CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-227「闇金ウシジマくん Part3」(日本)

<<   作成日時 : 2016/11/01 01:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

高いから買うんだろ
 派遣の仕事で食いつなぐ若者・真司は、ネットビジネス界のカリスマ天生翔の広告を見て、半信半疑で彼のセミナーに出席する。そして、人生の一発逆転を夢見て危険なマネーゲームに溺れていく。
 一方、妻がいながらキャバクラ通いを続けるサラリーマンの加茂。美人キャバ嬢・花蓮に入れあげ、ズブズブと闇金の底なし沼にハマっていく。(「allcinema」より)


 人気コミックを実写化した「闇金ウシジマくん」「闇金ウシジマくん Part2」に続くシリーズ劇場版の第3弾。

 闇金を営む丑嶋の前に欲望に飲み込まれていく人間たちが現れ、その行く末を描いた作品。


 前作までは丑嶋が結構乗り出して、そんな金と欲にまみれた人間たちに対し、最終的に決着をつけるような動きを見せていたと思うのだが、本作ではそれほど目立った動きは見せなかったかなという印象だった。

 丑嶋の解決策は必ずしも正義の鉄槌というわけではなく、貸した金を回収することが目的で、借りた人間は幸福になるわけでもない。

 そんなシニカルな話が結構面白いのだが。


 日雇いの労働で暮らし続け、いつかこんな生活を脱したいと思っている青年の沢村真司。
 ネットビジネス界のカリスマ、天生翔のセミナーに参加し、やがてどんどんはまっていく。

 中年サラリーマンの加茂守は、不倫をネタに脅迫されながら、キャバクラに通い、お気に入りのキャバ嬢に入れあげている。

 そんな真司と加茂が闇金に手を出し、やがて泥沼にはまっていく姿が描かれていく。


 マルチ商法にはまり、丑嶋から金を借りながら、何とかのし上がっていこうとする様子や、キャバ嬢にはまり、金を貢いでいくという姿。

 傍から見れば、典型的に騙されているパターンと判り、二人の行動がちょっと愚かに感じる。
 それでも、前しか見えない状態だけに、果たしてこの二人の行く末がどうなるのか興味深い展開だった。


 丑嶋の出番が少なめだったのは残念だったが、物語としては興味深いもので、反面教師となるものだったな。

 本作での丑嶋の出番は少なめだったが、金と欲にはまっていく者たちを、ある意味見守りながら、いざという時に出てくるというのが今回の丑嶋だった。

 
 「闇金ウシジマくん the final」が連続公開ということで、そちらは結構丑嶋がメインとなる話のようである。

/5

監督:山口雅俊
出演:山田孝之、綾野剛、本郷奏多、白石麻衣、筧美和子、最上もが、マキタスポーツ、山田裕貴
    前野朋哉、矢野聖人、児嶋一哉、さくらゆら、岸井ゆきの、水澤紳吾、山下容莉枝、大杉漣
    藤森慎吾、浜野謙太、高橋メアリージュン、崎本大海、やべきょうすけ、川野直輝、一之瀬ワタル
於:池袋HUMAX CINEMAS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-227「闇金ウシジマくん Part3」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる