CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-200「キング・オブ・エジプト」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/09/24 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

未来にはあり、いまだあったことがない
 エジプトの国王として民から慕われてきた神オシリスだったが、王座を息子である天空の神ホルスに譲ることを決定する。
 しかし、それに納得いかないオシリスの弟で砂漠の神セトが、兄を殺し甥のホルスの両眼を奪い、王座を簒奪してしまう。以来、暴君セトの圧政に人々は苦しめられることに。
 そんなある日、こそ泥の青年ベックが、ホルスの片眼を神殿から盗み出すことに成功するが、そこから脱出する際に恋人のザヤが命を落としてしまう。ベックはホルスに盗んだ片眼を返し、ザヤを生き返らしてほしいと願い出る。
 こうしてベックとホルスは、ザヤの命と王座奪還のために過酷な冒険の旅へと繰り出すのだったが。(「allcinema」より)


 神々が王として君臨していた古代エジプトを舞台に、王座を争う神たちと、その争いに巻き込まれることとなった人間の青年の運命を描いたスペクタクル・アクション。


 人間にも慕われて、王として君臨してきたオシリス神が、王座を息子のホルスに譲ろうとしていた中で、それを不服としたオシリスの弟セトが、オシリスを殺し、王座を略奪する。

 ホルスの両眼も奪い、追いやったセトは暴君として人々を苦しめる。

 そんなセトから王座を奪い返すため、ホルスは立ち上がり、それを助けるのが人間の青年で、盗人のベック。
 ベックはホルスの眼を盗み出した際、恋人のザヤを殺され、彼女を生き返らせることを条件に、ホルスを手助けをすることに。

 王座を争う話としては、よくあるような話であるが、一応古代エジプトに残る神話を基にしたストーリーとしては、結忠実な展開らしい。

 そんなホルスたちの王座奪還までの苦難の道のりを、CG満載の映像で描いており、神話の面白さよりは、大掛かりなアクションで楽しませる作品になっている感じである。

 神々は動物に変身して戦うことができるようであるが、変身した姿は金銀に輝いた鎧を着ているようで、まるで「聖闘士星矢 」のクロスか、「牙狼 GARO」の黄金騎士のようであったな。

 
 世界を支配している神々は、達観しているような感じではなく、それぞれが欲望と愛情を持っているというキャラで、単に力を備えた人間という雰囲気だった。

 オシリスとセトの父で、ホルスの祖父にあたる太陽神ラーだけは、全てを悟った雰囲気を醸し出していたが。


 神のホルスと人間のベックが協力しながら、動くピラミッドやスフィンクスの謎に挑むシーンなど、アクションは充分に堪能できる。

 果たして彼らは様々な難関を乗り越え、セトから王座を奪取できるのか、展開も気になるところであったな。

/5

監督:アレックス・プロヤス
出演:ブレントン・スウェイツ、ニコライ・コスター=ワルドー、コートニー・イートン、チャドウィック・ボーズマン
    エロディ・ユン、ルーファス・シーウェル、ジェラルド・バトラー、ジェフリー・ラッシュ、レイチェル・ブレイク
於:池袋HUMAX CINEMAS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キング・オブ・エジプト
神々を讃えた石像やピラミッドが建ち並ぶ古代エジプト。 世界は神と人間が共生し、“生命の神”オシリス王によって統治され、繁栄を誇っていた。 しかしそれを嫉んだ弟の“砂漠の神”セトがオシリスを謀殺し、王座を奪ってしまう。 オシリスの子で≪神の眼≫を失った“天空の神”ホルスと、セトに恋人ザヤを奪われた人間の盗賊青年ベックは、手を組むことに…。 アクション・アドベンチャー。 ...続きを見る
象のロケット
2016/09/24 22:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-200「キング・オブ・エジプト」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる