CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 17-078「アサシン クリード」(アメリカ・イギリス・フランス・香港)

<<   作成日時 : 2017/05/08 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

闇に生き、光に奉仕する
 人間の自由意思をコントロールできるという“エデンの果実”を巡り、“アサシン教団”と“テンプル騎士団”の間で長年にわたる暗闘が繰り広げられてきた。
 2016年。一人の殺人犯カラム・リンチに死刑が執行される。ところが、実際にはその身柄は生きたままアブスターゴ財団の研究所へと運ばれていた。そこでは、遺伝子に刻まれた記憶を辿ることができる特殊な装置“アニムス”が開発されていた。
 実はカラムは、“エデンの果実”の秘密を守るアサシン教団の伝説のアサシン、アギラールの末裔だったのだ。
 研究所は“エデンの果実”を狙うテンプル騎士団によって運営されており、研究者のソフィア・リッキンは、アニムスを使ってカラムにアギラールの人生を追体験させることで“エデンの果実”の秘密に迫ろうとしていたのだった。
 こうして遺伝子の記憶を介して自らの先祖アギラールとなり、スネサンス期のスペインへと舞い降りたカラムは、アサシン教団とテンプル騎士団の壮絶な抗争の渦へと巻き込まれていくのだったが。(「allcinema」より)


 全く知らなかったが、世界的な大ヒット・ゲームを、「悪の法則」等のマイケル・ファスベンダー主演で実写映画化した作品。

 鳴り物入りでの製作、公開だったらしいが、アメリカでも日本でも興行はパッとしなかったよう。
 ラストは、続編作る気満々であったが、続編が作られるかは怪しいな。


 死刑執行されたはずのカラムという男が、実は死んでおらず、アブスターゴ財団の研究所に送られ、ソフィアという研究者の下、アニムスという特殊な装置で操作される。

 アブスターゴ財団がどれほどの力を持ち、何故に死刑囚を生きたまま連れ出せるのかは不明なままであったが、多くの研究対象者が収容されている。

 アニムスは、遺伝子に刻まれた記憶を呼び覚ます装置で、カラムはアサシン教団の伝説のアサシン、アギラールの末裔であることが判り、アニムスにより、1492年のアギラールの人生を追体験することになる。

 何となくVRのような感じで、カラムは狭い場所で動くだけであるが、実際アギラールは激しい戦いを繰り広げる。

 敵対するテンプル教団と戦い、人間の自由意志をコントロールできると言われる、エデンの果実という球体を守ろうとするアギラール。

 その戦いぶりを見せるアクション・シーンはなかなか見応えあったな。
 バルクールを中心としたアクションで、建物内外の壁などを自由に動き回りながら、戦っていく。

 アブスターゴ財団の目的は、エデンの果実が今どこにあるのか突き止め、手に入れること。

 
 やがてカラムが覚醒していくと共に、アブスターゴ財団の正体と本当の目的が明らかになっていくのだが、こういう設定の話としては定番だったかな。

 カラムと一緒に研究所に収容されていた何人かの人物が、いわくありげな人物で、その正体を説明するようなシーンはほとんどなかったが、それは推して知るべしのような感じであった。


 ちょっと現代パートでの展開が少なすぎたかなという印象であったが、中世での戦いのシーンは、なかなかスピード感もあり、楽しめるものであった。

 本当に序章のような話で、できれば続編を作ってほしいものだが、ちょっと期待薄なのかな。

/5

監督:ジャスティン・カーゼル
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン
    シャーロット・ランプリング、マイケル・K・ウィリアムズ、ドゥニ・メノーシェ、アリアーヌ・ラベド、ハリド・アブダラ
於:TOHOシネマズ新宿
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アサシン クリード」
うむ…。面白かった、と思う。何故「思う」とかいう曖昧な表現になったのかというと、予備知識を殆ど持たずに観てしまったからだ。「アサシン クリード」って元はゲームなんだね?という位の基礎知識はあったものの、そのゲーム自体を知らないので、ふーん、ゲームなんだー、っていう程度。それに…これって、この作品って、続編ありきの前提だったの?終わり方がそもそもなんだかなー。なのである。この世界観は決して嫌いではない。むしろ好きな方である。500年前の体験を、DNAを受け継いだ子孫が科学の力で追体験する。いいんじ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/03/24 14:34
アサシン クリード
【ASSASSIN&#039;S CREED】 2017/03/03公開 イギリス/フランス/アメリカ/香港 115分監督:ジャスティン・カーゼル出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ、ブレンダン・グリーソン、シャーロット・ランプリング、マイケル・K・ウィリアムズ 歴史の迷宮に潜り込め。 STORY:記憶を失った死刑囚のカラム・リンチ(マイケル・ファスベンダー)は、謎の施設に送り込まれ、遺伝子操作によって自分の祖先の記憶を追体験させられる。祖先は、スペ... ...続きを見る
★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
2017/03/24 17:12
アサシン クリード
2016年、死刑囚の男カラム・リンチは、遺伝子操作(アニムス)によってDNAに眠る「記憶」を呼び起こされる。 彼の祖先は、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団に属する、驚異的な身体能力を持つ伝説のアサシン(暗殺者)だった。 テンプル騎士団は彼を利用して、人類を支配する力を持つ「エデンの果実」を探し出そうとしていた…。 アクション・ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/03/26 00:18
アサシン クリード
アクションは見応えあり。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/03/28 20:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17-078「アサシン クリード」(アメリカ・イギリス・フランス・香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる