CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-272「RANMARU 神の舌を持つ男」(日本)

<<   作成日時 : 2016/12/28 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」
不気味なチューチュートレイン
 傷心の旅の途中、怪しげな鬼灯村で行き倒れてしまった朝永蘭丸。介抱してくれた女医りんに人工呼吸された時、その口内細菌に不快感がなかったことに興味を抱き、村の温泉で働くことに。
 やがて甕棺墓光と宮沢寛治も蘭丸を追って村にやって来るが、折しも村では次々と不吉なことが起こり、ついにはりんと恋仲と噂のあった卜真の遺体が発見され、りんに疑いの目が向けられてしまうのだったが。(「allcinema」より)


 絶対舌感を持つ朝永蘭丸が、その舌をもって、各地の温泉で起こる事件を解決していくというTVドラマ「神の舌を持つ男」の劇場版。
 TVドラマは全く知らなかったな。

 「TRICK トリック劇場版」シリーズや「劇場版SPEC」シリーズの堤幸彦が監督にあたっている。
 堤幸彦監督らしい、ギャグ満載の作品。

 朝永蘭丸に加えて、甕棺墓光という女性、そして宮沢寛治という男の3人が、トリオで活躍する。
 そして、甕棺墓光がやたらとボケを連発し、それを冷静にツッコンでいくのが宮沢寛治という図式である。

 本作ではそんな3人が、山形県の鬼灯村にやって来るのだが、彼らの到着に合わせたように、村では怪奇現象が発生し、ついには村民の一人の死体が発見される。

 蘭丸は、自らの舌を使って、事件解明に乗り出していく。


 人が死ぬという事件が発生するが、全体的にはギャグ満載のコメディ。
 光や寛治のやり取りに加えて、ちょっとおかしな村民たちの言動でも笑わせる。

 葛城ユキ・リスペクトの温泉旅館の女将など、個性的なキャラも多数。


 正直、光のギャグなどは笑わせるというよりも、うざさを際立たせるような感じで使われているよう。

 寛治を演じたのが、「幼獣マメシバ」シリーズの佐藤二朗で、いつもはボケまくるのだが、本作はツッコミ役。
 冷静ながら、その口ぶりに笑わせられるところはあるな。

 光が好んでいるらしい、何やらサスペンスや横溝正史作品っぽい雰囲気を漂わせながら、ギャグ満載で繰り広げられる事件とその解明。

 正直、ちょっとギャグ多すぎで、あまり笑えないものも多かったが、気軽に楽しめる作品ではあった。

 舌で味わって全てを解決する蘭丸であるが、何でも口にするというのは、ちょっと怖い行動でもあるな。

 
 事件の顛末はいいとして、解決はこんなものでいいのかな。
 可哀想なのは、死んだ村民ととその家族だけという感じがするな。

/5

監督:堤幸彦
出演:向井理、木村文乃、佐藤二朗、市原隼人、黒谷有香、財前直見、木村多江
    岡本信人、渡辺哲、矢島健一、春海四方、落合モトキ、永瀬匡、中野英雄
於:丸の内ピカデリー
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
RANMARU 神の舌を持つ男
なめたものの成分を瞬時に解析できてしまう特殊能力「絶対舌感」を持つ男・朝永蘭丸は、そのせいでまともな恋愛ができない。 傷心旅行の途中、彼は怪しげな鬼灯(ほおずき)村で行き倒れてしまう。 旅仲間である古物商の女・甕棺墓光と謎の男・宮沢寛治も、蘭丸を追って村へやって来た。 温泉で村おこしをしようとしていた鬼灯村だったが、不吉なことが次々と起こり始め大騒ぎに…。 温泉ギャグミステリー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/01/01 00:29
『風に濡れた女』を新宿武蔵野館2で、『RANMARU 神の舌を持つ男』をUCT2で、『ニーゼと光のア...
2016年鑑賞最後の三本。 『風に濡れた女』は12月29日、業務終了12:15から納会開始の16:00までの間に見れる映画を探してチョイス。 『RANMARU 神の舌を持つ男』はユナイテッドシネマの年末 ... ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2017/01/08 10:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-272「RANMARU 神の舌を持つ男」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる