CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 17-002「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(イギリス・アメリカ)

<<   作成日時 : 2017/04/01 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

虫とポットを見つけて
 魔法使いのニュート・スキャマンダーは、魔法の腕は超一流ながら人見知りでおっちょこちょいの魔法動物学者。魔法動物をこよなく愛する彼は、世界中を旅して魔法動物たちを集めていた。彼の不思議なトランクには、そんな魔法動物たちがいっぱい詰まっていた。
 ある日、ニューヨークへやって来たニュートだったが、ひょんなことからトランクが人間のものとすり替わってしまう。そしてトランクの中にいた可愛いものから獰猛なものまで、ありとあらゆる魔法動物が人間界に逃げ出してしまい、ニューヨーク中が大パニックに。
 ニュートは魔法使いのティナとクイニーや人間のジェイコブと協力して逃げた魔法動物たちを追っていくのだったが。(「allcinema」より)


 「ハリー・ポッター」シリーズの原作者、J.K.ローリングが新たに脚本を書き下ろしたという新シリーズ。

 魔法動物学者であり魔法使いであるニュート・スキャマンダーがアメリカ、ニューヨークにやって来るが、ひょんなことからトランクに入れていた魔法動物たちが逃げ出してしまい、大騒動を起こす様を描いている。


 このニュートが魔法動物に関して書いた本が、後にハリーたちが使う教科書として使用されるという設定らしく、時代的にはハリーたちよりも前、第2次世界大戦後あたりの時代設定のようである。

 そんなニューヨークの街が舞台ということで、普通の人間も多く暮らす中で、魔法使いたちは存在を消しながら共存しているという設定。

 しかし、ニュートが魔法動物を逃してしまい、彼らが騒動を起こすことによって魔法使いの存在が人間たちに遍く知られてしまう危険が発生する。

 ニュートは、アメリカ魔法省のティナと、その妹クイニー、そして人間であるジェイコブの手を借りながら、逃げ出した魔法動物たちを捕らえようと奮闘する。

 同時に、強力な何ものかによって街が破壊され、人間が殺されるという事件が発生し、その原因をニュートが逃がした魔法動物のせいにされそうになる。


 基本的にはニュートたちが、逃がした魔法動物を捕まえるという話がメインで、それに付随して事件の真相が明らかとなり、解決に導くという展開。

 色々な魔法動物が出てきたり、魔法を使うシーンなどが映し出され、映像的には見応えあったし、コミカルな部分も多くて楽しめる。

 ただ、ストーリーがそれ程惹き込まれる展開ではなかったかなという印象。

 クライマックス、ようやくニュートたちが事件の真相に立ち向かっていくという展開になって、面白くなってきたかなと感じる。

 人間が魔法使いの存在を知ったら、魔法によってその記憶を消さねばならないのだが、果たしてニュートたちは一緒に行動していたジェイコブに対し、どう処置するのかが気になる。


 ちょっと期待しすぎて、物足りない印象になってしまったかな。

 まあニュート自身がそれ程ヒーローになるようなキャラではなかったので、しょうがないかもしれないな。


 コリン・ファレル演じる魔法省のパーシバルは最初から怪しい感じの魔法使いであったが、その正体が最後に明かされ、そこで役者交代。
 意外な役者が登場するが、コリン・ファレルとこの人が同じ人物というのは、「Dr.パルナサスの鏡」を思い出すな。

/5

監督:デイビッド・イェーツ
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー
    コリン・ファレル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カーメン・イジョゴ
於:丸の内ピカデリー
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
面白かった。今後の展開が楽しみ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2017/01/04 00:32
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
ハリポタシリーズの番外編なのだけれど、このシリーズはやっぱり面白い!クリーチャーが生き生きとしている所も良かった。エディ・レッドメインが何故か不思議な位ハマり役。ホグワーツ魔法学校出身のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、ロンドンからN.Y.にやって来た。不思議なトランクを携えて。彼は魔法のビースト達を研究し、育て、絶滅から守る為に活動しているのだ。しかし、ひょんなことからトランクの中にいたビースト達が数体、N.Y.の街へ飛び出してしまったのだ。折しもアメリカ大陸では、魔法使いと... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/01/04 16:34
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
世界中を旅している魔法使いの青年ニュート・スキャマンダー。 アメリカ・ニューヨークを訪れた際、彼のトランクが“ノー・マジ(魔法族ではない普通の人間=マグルを指す米国流スラング)”の持ち物と入れ替わってしまった! トランクに入っていた魔法動物(ビースト)が街へ出て大騒ぎとなり、ニュートはマクーザ(アメリカ合衆国魔法議会)のティナに連行されることに。 一方、ニューヨークでは奇怪な現象が相次いで起こっていた…。 冒険ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/01/05 11:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17-002「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(イギリス・アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる