CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-238「太陽」(日本)

<<   作成日時 : 2016/11/20 13:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

村をダメにしたのはノクスじゃない
 21世紀初頭の日本。バイオテロによる謎のウイルスの拡散で世界の人口は激減し、生き残った人類はウイルスの感染を克服した新人類と旧人類に2分した。
 新人類は“ノクス”と呼ばれ、心身共に進化し高度な社会を構築するが、太陽の下では生きられないという弱点を抱えていた。一方、“キュリオ”と呼ばれる旧人類は、太陽の下で自由に生きられるものの、ノクスに管理され、貧しい生活を強いられていた。
 20歳までの若者にはノクスへの転換手術を受けられるチャンスがあったが、ある時、キュリオの暮らす村でノクスが惨殺される事件が起こり、その村では厳しい経済封鎖を受けるとともに、転換のチャンスも奪われてしまう。
 それから10年、キュリオの青年・奥寺鉄彦は、村での鬱屈した生活にやり場のない怒りを抱える日々。その幼なじみの生田結は、かつて母親が自分と父を捨ててノクスに転換したことでノクスへの憎しみを募らせていた。
 そんな中、10年ぶりに経済封鎖が解かれ、ノクスへの転換手術の募集も再開される。ノクスに憧れる鉄彦はすぐさま応募し、期待に胸を膨らませるのだったが。(「allcinema」より)


 太陽の下では生きられないものの、高度な社会を構築する新人類のノクスと、太陽の下で生きられるものの、ノクスに管理され、貧しい生活を強いられる旧人類のキュリオ。

 ノクスになることを望みながら日々生きるキュリオの青年、奥寺鉄彦。
 そんな鉄彦の、同じキュリオである幼なじみの少女、生田結や門番をしている、ノクスの青年、森繁富士太との交流の日々を描きながら、キュリオが住む村で起こる事件、そしてそれぞれが抱える想いが描かれる。


 格差のある社会での憤りなどが描かれるが、その怒りの矛先は高度で裕福な生活を送るノクスたちにキュリオたちに向けられるが、実は問題は自分たちの中にあるのではないかと考える者もいる。

 そんな社会で、大人たちに、ある意味振り回されてしまう子供たちの運命が描かれていき、なかなか興味深い話ではあった。

 ノクスとキュリオが生まれた背景には、原因不明のウイルスの蔓延で人口が激減し、それに因るものがあったということで、一応SF的な要素もあるのだが、キュリオが生活する村ははかなり文明とは程遠い雰囲気。

 ノクスの生活は近代的であり、その格差がそこで生活する人間たちの気持ちにも表れているような感じである。


 SF的な面白さよりも、格差社会で生きる者たちの姿、それに巻き込まれてしまう子供たちの姿を見るような青春ドラマだったな。

/5 

監督:入江悠
出演:神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、綾田俊樹、水田航生
    高橋和也、森口瑤子、村上淳、中村優子、鶴見辰吾、古舘寛治
於:池袋シネマ・ロサ
太陽
2016-10-07


Amazonアソシエイト by 太陽 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「太陽」
縁あって、舞台挨拶付き完成披露試写会を観に行く機会を得た。そして、開演前に偶然かみきゅんと遭遇。最初かみきゅんだとわからなかった。何故ならめっちゃイケメンだったから。もちろんかみきゅんはまごう事無きイケメンなのだけれど、ちょっと個性的というか、憎み切れないいたずらっ子的な感じがスクリーンでのかみきゅんにはあるのに、実物は単なるイケメンだったから、コレびっくり!「単なるオヤジだった」という表現と同レベルの単なるイケメンだった。冷たい位のイケメンだった。いやはやいやはや…。でも舞台挨拶上でのかみきゅ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/11/21 12:59
太陽
21世紀初頭、ウイルスによって世界の人口は激減した。 生き残った人類は、吸血鬼ではないが太陽の光を浴びることができない進化した新人類ノクスと、ノクスに支配され貧しく暮らす従来型旧人類キュリオの2つに分かれることに。 転換手術によってキュリオはノクスになれるが、それは選ばれた20歳までの若者に限られている。 キュリオの青年・奥寺鉄彦は転換を切望し、生田結は拒んでいた…。 近未来SFドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/11/23 00:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-238「太陽」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる