CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 17-021「僕らのごはんは明日で待ってる」(日本)

<<   作成日時 : 2017/04/11 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

それって日本国憲法破るようなもの
 高校の体育祭で“米袋ジャンプ”のペアになったことがきっかけで付き合い始めた亮太と小春。
 無口であまり自分を主張することのない亮太と、ポジティブで自分の考えをしっかり持っている小春。まるで対照的な2人だったが、順調に愛を育んでいたかに思われた。
 ところが、2人が大学生になったある日、小春が突然亮太に別れを切り出す。理由も分からず、途方に暮れる亮太だったが。(「allcinema」より)


 高校生の頃から付き合い始めた亮太と小春の二人。
 そんな二人の7年に渡る恋模様を描いた作品。

 ネガティブで友人もいない葉山亮太に、ただ一人と言ってもいい感じで話しかける、明るくポジティブな上村小春。

 付き合い始めた二人だったが、大学生になり、付き合い始めて3年、突然小春が別れを切り出し、亮太は納得がいかにまま別れることになってしまう。

 小春が別れを切り出したのには、当然理由があるとは思うのだが、彼女はハッキリとはそれを言わない。

 後に、小春はお互いの家庭環境のことを言及した時は、その理由も無くは無いのかなと思ったりもするが、実際はそれ以上に大きな理由があったようである。

 結局その理由は、切ない恋愛モノでは王道的な感じもするのだが、亮太がその理由を知ったことにより、本当の彼女に対する気持ち、本当に大切な人であることに気付いていく。

 紆余曲折しながら亮太が成長する物語である。


 明るくポジティブ、少々ドライな感じのところもあるが、小春のキャラが良かったし、亮太も無口でネガティブな性格ではあるが、ひょうひょうとした感じで、面白いキャラであった。

 小春は最初のほうから亮太の性格や気持ちを読み取っていたようであるが、亮太は小春のことを知っているようで、ちゃんと知らなかったような感じ。
 それを最後にようやく知ることになり、自らも成長したような感じである。

 亮太を演じたのは「ピンクとグレー」の中島裕翔。
 小春を演じた新木優子は、よく知らなかったが、「家族ごっこ」に出ていたようである。


 高校から大学、そして社会人となっての二人の恋愛を描き、切ない部分もあるのだが、全体的にはライトな感じで描いたかなという印象の作品だった。


 カーネルサンダースおじさんを抱えて、あれだけ走るのは大変。
 窃盗で追いかけられても不思議じゃなかったな。

/5

監督:市井昌秀
出演:中島裕翔、新木優子、美山加恋、岡山天音、片桐はいり、松原智恵子
於:池袋HUMAX CINEMAS
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
僕らのごはんは明日で待ってる
無口でネガティブな亮太と、太陽のように明るくポジティブな小春は高校の同級生。 正反対の性格の2人は付き合うようになるが、大学生になったある日、小春は理由も言わず一方的に別れを切り出した。 その後、新たな恋人と出会い、社会人になっても、亮太はずっと小春のことが忘れられない。 ある日、小春が別れを選んだ本当の理由を知ることに…。 ラブ・ストーリー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/01/25 15:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17-021「僕らのごはんは明日で待ってる」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる