CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-181「ブラック・スキャンダル」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2016/08/23 00:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

忠誠心で生きてきた
 1975年、サウスボストン。アイリッシュ系ギャングのボス、ジェームズ・バルジャーは、イタリア系マフィアと激しい抗争を繰り広げていた。
 一方、弟のビリーは、州の有力政治家として活躍していた。そこに、バルジャーの幼なじみジョン・コノリーがFBI捜査官となって戻ってきた。折しもFBIはイタリア系マフィアの掃討を目標に掲げており、功名心にはやるコノリーは、バルジャーにある提案を持ちかける。
 それは、バルジャーがFBIの情報屋となり敵の情報を流す代わりに、FBIは彼の犯罪を見逃す、という驚愕の密約だったのだが。(「allcinema」より)


 1970年代のボストンを舞台に、実在したアイリッシュ系ギャングのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーと幼なじみである、FBI捜査官のジョン・コノリーが交わした密約と、それを盾に徐々に狂気に走っていくバルジャーの姿を描いた実録犯罪ドラマ。

 ジェームズの弟のビリーは、州の有力政治家。
 謳い文句ではビリーも含めて3人が手を組んで、驚くべき犯罪を犯していくようなことを言っていたが、ビリーはあまり関わっていた感じには見えなかったかな。


 イタリア系マフィアを掃討のため、コノリーはジェームズに情報屋になることを持ちかけ、情報をもたらす代わりに、ジェームズの犯罪を見逃すという密約をする。

 ジェームズはその密約を利用して、どんどんイタリア系マフィアの排除と驚くべき犯罪を重ねていく。

 何となく、コノリーは利用されたような感じに映るが、それなりに成果を挙げることはできたみたいである。


 やっぱり目に付くのは、ジェームズ・バルジャーを演じたジョニー・デップ。
 本人に似せたメイクで禿げ上がった姿を見せている。

 そのジェームズが狂気に至る様子は見応えあったな。


 ジェームズとコノリーが交わした密約の行方が判りづらかったのと、ビリーの関わりがハッキリしていなかったところで、ちょっと物語の展開に緊張感というか、盛り上がりが欠けたかなという印象があった。

 密約を交わしたジェームズとコノリーの運命がどのようになっていくのかは興味深かった。


 時々驚かされるのは、幾つかの作品で描かれている、マフィアの家族で警官になったりしているということであるが、ビリーも兄がマフィアでありながら、政治家として活躍できたんだな。

/5

監督:スコット・クーパー
出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ケビン・ベーコン、ジェシー・プレモンス
    ピーター・サースガード、ダコタ・ジョンソン、コリー・ストール、ロリー・コクレイン、デヴィッド・ハーバー
於:新宿ピカデリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ブラック・スキャンダル」
地縁・血縁とはかように濃いものなのか。アメリカで1975年〜1990年代にかけて実際にあった物語。南ボストンの「サウシー」で生まれ育った3人が…一組の兄弟とその弟の友人とが…、兄は裏社会のボス、弟は議員、弟の友人はFBI局員へと成長し、綾なす関係性の中で生きて行く。こういう作品を観る時に、滅法地理が好きな私は、舞台となる土地の地理的な性質に俄然興味が湧く。常に頭の中にその地の地理的な要素を想起しながら鑑賞するのだ。ボストン…アメリカ合衆国の東に位置する港湾都市。北緯42度西経71度。亜寒帯湿潤気... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/08/23 12:39
ブラック・スキャンダル
1975年、アメリカ東海岸のサウスボストン(通称サウシー)。 アイルランド系移民のギャング、ジェームズ・バルジャーは、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げていた。 マフィア浄化に取り組むFBI組織内でのし上がるため、捜査官ジョン・コノリーは、バルジャーに情報協定をもちかける。 実はコノリーとバルジャー、そしてバルジャーの弟で上院議員のビリーは幼馴染だった…。 実話サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2016/08/25 12:38
ブラック・スキャンダル
見応えはあったけど何となく思ってたのと違ってた。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2016/08/28 22:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-181「ブラック・スキャンダル」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる