CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-237「ヒーローマニア 生活」(日本)

<<   作成日時 : 2016/11/11 01:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

震えているのは俺だけじゃなかった
 寂れた地方都市、堂堂市。不況が街を覆い、人心は荒廃、治安は荒れに荒れていた。
 コンビニでバイトする青年、中津秀利。正義感はあるものの、ヘタレゆえに妄想の中で悪党を退治するのが関の山。 
 ある時、チンピラに絡まれた中津は、彼らを一人で叩きのめした赤いニット帽の青年、土志田と出会う。その正体は、類い希な身体能力を持つ下着泥棒だった。彼の強さに惹かれた中津は、街から不良を一掃すべく一緒に戦おうと声を掛ける。
 こうして悪党退治に乗り出した2人は、やがて金づちを武器に若者狩りをする定年間際のサラリーマン、日下と情報収集に長けた女子高生のカオリを仲間に加え、自警団としての活動を本格化させ、いつしか街のヒーローとなっていくのだったが。(「allcinema」より)


 治安の悪い街で、ひょんなことから自警団を結成することになったフリーターの青年と仲間たちの運命を描いたアクション・コメディ。

 コメディという触れ込みであり、観る前の予想も、もっと笑わせるような内容かと思っていたが、結構シリアスな内容だったな。

 
 ヘタレで、頭の中だけで悪人退治をしていたフリーターの中津は、身体能力の高い下着泥棒の土志田と出逢い、街の悪人たちを懲らしめることに乗り出す。

 同じように金槌を持って若者を退治するサラリーマンの日下とやたらと情報通である女子高生のカオリも参加し、自警団として活動していくようになる。

 しかし、自警団として有名になると、怪しげな男、宇野が近づいてきて、中津たちの運命は思ってもいなかった方向へと向かっていく。


 ところどころ笑いを誘うようなシーンはあるが、内容はシリアス。

 アクションもなかなか見せてくれる。
 土志田演じる窪田正孝もそうであるが、日下演じる片岡鶴太郎も頑張っていたな。

 まさか、仲間の一人の運命がああなるとは思ってもおらず、それがシリアス度を増していた。

 中津にも隠された過去があったりするが、やがてそれも克服してのクライマックスになっていく。

 
 なかなか面白い話で、アクションも楽しめる作品。
 本当の正義とは何かも少し考えさせてくれる話だったな。

/5

監督:豊島圭介
出演:東出昌大、窪田正孝、小松菜奈、山崎静代、船越英一郎、片岡鶴太郎、村上和成、黒田大輔、松岡恵望子
於:シネ・リーブル池袋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヒーローマニア-生活-
まぁ予想してたよりかは面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/11/21 01:19
ヒーローマニア 生活
コンビニでバイトするフリーター中津は、謎の身体能力を誇るニート土志田、情報収集力抜群の女子高生カオリ、夜は“若者殴り魔”になるサラリーマン日下と、町を守る自警団を結成。 社会が裁ききれない小さな悪を天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始める。 彼らは市民の賛同を得るようになったが…。 ...続きを見る
象のロケット
2016/11/23 00:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-237「ヒーローマニア 生活」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる