CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 17-019「NERVE [ナーヴ] 世界で一番危険なゲーム」(アメリカ・香港)

<<   作成日時 : 2017/04/10 03:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

あなたは殺人の共犯
 ごく平凡な女子高生ヴィーはある日、参加型オンライン・ゲーム“NERVE/ナーヴ”の存在を知る。それは多くの視聴者が見守る中、挑戦者となって与えられた課題をクリアした者は賞金をゲットできるというもの。
 ひょんな成り行きから挑戦者に名乗りを上げたヴィーは、さっそく“ダイナーで知らない男性に5秒間キスする”という課題をクリアする。すると、キスした相手イアンも挑戦者だったことが判明。
 ヴィーは視聴者の期待に応えるため、イアンとコンビを組んでさらなる課題に挑戦していくのだったが。(「allcinema」より)


 宣伝を見ると、「レベル・サーティーン」「13の選択」を思い出させるものがあったな。


 NERVE≠ニいう参加型のオンライン・ゲーム。
 視聴者から提示された課題をクリアできれば賞金がもらえ、その課題はどんどん難しいものになっていくが、その分賞金は高額になる。

 更に視聴者が多ければランキングが上がり、最終的にランキングの高い二人が決勝戦を争うというもの。


 自分のスマホで撮影して、課題をクリアする姿を配信し、それをネットやスマホで視聴者が観る。

 そんなゲームに勢いで参加することになった女子高生のヴィー。
 最初のチャレンジで出遭ったイアンという男性と、その後一緒に課題に挑戦していく。

 
 ちょっと奥手で、いわゆる平凡な女の子であったヴィーは、ゲームに挑戦することによって、自分を解放していくようになる。
 そんな時は楽しいのだが、徐々に視聴者のリクエストがエスカレートし、危険な状況となって、ようやくゲームの恐ろしさを知ることになる。

 しかし、その時にはゲームから逃れられない状況となっていた。


 危険なゲームに挑戦する展開で、サスペンスフルな部分もあるのだが、どちらかと言えば、青春モノの雰囲気の方が強かったかな。
 ゲームをしながら、恋や友情が描かれる。

 課題は色々あったが、それを自分で撮って配信するというのを見ていると、近頃動画でバカな行動を映してアップしているというニュースを思い出したな。
 線路で横たわっている挑戦者の姿を見て、余計にそう思ったな。

 そんな挑戦者の姿を観て喜ぶ、不特定多数の人々。
 ネット社会の面白い部分と怖い部分が描かれているかな。

 最後は何とかNERVEから逃れようと、ヴィーは友人たちと共に行動を開始する。
 
 緊張感を上げようという感じであったが、意外と決着に関しては、アッサリしたライトな感じだったかな。


 予想したほど緊迫する部分は少なめだったかなと思うが、ちょっと暴走した青春モノという感じの作品。
 バカッター的な行動であったが、まずまず楽しめた作品だった。

/5

監督:ヘンリー・ジュースト、アリエル・シュルマン
出演:エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコ、ジュリエット・ルイス、エミリー・ミード
    マイルズ・ハイザー、キミコ・グレン、マーク・ジョン・ジェフリーズ
於:TOHOシネマズ新宿
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム
高校3年生の女の子ヴィーは、進学する大学を決めかねていた。 そんな時、親友シドニーに煽られ、多人数参加型裏オンラインゲーム「NERVE/ナーヴ」に参加することに。 視聴料金を払う「視聴者」たちが出す「指令」に挑み成功した「挑戦者」は、視聴者数を集め最終決戦に勝てば大金を手に入れられる。 しかし、それはヴィー自身の情報がすべてオープンにされてしまう危険なアクセスだった…。 ゲーム・サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2017/01/22 07:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17-019「NERVE [ナーヴ] 世界で一番危険なゲーム」(アメリカ・香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる