CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-182「傷物語U 熱血篇」(日本)

<<   作成日時 : 2016/08/24 01:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

人間であることを諦めろ
 四肢を失い、瀕死の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードを助けた阿良々木暦は、その代償として自らも吸血鬼となってしまう。
 暦はキスショットに人間に戻してもらうため、忍野メメや羽川翼の力を借りながら、彼女の奪われた四肢を取り戻す過酷な戦いに身を投じていくのだったが。(「allcinema」より)


 西尾維新の人気シリーズ小説を原作として、劇場用アニメとして製作された作品。

 全3部作で、「傷物語T 鉄血篇」に続く2作目となる本作。

 前作で、瀕死のヴァンパイア、キスショットを助けたことにより、自らもヴァンパイアになってしまった阿良々木暦。

 ヴァンパイア・ハンターが奪ったキスショットの四肢を奪い返せば、人間に戻してもらえるということで、暦は3人のヴァンパイア・ハンターと闘うこととなる。


 本作は、暦とヴァンパイア・ハンターたちとの闘いを描いているが、それと並行して、暦と前作に少し登場した同級生の羽川翼との交流が描かれる。

 どちらかと言えば、暦と翼の交流を描いたシーンの方が多かったな。

 前作でもセクシー・シーンがあったが、本作ではそれが更にエスカレート。
 こんな言動する女の子いるのか。

 暦と翼のやり取りでは、途中何度か笑ってしまうようなところもあったな。
 男の願望を具現化したような女の子とその言動だったな。

 彼女と話をしていくうちに、強さを見せていく暦。
 そして、強敵であるヴァンパイア・ハンターたちと闘う意志を見せる暦。

 暦の多少の成長も見せているのかな。


 ヴァンパイア、キスショットの眷族となった暦の闘いを描いているが、メインは暦と翼の、要は恋愛ドラマ。

 もっとおどろおどろしいヴァンパイア・アクションを見せてくれるかと思ったが、思っていた方とはちょっと違う要素が多かった作品だったな。

 本作では、あまりキスショットの出番はなかったが、最終作となる3作目で、暦と翼、そしてキスショットの運命の行方が判るのかな。

/5

監督:尾石達也
声の出演:神谷浩史、坂本真綾、堀江由衣、櫻井孝宏、入野自由、江原正士、大塚芳忠
於:シネ・リーブル池袋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
傷物語〈U 熱血篇〉
あいかわらず上映時間が短い。もうちょっとあってもいいんじゃないかな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/08/28 22:22
『傷物語 U 熱血篇』をトーホーシネマズ日本橋3で観て、おもろくなってきたふじき★★★
▲アララギくん ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/09/07 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-182「傷物語U 熱血篇」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる