CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-197「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/09/15 00:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

違いがチームを強くする
 レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロたち“ミュータント・ニンジャ・タートルズ”の活躍で逮捕されたフット軍団のリーダー、シュレッダー。しかしマッドサイエンティストのストックマン博士と、部下の最狂コンビ、ビーバップ&ロックステディの協力で脱獄に成功する。
 TVレポーター、エイプリルとともに再びシュレッダー打倒に立ち上がるタートルズだったが、イノシシとサイのミュータントに変貌したビーバップ&ロックステディに苦戦する。
 そんな中、異次元から地球征服を目論む悪の帝王クランゲの脅威も迫り、最大の危機を迎えるタートルズだったが。(「allcinema」より)


 人間大に変貌した、忍術を使うカメたちが活躍するアクション・エンターテインメント。

 人気コミックのリブート版の第2弾であるが、前作は「ミュータント・タートルズ」で、本作にはミュータントとタートルズの間にニンジャと入っている。

 製作には前作と同じくマイケル・ベイもあたっているが、監督は「アース・トゥ・エコー」のデイヴ・グリーンに代わっている。


 前作で宿敵シュレッダーとフット軍団の企みを阻止したタートルズたちであるが、逮捕されたシュレッダーが護送中に逃亡。
 再びタートルズたちは、シュレッダーを捕らえるために動き出すが、彼らの前に新たな敵も登場する。


 前作と変わらぬスピード感あるアクション・シーンが満載で、見応えあり、ハラハラするシーンも多いアクションであった。

 ヒーローとして表には出ず、影の存在としてニューヨークを守ろうとするタートルズたちであるが、闘いの中で、ふと自分たちの存在に疑問を抱いたりする。

 そのため彼らの絆にひびが入りそうになったりするが、そのあたりの描き方は軽い感じであったな。

 ご多分に漏れず、ニューヨークを、世界を破壊しようとするシュレッダーを何とか阻止し、捕らえようとするタートルズたちであるが、まさかシュレッダーがそんな感じでお役御免になるとはな。

 それでも、ニューヨークを破壊しようとする新たな敵が登場する。

 ニューヨークに現れる敵、そして破壊しようとする光景は、幾つかの作品で、何度となく見たような光景だったな。

 タートルズに対する人間たちの感情やタートルズ自身の苦悩など、ちょっとシリアスかなという展開もあったのだが、結構描き方は軽めで、全体的には軽快なノリで進んでいき、気楽に楽しめるエンターテインメントであった。

 新たな敵も、原作では人気キャラだというビーバップとロックステディも基本的には怖いというより、ちょっと笑えるキャラであったな。

/5

監督:デイヴ・グリーン
出演:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ローラ・リニー、スティーヴン・アメル、タイラー・ペリー、ブライアン・ティー
    ブリタニー・イシバシ、ピート・プロゼック、アラン・リッチソン、ノエル・フィッシャー、ジェレミー・ハワード
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>
ミュータントのカメ=タートルズ4兄弟(レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロ)の宿敵シュレッダーは脱獄を果たし、再びNYを恐怖に陥れようとしていた。 タートルズたちはTVレポーターのエイプリル、そして新たな仲間らとともに悪事を阻止しようとするが…。 アクション・コメディ第2弾。 ≪世界最強軍団、影から参上! 世界最狂の敵をぶっ飛ばせ!!≫ ...続きを見る
象のロケット
2016/09/15 18:28
ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>
テンポが良くてイイ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/11/21 01:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-197「ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる