CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-222「ハイエナ・ロード」(カナダ)

<<   作成日時 : 2016/10/19 01:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この地は憎悪で満ちている
 イスラム系武装組織タリバン発祥の地と言われているアフガニスタン・カンダハル。至る所に地雷が仕掛けられた危険地帯で、カナダ軍の兵士たちが“ハイエナ・ロード”と呼ばれる復興道路建設の任務に従事している。
 ある任務中に敵の総攻撃を受けた狙撃部隊の精鋭ライアンは、偶然逃げ込んだ村の長老により命を救われる。極秘任務を帯びた情報将校ピートは、ライアンを救った長老が地元の有力者たちにも絶大な影響力を持つ“伝説の戦士”であると確信し、任務のためにライアンを伴い長老との接触を試みる。
 「自分の銃弾がいつか世界を変える」と信じるライアンと、一見柔和ながらときに冷徹さを見せるピート。果たして、ピートの任務の真の目的とは何なのか? 
 殺し合いが日常と化した過酷な環境のなか、何が2人を待ち受けているのか?(「KINENOTE」より)


 9.11以降、アフガニスタンで対タリバン紛争にあたっていたカナダ軍兵士たちの奮闘を描いたミリタリー・アクション。

 アフガニスタンのカンダハルに駐留し、至る所にある地雷に注意しながらタリバン掃討作戦にあたっているライアン率いる狙撃部隊。

 そして何かしらの目的のためにライアンと共に行動する情報将校のピート。


 物語は、ライアンとピートが協力し、ライアンたちが危機に陥った時に彼らを救った長老を探し出し、協力を仰ごうとする展開。
 その長老は、かつてロシア軍を恐れさせたという伝説の戦士で砂漠のライオン≠ニ呼ばれた男。

 ピートは砂漠のライオンの協力を得て、何かを目論んでいる感じ。
 そしてライアンは実直で、自分の銃弾がいつか世界を変えると信じている。

 そんな二人が、何度も襲撃を受けながら、何とか砂漠のライオンと通じて、ことを成し遂げようとする様子が描かれる。


 タイトルのハイエナ・ロードというのは、タリバン掃討作戦を速やかに実施できるように建設する幹線道路の名前であるが、これがなかなか思うように進まない。

 道路建設が完遂された時に物語はクライマックスに達する。

 まあ、イスラム系組織との戦いを描いたミリタリー・アクションはこれまでもあったが、本作はそんな過酷な環境の中で、ライアンと、作戦実行の指揮を執る女性大尉との間のロマンスも描かれる。

 隊規違反ではあるが、果たしてこの二人のロマンスはどうなるのか、作戦遂行の行方に加えてこちらも、ありなのか、と思いながら気になるところ。

 しかし、このロマンスというのは、この作品の結末に感情を揺さぶろうとする要素という感じに思えなくもなかったな。

 
 過酷な地での生活や、激しい戦闘など、ミリタリー・アクションとしての面白さは充分味わえる作品だった。

/5

監督:ポール・グロス
出演:ロッシフ・サザーランド、ポール・グロス、クリスティーン・ホーン、クラーク・ジョンソン、ジェニファー・パダヴィック 於:ヒューマントラストシネマ渋谷

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-222「ハイエナ・ロード」(カナダ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる