アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「インドネシア映画」のブログ記事

みんなの「インドネシア映画」ブログ

タイトル 日 時
17-072「ヘッド・ショット」(インドネシア・日本・シンガポール)
17-072「ヘッド・ショット」(インドネシア・日本・シンガポール) もうその名前は聞きたくない  男は頭部に銃弾を受けながらも、2ヵ月の昏睡の末に奇跡的に目覚めた。  全ての記憶を失った男はイシュマエルと名付けられ、女医アイリンの献身的な治療で少しずつ回復し、いつしか2人は惹かれ合っていく。しかし、男が生きていたと知ったインドネシア最大の犯罪組織のボス、リーは、男をおびき出すためにアイリンを誘拐する。  愛するアイリンを救い出すべく、敵のアジトへと単身乗り込んでいくイシュマエルだったが。(「allcinema」より) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 01:00
14-284「ザ・レイド GOKUDO」(インドネシア)
14-284「ザ・レイド GOKUDO」(インドネシア) お前には俺のような死に方はしてほしくない  高層マンションでの壮絶な死闘を生き延びたラマは、休む間もなく地元マフィアへの潜入捜査を命じられる。その地元マフィアは、ゴトウ率いる日本ヤクザと停戦協定を結び、街を分割支配していた。  ラマの使命は、マフィアのボス、バングンに近づき、彼らと癒着している汚職警官を洗い出すこと。こうしてラマは、ユダという偽名で囚人になりすますと、まずは服役中のバングンの息子ウチョに接近する。やがてウチョの信頼を得たラマは、出所するとバングンの組織に迎えられる。  一方... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/12/23 01:01
14-070「ラスト・ワールド」(アメリカ・インドネシア)
14-070「ラスト・ワールド」(アメリカ・インドネシア) 3日後に死ぬのなら、音楽を聴きたい  ジャカルタのインターナショナル・スクール。卒業間近の学生20人が在籍する哲学のクラスで、鋭敏だがどこか謎めいた教師により、ある特別授業が行われることになった。  それは、20人にはそれぞれ架空の人物設定が与えられ、核爆発による世界崩壊後、10人分の設備しか用意されていないシェルターに、この先人類が再び発展するために誰を入れるかを議論するというものだった。  20人に与えられる職業は、有機栽培農家、構造工学者、不動産業者、大工、オペラ歌手、投資信託者、ハ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/20 00:42
14-055「KILLERS/キラーズ」(日本・インドネシア)
14-055「KILLERS/キラーズ」(日本・インドネシア) 時に生きていることは死ぬことよりも残酷  東京に暮らす野村は、女性を拉致しては独自の美意識で処刑し、その映像をインターネットの動画サイトにアップする猟奇殺人鬼。  一方ジャカルタのバユは、正義感あふれるフリー・ジャーナリスト。  ある日、たまたまインターネットで野村のスナッフ・ビデオを見てしまった彼の中で、思いもよらぬ感情が芽生えてしまう。やがてバユも殺人に手を染めてしまい、その動画をネットにアップする。  するとその映像を目にした野村が接触を求めてくるという予想だにしない事態が起こり、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/08 00:28
13-065「シー・トレマーズ」(オランダ・インドネシア・ベルギー・フィンランド)
13-065「シー・トレマーズ」(オランダ・インドネシア・ベルギー・フィンランド) 女の呪術師はやっかいだ   古生物の研究をしている海洋生物学者スカイラー・ジェーンは、調査のため北スマトラ海沖を目指し、一帯の海域に詳しいジャック・ボウエンの小型ボートをチャーターする。  しかし途中で立ち寄った水上の漁場ジャマールで、少年タマールが密漁団に働かされていることを知ったスカイラーは、地元の警察に通報するのだがまったく取り合ってもらえない。  漁場では謎の巨大生物が出現し密猟者たちを襲撃、次々に人間を串刺しにしていた。  ジェーンとジャックはタマール救出のため漁場へ向かうのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/12 00:03
12-349「ザ・レイド」(インドネシア)
12-349「ザ・レイド」(インドネシア) この悪夢から脱出しなければ   インドネシアのジャカルタ。スラム街にそびえる高層アパートは、麻薬王タマ・リヤディが支配する悪の巣窟となっていた。  そんな中、警察はリヤディを逮捕するため建物への強制捜査に乗り出す。新人警官ラマを含む20人のSWATチームによる奇襲作戦が決行され、隊員たちが各フロアを順次制圧しながら、リヤディの部屋を目指して上っていく。  しかし、作戦はリヤディに筒抜けとなっていた。一行は退路を断たれてしまい、次から次へと押し寄せる凶暴な犯罪者たちの攻撃で、一人また一人と仲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/02/01 01:18

トップへ | みんなの「インドネシア映画」ブログ

CINECHANが観た映画について インドネシア映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる