECHAN
2006年02月26日 14:08
HIROMIC WORLDさん、こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。
そうですか、ベトナム帰還兵は精神的病がよく取り上げられていましたが、湾岸戦争帰還兵は実際の病なんですね。
トロイが死んだときまだ「ジャーヘッド」だったのは、軍隊にしがみついていたという感想が他のブログにありましたよ。

この記事へのトラックバック

  • 映画館「ジャーヘッド」

    Excerpt: 湾岸戦争を題材にした作品。 湾岸戦争といえば、1991年に勃発した戦争。 当時、私はまだ若くニュース映像では知っていましたが自分の遊びで忙しく本当に他人事のように思っていました。それが、こうやって.. Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆ racked: 2006-02-21 15:35
  • 戦争の無意味さを別の意味で感じた◆『ジャーヘッド』

    Excerpt: 2月16日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 祖父が海兵隊出身であり、父がベトナム戦争休暇中に生まれた、青年スオフォード(ジェイク・ギレンホール)。彼は大学へ進学するか、海兵隊員になるかで迷うが、.. Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 racked: 2006-02-21 21:51
  • ジャーヘッド

    Excerpt: 湾岸戦争でのアメリカ、海兵隊員の姿を描いた作品です。 海兵隊員として厳しい訓練に耐える若き兵士、スオフォード。イラクとの関係が悪化し、狙撃の名手としてイラクへ派遣されることとなります。けれど、な.. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-02-21 22:53
  • FUN … 『ジャーヘッド』

    Excerpt: 『Saturday in refresh』 Weblog: FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~ racked: 2006-02-22 00:16
  • FUN … 『色バトン』

    Excerpt: 【a la carte Wednesday】 Weblog: FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~ racked: 2006-02-22 00:24
  • ジャーヘッド

    Excerpt: 「ジャーヘッド」JARHEAD / 製作:2005年、アメリカ 123分 R-1 Weblog: 映画通の部屋 racked: 2006-02-22 00:39
  • [ ジャーヘッド ]からっぽゆえに、何でも入る

    Excerpt: [ ジャーヘッド ]@吉祥寺で鑑賞。 湾岸戦争を題材にした戦争映画。 海兵隊員に憧れ、厳しい訓練に耐え、狙撃の名手として戦 場に来た一人の若き兵士、アンソニー・スオフォード(ジェ イク・ギ.. Weblog: アロハ坊主の日がな一日 racked: 2006-02-22 07:41
  • 【 ジャーヘッド 】

    Excerpt: 湾岸戦争を体験した海兵隊員の小説を映画化。サム・メンデス監督、ジェイク・ギレンホール主演。 湾岸戦争を舞台にした映画だが、派手な戦闘シーンは皆無と言っていいほど。兵士達の戦場での日常をリ.. Weblog: もじゃ映画メモメモ racked: 2006-02-22 11:07
  • ジャーヘッド

    Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  叩き込まれた戦争欲、後に残るは空しさだけ Weblog: カリスマ映画論 racked: 2006-02-23 02:27
  • 「ジャーヘッド」見てきました

    Excerpt: ↑前売り券のおまけのシリコンバンド 今年はテロや戦争を題材にしたノンフィクションが多いなぁ。その中でもイノセントボイスとホテルルワンダは僕にとっては最高の傑作でした。果たして今回見たジャーヘッドはどう.. Weblog: よしなしごと racked: 2006-02-23 23:39
  • 【映画】『ジャーヘッド』お前はすでに破壊されている

    Excerpt: Weblog: Badlands racked: 2006-02-23 23:53
  • ジャーヘッド

    Excerpt: 本日の2本目は「ジャーヘッド」 軍に入り厳しい訓練を受け、海兵隊の狙撃兵となって Weblog: HIROMIC WORLD racked: 2006-02-25 22:03
  • 「ジャーヘッド」戦うことが目的の砂漠での日々

    Excerpt: 「ジャーヘッド」★★★★ ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス主演 サム・メンデス監督、2005年、アメリカ 海兵隊の訓練と そこで送り出される 新.. Weblog: soramove racked: 2006-02-26 10:17
  • 【劇場鑑賞13】ジャーヘッド(JARHEAD)

    Excerpt: 最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった―― メディアが暴けなかった湾岸戦争の真実が、ここにある Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2006-02-26 22:49
  • ジャーヘッド

    Excerpt: 前宣伝通りのお気楽映画でもなく、戦争の意味を探るようなシリアスな作品でもなかった。いつの時代にも通用する、若者たちの希望や葛藤を描いた、テンポのある快作だ。とはいえ、湾岸戦争の実体験に基づいて描かれる.. Weblog: 俺の話を聴け~! racked: 2006-02-28 14:21
  • 映画のご紹介(100) ジャーヘッド

    Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(100) ジャーヘッド-戦闘シーンがないのに しっかり「戦争」が見えてくる映画だ。 「ジャーヘッ.. Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス racked: 2006-03-05 21:33
  • ジャーヘッド-(映画:今年36本目)-

    Excerpt: 監督:サム・メンデス 出演:ジェイク・ギレンホール、ピーター・サースガード、ジェイミー・フォックス、ジェームズ・モリソン、スコット・マクドナルド、ブライアン・ケイシー.. Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) racked: 2006-03-13 01:01
  • ジャーヘッド

    Excerpt:  この映画を、たとえばオリバー・ストーンあたりが観たら、どのような感想を洩らすだろうか……、これがこの作品を見終ったあと、まず頭に浮んだこと Weblog: シネクリシェ racked: 2006-03-26 14:43
  • ジャーヘッド

    Excerpt: 『アメリカン・ビューティー』(99)で監督デビューするや作品賞をはじめとする5部 Weblog: 大発狂!外国映画DEナンボ? racked: 2006-06-21 03:41
  • ジャーヘッド (Jarhead)

    Excerpt: 監督 サム・メンデス 主演 ジェイク・ギレンホール 2005年 アメリカ映画 123分 戦争 採点★★★★ 小学校の頃、日曜の校庭で楽しそうに野球をする損に見事に騙されカブスカウトに入ってしまった私.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-07-31 04:07
  • ジャーヘッド

    Excerpt: ずっと観たかった「ジャーヘッド」です。「デイアフタートゥモロー」のジェイク・ギ Weblog: ○o。.1日いっぽん映画三昧.。o ○ racked: 2006-08-07 16:39
  • 戦争と武器

    Excerpt: 「ジャーヘッド」 「ロード・オブ・ウォー」 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-08-08 16:30
  • ジャーヘッド

    Excerpt: ジャーヘッド プレミアム・エディションJARHEAD 2005年 アメリカ    原作を読んだが、ほんとにまとまりのない話で「メモか!」と突っ込みたくなるほどだった。だからあの原作にしては映画.. Weblog: cinema note+ racked: 2006-10-07 23:08
  • 「ジャーヘッド」

    Excerpt: 戦争モノはあまり好きじゃないけど・・・ なんかちょっとコミカルそうなので、見てみることに・・・ Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-10-19 03:36
  • ジャーヘッド

    Excerpt:  『最高の生き方がある。 そう信じて、僕は戦場に向かった――』  「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」では若き数学者を好演していたジェイク・ギレンホールですが、実はあのニヤけた笑顔にちょっとヤラレ気.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2008-11-04 21:15
  • 「ジャーヘッド」

    Excerpt: 祖父も父も兵隊だった青年アンソニー・スオフォード(ジェイク・ギレンホール)は、18歳になると 海兵隊へ入隊を果たす。しかし新兵訓練の現実は、まるでただの虐待。スオフォードは自らの 選択を後悔し始める。.. Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク racked: 2008-12-21 21:38