CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-209「シンデレラゲーム」(日本)

<<   作成日時 : 2016/10/06 02:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

それかぼちゃじゃないよね
 所属するアイドルユニットの解散公演を終え、悲しみに暮れる沙奈が目覚めると、いつの間にか孤島にいた。そして周りには、同様に拉致されたアイドルたちの姿があった。
 そこにタキモトと名乗る男が現れ、彼女たちはシンデレラゲームというゲームに参加させられることを告げる。ルールは、トーナメント制のカードバトルを勝ち抜けばトップアイドルになれるというもの。 
 亡き姉の夢を継ぎ、トップアイドルを目指す沙奈もゲームへの参加を決める。しかし、負ければ死が待っていることを彼女たちは知らなかった。(「KINENOTE」より)


 優勝すればトップ・アイドルになれるというシンデレラゲーム≠ノ参加させられるB級アイドルたちの姿と戦いを描いたサバイバル・ホラー。

 気が付くと見知らぬ島の浜辺で目覚める、アイドルユニットが解散したばかりの灰谷沙奈。
 他にも同じユニットであった金原エリナなど20名のアイドルたちが一緒。

 そして彼女たちの前に現れたタキモトという男たちがゲームの開始を宣言する。

 見知らぬ場所で目覚め、強制的にゲームに参加させられるのは「人狼ゲーム」に似ているし、そのゲームが島内に散らばっているカードを集めて対決するというもの。
 ちょっと「ジョーカーゲーム」も思い出させる。

 ついでに言えば、女同士のバトルは「脳漿炸裂ガール」か。


 島内に散らばっている3種類のカードを集め、それで1対1で対決し、負ければ死が待ち受ける。

 正直対決自体には、それ程緊迫感はなかったかな。
 オプションカードというものもあり、これが、最終問題は100点というような感じ。

 女同士の対決ということで、ドロドロしたものが見せられるのかと思っていたが、それらしきものは多少あれど、もうちょっとあっても良かったかなという印象。

 同じユニットであったということで、沙奈とエリカは協力して行動するが、生き残れるのは一人。
 果たしてその対決の行方はどうなるのかと思っていたのだが、何か肩透かしのような結果。

 最後に登場する対戦相手というのも驚きというほどでも無かったな。

 しかし、昨年も参加して優勝したのにトップアイドルにはなっていなかったようだし、対決で負けたのに生きているというのは、どういうことなんだろうな。

 サバイバル・シチュエーション・ホラーとしては、あまり目新しいところはなかったが、アイドルたちが戦うという設定がちょっと興味深かったかな。

 灰谷沙奈を演じたのは山谷花純。名前は知れど、ハッキリとは憶えていなかったが、それこそ「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」に出ていたようで、「白魔女学園 オワリトハジマリ」「劇場版 零 〜ゼロ〜」など色々出ていたんだな。

/5

監督:加納隼
出演:山谷花純、吉田明加、春川芽生、佐々木萌詠、清水あいり、阿知波妃皇、其原有沙
    水木彩也子、凛青、湯浅菜月、西岡璃南、澤井まどか、長田彩花、駿河太郎
於:シネマート新宿
シンデレラゲーム [DVD]
TCエンタテインメント
2016-12-21


Amazonアソシエイト by シンデレラゲーム [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『シンデレラゲーム』『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』をまとめてレビュー
『シンデレラゲーム』のレビューついでに未レビューだった『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』を道連れレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/10/26 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-209「シンデレラゲーム」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる