CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 17-017「ダウンヘル」(チリ・カナダ・フランス)

<<   作成日時 : 2017/04/10 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何となくこうなる感じはした
 BMXレーサーのジョーは、チリの山中で行われたレース中、親友を事故で亡くしてしまう。傷心のジョーは、恋人のステファニーと共に、街で開催される展覧会のために山を降りる。
 道中、何かに感染したかのように衰弱した男と遭遇する2人。その直後、激しい銃撃とともに謎の武装集団が襲ってくる。その衰弱した男と武装集団には、何らかの関係があるらしかった。
 訳も分からぬまま、武装集団の標的となるジョーとステファニーだったが、それは最悪な1日の始まりに過ぎなかった。(「KINENOTE」より)


 BMXレーサーのジョーとその恋人ステファニー。
 チリの大会に参加するため、山中を下見している時に、車で事故を起こした男性を発見する。

 何かに感染したような様子を見せる男を助け出そうとしたとき、謎の男たちに銃撃を受け、逃げることになってしまう。

 いわれの無い襲撃を受けるジョーとステファニーの奮闘とサバイバルを描きながら、男たちの狂気の様子を映し出したサスペンス・ホラー。


 ポスター・ビジュアルだけ見ると、霊がさ迷うような山中に入り込んでしまうようなホラーなのかと思ったが、二人を襲撃してくるのは、実在の人間。

 しかし、ジョーたちが助けた男の体内には何か異物が入れられており、それは襲撃者たちが意図したもので、ちょっとカルト的な狂信の様子を見せている。

 彼らの行っていることが何なのかはハッキリと説明しないが、そんな男たちに襲撃され、山中を逃げ惑うジョーとステファニー。

 ちょっと話が違うが、このステファニー、他国へ来て、やたらと露出の多いセクシーな服装をしているというのは、考えが足りないような気がするな。
 それが要因で襲撃されたわけでもないのだが。


 理由も判らず襲われる中でのサバイバル・スリラーに加えて、ちょっとグロさを感じさせる襲撃者たちのカルト的な行為があり、何が起こるのか気になる展開の作品である。
 
 判りづらさがあり、ラストもあまりスッキリしたものでもないが、ちょっと変わったアクション・スリラーで興味深い作品ではあったな。

/5

監督:パトリシオ・ヴァラダレス
出演:ナタリー・バーン、ブライス・ドレイパー、ルーク・マッシー
    マティアス・ロペス、イグナシア・アラマンド、アリエル・レビ
於:ヒューマントラストシネマ渋谷
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
17-017「ダウンヘル」(チリ・カナダ・フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる