CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-284「雨にゆれる女」(日本)

<<   作成日時 : 2017/01/06 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人生って不公平
 過去に罪を犯し、飯田健次という別人として孤独に生きる男。
 ある夜、突然同僚が押しかけてきて、女を預かってほしいと強引に置いていく。その謎めいた女の登場で、健次の生活が狂い始める。
 そして次第に2人は惹かれ合っていくのだったが。(「allcinema」より)


 人と交わることなく、ひっそりと生きている謎の男、健次。
 そして、ふとしたことから健次の住む家へやって来ることになった、これまた謎の女、理美。

 そんな謎めいた二人が出会ったことによって思わぬ真実が明らかになるラブ・サスペンス。

 主演は、優香と結婚した、「るろうに剣心」シリーズの青木崇高。
 理美を演じたのは、「愛を歌うより俺に溺れろ!」の大野いと。


 冒頭、どことなく何かから身を隠そうとしているように見える男が現れ、その4年後、鋳物工場で働きながら、ひっそりと生きている。
 カレンダーにはある日付に印がされており、おそらく犯罪を犯して目立たないように生き、ひたすら時効を待っているんじゃないかなと予測できる。

 そんな健次の元に、同僚が半ば押し付けるように理美を置いていき、やがてそんな彼女と健次は徐々に惹かれ合っていく。

 これまで人と交わることもせずに時効を待っていた男が、一人の女性と関わることによって、捕まってしまうような話になるのかなと思った。


 しかし、二人が仲睦まじくなってくるところで、ことは急展開し、思わぬ事実が明らかになる。

 これは予想もしなかった展開だったな。

 どうやって、という気持ちはあるが、ますますどのような結末となるのか、二人の運命はどうなるのか、程よい緊張感で観ることになったな。

 
 静かな雰囲気で進み、程よい緊張感のある作品。
 雨が物悲しさを際立たせ、ハッピーエンドにはならないだろうなと感じさせる作品だったな。

/5

監督:半野喜弘
出演:青木崇高、大野いと、岡山天音、水澤紳吾、伊藤佳範、中野順二、杉田吉平、吉本想一郎、森岡龍
    地曵豪、十貫寺梅軒、河野宏明、原田裕章、上田辰也、遊屋慎太郎、山田紗椰、森尾寧仁、鶴町梨紗
於:テアトル新宿
雨にゆれる女 A Woman Wavering in the Rain
anang film
2016-12-01


Amazonアソシエイト by 雨にゆれる女 A Woman Wavering in the Rain の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-284「雨にゆれる女」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる