CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-218「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」(日本)

<<   作成日時 : 2016/10/15 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

それは私のマグナムだ
 世界中から次々とパンティが消えていく謎の現象がメディアを賑わせている中、色丞狂介は愛子のパンティを被り、変態仮面となって悪を退治する日々を送っていた。
 市民からもその活躍を認められるようになり、やりがいを感じる一方、そんな狂介を複雑な思いで見つめる愛子との間には次第に溝が深まっていく。
 そんな中、同級生の愛子に秘かな思いを寄せる真面目青年・真琴正が狂介への憎悪を募らせていくのだったが。(「allcinema」より)


 女性のパンティを被り、その興奮の力で悪を倒すヒーローの姿を描いた「HK/変態仮面」の続編。

 前回高校生だった主人公の狂介と愛子は大学生となっているが、狂介は相変わらずパンティを被り、変態仮面となって悪を成敗し人々を救っている。
 しかし、そんな狂介に対し、愛子はどこか複雑な気分でいる。

 少々二人の間がギクシャクし始めた頃、世界中からパンティが無くなるという事件が発生し、更に愛子に対し想いを寄せる真琴正という青年が狂介への憎悪を募らせ、やがて狂介の前に最強の敵が現れる。


 設定からしてエッチな要素は変わらず、ちょっとバカバカしさも感じるが、狂介の姿とその言動に笑わせられるシーンは相変わらず。
 しかし、さすがに1作目ほどのインパクトは無かったかな。

 前作でも登場し、強烈な個性を見せていた安田顕が今回も登場してくれる。
 違う役柄での登場ではあるが、それはまさかの役である。
 そして、前作にも劣らぬ強烈で笑える演技を見せてくれる。


 前作で変態仮面に敗れたムロツヨシ演じる大金玉男も復活するが、改造途中のその姿や、変態仮面の戦い方など、「スパイダーマン」を意識した部分が大きかったな。


 1作目に観た時よりはインパクトは弱めに感じはしたが、それでも変態を中心とした話の展開や笑いは楽しめ、意外とアクションもしっかりしていたという印象。

 本作も面白い1本だった。

/5

監督:福田雄一
出演:鈴木亮平、清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ、片瀬那奈、池田成志、安田顕、水崎綾女
    皆川猿時、新井浩文、やべきょうすけ、勝矢、足立理、上地春奈、木根尚登、佐藤仁美
於:新宿バルト9
HK変態仮面アブノーマル・クライシス オリジナル・サウンドトラック
ミラクルバス
2016-05-25
瀬川英史


Amazonアソシエイト by HK変態仮面アブノーマル・クライシス オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス
【概略】 愛子のパンティを被って変態仮面となり、悪と戦う狂介。彼に複雑な思いを抱いていた愛子はパンティを返してもらうが、ふたりの気持ちはすれ違い始め…。 アクション ...続きを見る
いやいやえん
2016/10/24 17:41
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス
パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせていた。 狂介は相変わらず愛子のパンティを被って悪を倒していたが、徐々に二人の心はすれ違い始める。 一方、同級生の真琴正は、狂介への憎悪を募らせていく。 愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる…。 アクション・コメディ第2弾。 ...続きを見る
象のロケット
2016/10/27 10:50
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス
今回も面白かった。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/11/21 01:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-218「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる