CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-262「イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編」(日本)

<<   作成日時 : 2016/12/15 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この1年は最悪の1年だった
 斗南高校に通う3年生の落ちこぼれ女子、相原琴子。入学式の時に一目惚れして以来、イケメンで天才の入江直樹に一途な想いを抱いていた。そしてついに告白するが、“頭の悪い女は嫌い”とあえなく玉砕。
 さらに引っ越し先の新居が欠陥住宅で住む家もなくなる始末。そんな踏んだり蹴ったりの琴子だったが、事情を知った父の学生時代の親友が居候させてくれることに。ところがなんと、その家の長男は直樹だった。
 同じ屋根の下で暮らすうち、ますます直樹のことが好きになっていく琴子だったが。(「allcinema」より)


 多田かおる原作の人気少女コミックを実写映画化した作品。

 もちろんコミックは読んだことないが、聞いたことあるタイトルだなと思っていたら、韓国でTVドラマが作られ、その劇場版となる「イタズラなKiss〜Playful Kiss<劇場編集版>」というのが、日本でも公開されていたので、そのタイトルを憶えていたんだな。


 落ちこぼれ高校3年生の相原琴子が、イケメンで天才の入江直樹に1年生の頃から片想い。
 意を決して告白するが、あえなく玉砕。

 しかし、ひょんなことから二人は同じ屋根の下で暮らすことになる。
 そんな状況の中で、二人のやり取りがコミカルに描かれていく。

 「L・DK」と同じかと思ったが、琴子と父親が引っ越した新居が欠陥住宅で崩壊し、父親の学生時代の友人宅に居候することになるのだが、それが入江家。
 そんな訳で、琴子と直樹は同居することに。


 正直入江直樹のキャラは、普通で考えれば嫌な奴という感じで、全体的には魅力的という感じではないんだがな。
 しかし、時折見せる優しさというのが、いいのかな。

 琴子はそんな直樹に、時に怒ったり、時に悲しまされたりするが、それでも直樹のことが好き。

 琴子のおバカキャラもあって、全体的には笑わされること多々。
 加えて、琴子の父親に、直樹の両親もちょっとおかしなキャラで、こちらにもかなり笑わされるな。


 琴子を演じた美沙玲奈に、直樹を演じた佐藤寛太は知らない俳優で、ちょっと演技に気になるところもあったが、周囲が盛り上げて、なかなか笑いも多く、面白い作品だった。

 二人の関係がどうなるのかなと気になったが、「ハイスクール編」とあるように、「イタズラなKiss THE MOVIE キャンパス編」という続編があるようである。
 結果は持ち越しということか。

/5

監督:溝口稔
出演:佐藤寛太、美沙玲奈、山口乃々華、大倉士門、灯敦生、石塚英彦、石田ひかり
    陣内孝則、ウド鈴木、文音、井出卓也、鶴久政治、佐藤瑠生亮、水樹奈々
於:池袋HUMAX CINEMAS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編
斗南高校に通う3年生の相原琴子は、万年落ちこぼれのFクラス。 学校イチのイケメンでIQ200、偏差値90というA組の秀才・入江直樹に告白するが、「頭の悪い女は嫌いなんだよ。」と即座に断られ、学校中の笑いものになってしまった。 更に、引っ越し先が欠陥住宅で全壊し、住む家がなくなってしまう。 しばらく父の友人宅へ居候することになるが、その親友とは何と直樹の父だった…。 ラブ・コメディ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/12/21 08:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-262「イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる