CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-275「溺れるナイフ」(日本)

<<   作成日時 : 2016/12/30 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

おまえは遠くまで行ける
 東京でモデルとしても活躍していた美少女・望月夏芽は、海辺の小さな田舎町・浮雲町に越してきた。
 刺激的な毎日から一転、退屈な日常に満たされない思いを募らせる彼女はある日、地元の名家・長谷川家の跡取り息子で、傍若無人ながらカリスマ的な輝きを放つ少年コウと出会い、心惹かれていく。
 コウもまた、夏芽の美しさに特別なものを感じ、やがて2人は付き合い始めるのだったが。(「allcinema」より)


 ジョージ朝倉の人気少女コミックを実写映画化した青春ラブ・ストーリー。

 東京でモデルをしていた望月夏芽が、祖父が暮らす海辺の田舎町、浮雲町へと引越し、そこで傍若無人ながらもどこか輝きを見せる少年、長谷川航一朗と出逢い、激しく惹かれ合う様を描いている。


 正直、一目惚れだとしても、夏芽が激しく惹かれることとなった航一朗の魅力というものが判りにくかった。
 容姿端麗ではあるが、傍若無人な振る舞いを見せる航一朗。

 しかし、どこか危うい雰囲気を持っている男に惹かれるというのは、あるのかもしれないな。


 しかし、本作は甘いラブ・ストーリーとなっているわけではなく、二人が両想いになって、幸福な日々を送るかなと思わせるところで事件が起き、二人の間には大きな溝が出来てしまう。

 大切な人を護りきれなかった悔しさと恥ずかしさというのは判るような気はするな。

 やがて、物語はクラスメイトである大友勝利が絡んでくるのだが、その顛末は予想のつくもの。

 航一朗の幼なじみの松永カナも登場するが、その絡みは弱めだったな。


 果たして、再び夏芽と航一朗はお互いの想いを確かめ合い、一緒になるのか気になるところであったが、必ずしも甘いエンディングではなかったな。

 
 単純に恋愛を描いているというより、自分を輝かせてくれる相手というものを描いているようであり、その理由はともかく、夏芽にとってそれは勝利ではなく、航一朗だったということなんだろう。


 クライマックスは航一朗の汚名挽回となるような展開であったが、そんなサスペンスフルな展開になるとは思わなかったな。


 展開が早く、説明不足の感が無きにしも非ずな展開。
 単純なラブ・ストーリーというわけではなく、ちょっと異色なラブ・ストーリーという感じで興味深かったが、スッキリする感じではなかったかな。

/5

監督:山戸結希
出演:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅、上白石萌音、志麿遼平
    斉藤陽一郎、嶺豪一、伊藤歩夢、堀内正美、市川実和子、ミッキー・カーチス
於:TOHOシネマズ渋谷
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
溺れるナイフ
東京から転校してきた15歳の美少女モデル夏芽と地元の少年コウは、一瞬で惹かれ合い付き合うことに。 しかし、火祭りの夜にある悲劇が二人を襲う。 深く傷つきコウと別れてしまった夏芽を救ったのは、同級生の少年・大友だった。 一方、コウには幼馴染のカナが、急接近してくる…。 ラブ・ストーリー。  ...続きを見る
象のロケット
2017/01/02 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-275「溺れるナイフ」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる