CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 17-067「ワイルド・シティ」(香港)

<<   作成日時 : 2017/05/04 02:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

道を間違えれば、二度と戻れない
 バーを経営する元警察官のマン は、店で泥酔した見知らぬ女を放っておけず、義母と弟のチュンが住むアパートに一晩泊める。
 ところがその翌日、女が何者かによって車で連れ去られてしまう。必死に追跡するマン兄弟との間で起こる大乱闘。その隙に姿を消す女。
 やがて、大金の入ったスーツケースを回収するため、女は再びマンたちに連絡を入れてきた。どうやらそれは、大陸の裏社会の金らしいのだが。(「KINENOTE」より)


 「強奪のトライアングル」のリンゴ・ラム監督のクライム・アクション。

 泥酔した女性を介抱し、義母と弟のチュンが暮らす家に泊めた元警察官で、今はバーを経営しているマン。

 翌日その女性を車のある場所へ連れていったマンとチュンであるが、その時、その女性、ユンが目の前で何者かに連れ去れてしまう。

 何とかユンを取り戻したマンとチュンであったが、そこから二人は素性の知れぬ者たちから狙われることになってしまう。


 ユンがカジノ建設に関しての贈賄の情報を知っており、彼女を抹殺しようと企む首謀者。
 そのために雇われた台湾から来た謎の男たちが、ユンとマン兄弟を襲う。

 そんな男たちからユンを守ろうと奮闘するマン兄弟。


 ストーリーはオーソドックスなものであるが、アクションは満載。
 マンはかつて警官であったが、今は一般人ということで、拳銃なども持たないので、襲ってくる男たちと肉弾戦を繰り広げたりする。

 カー・チェイスなどもあり、なかなか面白かったが、マンたちが首謀者には意外と簡単にたどり着くところは、ちょっと緊張感がなかったかな。

 しかし、そんな首謀者よりも、暴走し始めた謎の男たちが、最後の敵となり、命を賭けて立ち向かうことになるマン兄弟。

 状況打破のため、マンが取る行動は、ややストレートすぎるものだったかな。
 ユンが首謀者から奪った金などをうまく使って策を弄するかと思ったが、そうでもなかったな。


 黒幕や謎の男たちがそれ程強大という感じでもなかったので、そのあたりの緊迫感は弱かったかなという印象であったが、どのような展開となっていくのかは気になり、なかなか面白い話であった。

/5

監督:リンゴ・ラム
出演:ルイス・クー、ショーン・ユー、チャン・シャオチュアン、トン・リーヤー
    カオ・ジエ、マイケル・ツェー、サイモン・ヤム、ジョセフ・チャン
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ワイルド・シティ
勢いあって面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/04/12 00:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17-067「ワイルド・シティ」(香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる