CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-239「ザ・ヴィジランテ 世界最強の私設軍隊」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/11/21 00:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

奴が優秀なら、後で悩まされる
 政府が手も足も出せない巨大麻薬カルテルに乗り込んで悪党を次々と倒す謎の男たち。彼らの動画をドキュメンタリー映画監督マイクが投稿したことから人気に火が付き、男たちはヴィジランテ(私設軍隊)と呼ばれる世界的な英雄になった。
 しかし復讐に燃えるアルメニア・マフィアにヴィジランテのリーダーが捕まり、ウルフマンをはじめとした仲間たちは救出に向かう。
 しかしそれは、CIAエージェントが暗躍する、世界を股にかけた戦争の始まりだった。(「KINENOTE」より)


 ヴィジランテと呼ばれ、巨大な麻薬カルテルなどを相手にする男の活躍を描いたアクション・サスペンス。

 
 物語は、そのヴィジランテが、弟を殺されたため復讐に燃えるアルメニア・マフィアに捕まったところから始まり、そのヴィジランテを助け出すために、元傭兵たちが動き出す。

 このヴィジランテ、謎の男に育てられ、政府も手が出せない悪を倒す男になっていくのだが、意外と簡単に捕まったり、襲われたり、罠にはまって、取り囲まれたりする。

 ヒーローとしては、少々物足りなさを感じるが、人間くさい男というところか。

 そんなヴィジランテの命を執拗に狙うアルメニア・マフィアのボス。

 更にそのアルメニア・マフィアやヴィジランテの周囲を怪しげに動く、バリントンという男の存在。


 アルメニア・マフィアと闘いながら、その裏に隠されている陰謀を阻止しようとヴィジランテが奮闘するという展開。

 
 10年前のアフガニスタンでの戦闘から物語は始まり、更に幾つもの国を舞台にした壮大な物語になっているが、少々判りにくいところはあったかな。

 非常に男くさい話でもあったが、その割にはセクシーな美女も多数登場する。

 個人的には、ヴィジランテの師匠のような男を演じたマイケル・マドセンが出ていたところが嬉しかったな。
 更に最後の最後でダニー・トレホまで登場しているところにも驚きがあったな。


 しかし、これだけの大激戦を見せていて、一つの事件を解決した程度で、その要因となったものは解決していなかったな。

 まるで続編があるような終わりであった。

/5

監督:クリスチャン・セスマ
出演:ポール・スローン、クイントン・ランペイジ・ジャクソン、ジェイソン・ミューズ
    ケヴィン・L・ウォーカー、ジャクリーン・ロード、マイケル・ホワイト、マイケル・マドセン
於:ヒューマントラストシネマ渋谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-239「ザ・ヴィジランテ 世界最強の私設軍隊」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる