CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 16-140「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」(日本)

<<   作成日時 : 2016/07/05 01:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

意味の無い死と意味のある死、どっちを選ぶ?
 高校生を拉致・監禁して殺し合いをさせ、生き残った者には1億円が与えられる“人狼ゲーム”。意識を取り戻すや、そんな恐怖の殺戮ゲームに強制参加させられた高校生たちに謎の運営から非情な説明が。
 いわく、村人の中には3人の人狼が紛れている。住人は1日1回、誰が人狼か多数決をとり、最も多かった1人を処刑する。いっぽう人狼は、毎晩村人から1人を選んで殺害する。
 こうして、訳も分からぬまま、殺し合いを迫られる高校生たちだったが。(「allcinema」より)


 桜庭ななみ主演の「人狼ゲーム」、土屋太鳳の「人狼ゲーム ビーストサイド」、高月彩良の「人狼ゲーム クレイジーフォックス」に続くシリーズ第4弾。
 
 今回の主演は、小島梨里杏。
 「先輩と彼女」に出演していたようだが、正直あまり憶えていなかったな。


 話はいつもどおりに、拉致された男女高校生が、知らぬ建物内で人狼ゲームを繰り広げるというもの。

 前作で狐≠ニいう役割が新たに加わっていたが、本作では狐≠ニいう役割は出てこない。
 
 共有者≠竍狂人≠ニいうのが新たに追加された役割である。


 それぞれが自分の役割を偽ったりして、何とか生き残ろうとする展開は同じであるが、サブタイトルにあるように、本作はこの逃げ場のないゲームから脱出しようと試みる展開になる。

 また、小島梨里杏演じる乾朱莉が、幼なじみの相馬葵と再会するのだが、かつていじめられっ子であった葵に対する朱莉の対応、気持ちが少なからず最後の決断に関わってくるようである。


 脱出できそうな展開になったところで、どのような展開になるかなと気になったが、そこはアッサリとした展開だったな。

 夜中の人狼による村人の殺し方が今回は結構激しいものだったが、他はこれまでどおりという感じ。

 狂人≠ニいう役割が最後に効いてくるところは面白かったが、脱出が出来そうになってしまうのは、ちょっと犯人側の落ち度かなという気もしたな。


 話し合って一人人狼を選ぶ、要は殺す人間を決めるところは、緊迫感はあって面白かったかな。

/5 

監督:綾部真弥
出演:小島梨里杏、渡辺佑太朗、清水尚弥、岡本夏美、花影香音
    篠田諒、金子大地、小山莉奈、濱正悟、池田和樹、梅村紗瑛、山谷花純
於:シネマート新宿
人狼ゲーム プリズン・ブレイク [DVD]
TCエンタテインメント
2016-09-28


Amazonアソシエイト by 人狼ゲーム プリズン・ブレイク [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『シンデレラゲーム』『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』をまとめてレビュー
『シンデレラゲーム』のレビューついでに未レビューだった『人狼ゲーム プリズン・ブレイク』を道連れレビュー。 ...続きを見る
ふじき78の死屍累々映画日記
2016/10/26 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16-140「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる