CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-210「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」(オランダ)

<<   作成日時 : 2016/10/07 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

快適な旅をご用意出来るとすれば楽しみですか
 母親が亡くなり、天涯孤独となったオランダの大富豪ヤーコブ。莫大な資産を寄付し、身辺整理をして、かねてからの願いだった自殺を試みる。
 しかしなかなか上手くいかず途方に暮れていたところ、ひょんなことからブリュッセルにある奇妙な代理店“エリュシオン”の存在を知る。そこではなんと、顧客のあの世への旅立ちを請け負っていたのだった。
 ヤーコブはさっそく、いつ、どこで、どのように死ぬかおまかせという“サプライズ・コース”を契約する。ところがその直後、同じサプライズ・コースを申し込んだ女性アンネと運命的な出会いを果たし、図らずも人生が輝き出す。
 しかしエリュシオンに延期を申し入れるも解約は不可とのこと。確実に迫る“サプライズ”から逃れるため、アンネとともに逃避行の旅に出るヤーコブだったが。(「allcinema」より)


 母親が亡くなり、一人ぼっちとなった大富豪のヤーコブ。
 自殺幇助をしてくれる代理店と契約を結び、いつ、どこで、どのように死ぬか判らないサプライズコースを選ぶ。

 自殺をしようとしても、失敗していたヤーコブは、この契約を結んだことによって安心し、逆に心穏やか、晴れやかな気分で過ごすようになる。

 更に代理店で、同じコースを選んだという女性、アンネと出会い、話をしていくうちにどんどん彼女に惹かれていき、逆に人生がいきいきとし始める。

 代理店へ契約の延期を求めるが、それは受け付けられず、ヤーコブはアンネと共に代理店から逃げようとする。


 果たしてヤーコブとアンネは代理店から逃れ、二人で新たな人生を歩めるのか。

 
 悲しみに打ちひしがれ、生きる気力もなかったヤーコブ。アンネと出会って、生きる喜びを感じ始めるのだが、ちょっと感情欠如っぽい様子がコミカルで面白い。

 自殺幇助の契約に関しては、驚きの展開を見せたりして、ちょっとした緊迫感を見せたりもするが、基本的には綺麗な流れの作品。

 死を取り上げてはいるが、コミカルな雰囲気もあり、気分的には明るい感じで観られる作品であった。

/5

監督:マイク・ファン・ディム
出演:イェルン・ファン・コーニンスブルッヘ、ジョルジナ・フェルバーン、ヤン・デクレール、ヘンリー・グッドマン
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店
ヤーコブは、オランダの貴族で大富豪のファン・ザイレン家の一人息子。 自殺願望を持ち続けていた彼は、財産を処理し何度も自殺を試みるが、常に邪魔が入ってしまう。 そんな時、彼は奇妙な旅行代理店を見つける。 それは“最終目的地への特別な旅”すなわち“自殺ほう助”を行う店だった。 ヤーコブは、【いつ、どこで、どうやって死ぬか分からない“サプライズ”コース】に申し込むが、そこで同じく自殺志望の女性アンネと出会う…。 ラブ・コメディ。 ...続きを見る
象のロケット
2016/10/16 09:49
映画評「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年オランダ映画 監督マイク・ファン・ディム ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/04/24 11:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-210「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」(オランダ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる